2015年04月11日

1269.フクシマの放射能汚染と健康被害+質疑応答(60分)

.2015.3.29(日)に行われました橋爪文さんとの講演会の後半部分
・私の講演(30分)+質疑応答(30分)の構成
・20キロ地点の仮想評価(炉心1/4損傷)で、累積被曝250mSvの評価、中央操作室撤退基準の議論などを紹介(東電テレビ会議公開分)

続きを読む
タグ:講演
posted by いんちょう at 10:07| Comment(9) | 原子力

2015年04月01日

1268.橋爪文さんの講話(90分)

・3/29(日)に橋爪文さんとの講演会を行った。
・橋爪文さんの原爆経験のお話は素晴らしかった。後半ABCCの二重カルテ疑惑について言及。
・行っていないのに受診歴があり、白血球の数値もねつ造されていた。ことを指摘され、ABCCの役割、成果に疑問符を投げかけた。

続きを読む
タグ:橋爪文 ABCC
posted by いんちょう at 11:24| Comment(21) | 原子力

2015年03月29日

1267.橋爪文さんの講話と対談(お知らせ)

 私も、20〜30分ほどプレゼンします。

3月29日(日) 《橋爪文さんお話会》
〜被曝と、わたしたちの未来〜

今年は、広島・長崎原爆投下、終戦から70年になります。
広島で被爆し、核のない平和な世界を願って海外を一人旅をしながら原爆体験を伝えてこられた「少女十四歳の原爆体験記」著者・詩人の橋爪文さんを迎えてお話を伺い、福島原発事故後の日本をどう生きるか わたしたちの未来を考えたいと思います。

ゲストに現役の医師でブログ「院長の独り言」で情報発信をされている小野俊一先生(元東電原発技術者)をお迎えし文さんと対談していただきます。
「院長の独り言」http://onodekita.sblo.jp/article/64113153.html

場所《サロンカリヤーナ》博多駅から徒歩10分
福岡市博多区住吉3丁目 9ー1 
カワイアーバンビル402
 https://www.facebook.com/salonkalyana?pnref=lhc
      
時間 10時〜12時 (10時からです。訂正します)
(15分前にお越しください)
参加費:1000円
定員:10名〜20名

予約先 080-5074-4007(田辺)
   メール peace.move.move☆gmail.com (☆⇒@に)
人数と連絡先携帯番号・メールアドレスをお知らせください。

◇橋爪 文(詩人)
広島に生まれ14歳で原爆被爆。日本ペンクラブ、日本詩人クラブ、詩と音楽の会他に所属
被曝による数々の病気を抱えながら詩作、還暦を過ぎての英語留学、七十歳からヨーロッパひとり歩き原爆体験を伝え核廃絶だけでなく原発の危険性にも言及、海外からの取材や講演依頼も多い
詩集「昆虫になった少年」「乗り捨てられたブランコのように」 詩と随筆「不思議な国トルコ」詩の歌曲、合唱曲も多数
著書:「少女・十四歳の原爆体験記」(高文研、初版2001年。2011年に改訂版出版)
      「フーモギの百五日」(かまくら春秋社 2008年出版)
      昨年7月に「ヒロシマからの出発」を広島のトモコーポレーションから出版

◇小野俊一(医師)
1988年東京電力入社、福島第二原発に5年、本店原子力技術課安全グループに2年勤務
退職後、1996年熊本大学医学部に再入学
現在、熊本市にて医院を開業
ブログ(院長の独り言)・ツィッター・DVD(フクシマの真実と内部被曝にて情報発信中
著書:「フクシマの真実と内部被曝」
BLOG:http://onodekita.sblo.jp/
twitter:@onodekita


橋爪文さんは、東京在住ですが、このたびピースボートのショートクルーズに水先案内人として乗船し、博多港へ寄られます。
九州に来られることはまずないと思っていた文さんの来福、ぜひお話を聴いていただきたいと思い企画しました。
小野先生との対談というこの貴重な機会、ぜひお越しください。
少人数でお話を伺いたいと思いますので、ご予約をお願いいたします。


「原爆体験を世界に」橋爪文〜NHKラジオ深夜便から(1)2013年03月27日
「原爆体験を世界に」橋爪文〜NHKラジオ深夜便から(2)2013年03月28日
世界中のみなさん、反原発に向けて立ち上がりましょう 橋爪 文(原爆被ばく者)2011年08月23日
タグ:講演 橋爪文
posted by いんちょう at 11:11| Comment(10) | 原子力

2015年03月25日

1265.院内調剤のバーコードチェック

2015032504.jpg・病院・医院にかかって薬をもらうときに、診察してもらった施設で薬がもらえるのを「院内調剤」、他の施設で薬をもらうのを「院外調剤」とよぶ
・一見、「院内調剤」の方が医療機関としてももうけが出そうだが、実際はその逆で医療機関にとっては院内調剤をするメリットは一切ない。
・同じ診察、かつ同じ薬をもらっても支払金額は安く、なおかつ余計な質問もされない。当院では、調剤ミスをなくすために、バーコードチェックを行っている(宣伝)


続きを読む
posted by いんちょう at 21:57| Comment(11) | 日記

2015年03月24日

1264.事実を書いたマンガ「美味しんぼ」に「エビデンス」を要求した放射線影響協会

・福島の真実を描いた「美味しんぼ」に放射線影響協会が、エビデンスが書かれていないと抗議文を寄せていた
・しかし、フクシマの線量を測ったとされるデータは、「ハードディスクの故障」などという信じられない理由で隠蔽するのが福島県である
・原爆放射線の影響を隠蔽する目的としか考えられない米国の作ったABCCがこの協会の前身で、現在でも「合法的」に死亡診断省まで調べ上げる放射線影響評価を続けている

続きを読む
posted by いんちょう at 20:37| Comment(7) | 原子力

2015年03月22日

1263.廃炉、地下鉄サリンほか(2015.3.20ツイキャス)

 3月20日22時頃からツイキャスを行いました。

内容は、ブログの説明と20年前の地下鉄サリン事件ほかです。

1261.茶番劇の廃炉決定

続きを読む
タグ:ツイキャス
posted by いんちょう at 19:15| Comment(4) | 原子力

2015年03月21日

1262.1号機、2号機ともに燃料溶融、炉内から流出

2015032101.jpg・フクシマ1号機、2号機ともに炉心内の燃料は溶融(メルトダウン)し、さらに炉内にも燃料が残存していないこと(メルトスルー)していることを東電が正式発表。
・沸騰水型原発は、その構造上底に穴が空いているのだから、メルトダウンすれば炉内に燃料がとどまっているはずがない。
・燃料がどこにあるのかさえわからないのに、40年後の廃炉と政府、東電ともに発表している。無責任きわまりない。


続きを読む
posted by いんちょう at 12:09| Comment(10) | 原子力

2015年03月18日

1261.茶番劇の廃炉決定

2015031802.jpg・関電、原電、九電、中国電が、旧式の原発の廃炉を申請した。
・いずれの会社も3月上旬に記事が出ていたのに、否定するという情けない態度を取っている。
・極端に安価な費用で廃炉ができると発表しているが、この廃炉費用は1円/kwhとなるように見積もっただけで有り、実際の廃炉費用はこの10倍以上になることはまず確実である。

続きを読む
posted by いんちょう at 22:11| Comment(12) | 原子力

2015年03月12日

1260.熊本市講演(フクシマの汚染と健康被害)−無料公開

2015031201.jpg2015031202.jpg
・2015年3月14日(土) 14:40頃〜(40分程度) 於 熊本市国際交流会館2階
 題 フクシマの放射能汚染と健康被害 熊本県ユニセフ協会主催

20名ほどの方に参加していただきました。ありがとうございました。

録画を見る
タグ:講演会
posted by いんちょう at 23:23| Comment(10) | 原子力

2015年03月05日

1258.スリーマイル原発事故−フクシマ2046とあわせて

2015030501.jpgスリーマイル島原発事故は、1979年に米国の加圧水型原発で起きた世界で初めてとされる加圧水型原発の炉心溶融事故である
・この原発事故は、原発先進国−米国で起きたシビアアクシデント(重大事故)であるが、日本政府と同じく全く無能だった(まともな対応ができず、避難もさせなかった)ことも理解できるし、またく真実の報道がなされなかったことも日本と全く同じである。
・烏賀陽 弘道氏が、このスリーマイル島の事故を調査した「フクシマ2046」を出版したが、やや気になる点もあったので、こちらで紹介したい


続きを読む
posted by いんちょう at 22:23| Comment(6) | 原子力

2015年03月04日

1257.風向きの変わってきた原発報道−ごく一部の被害のみを認め、その他の被害を否定

・原発事故当初は、原発が爆発したことによる被害は一切起きないとしていたが、最近は少し風向きが変わり、ごくごく一部の被害のみを認めるように報道されるようになってきた。
・この手法は、原発避難者を一見認めるようでありながら、その実はバカにして避難している論説と全く同じ論旨組み立て方であるとともに、IAEAがチェルノブイリで見せた手法とも合致している。
・そもそも危険な放射能を閉じ込めていた原発が爆発したのだから、健康被害が起きないはずはない。原点に立ち返ることも必要だろう

続きを読む
posted by いんちょう at 22:12| Comment(7) | 原子力

2015年03月02日

1256.ベルギーの原子炉圧力容器にひび割れ

・ベルギーにある加圧水型原発の原子炉にひび割れが発見された。当局は、もともとあった、進行していないとして、問題ないことを強調している
・以前、沸騰水型原発で同じように原子炉構造物であるシュラウドに海外でひびが発見されたが、日本では同種の問題は生じないと強弁していたが、やはりおなじ問題が生じて対策をせざるを得なかった。
・これは中性子の強い加圧水型原発共通の問題である。早急に検査すべきであるし、また米国の原子力空母に搭載された原子炉も気になるところである。

続きを読む
posted by いんちょう at 21:59| Comment(14) | 原子力

2015年02月28日

1255.雑談ツイキャス(ブログ解説、冠れん縮性心筋梗塞、従軍慰安婦ほか)

 2月27日(金)に雑談のツイキャスを行いました。話題は、
1252.IAEAも認めた処理できないフクシマ汚染水
1253.ヒロシマでも魚は死んでいた−魚の大量死は被爆の影響ではないか。
1252.IAEAも認めた処理できないフクシマ汚染水
 あとは,冠れん縮性心筋梗塞、ビルマ戦線、従軍慰安婦ほかにふれています(約90分)


続きを読む
posted by いんちょう at 21:21| Comment(5) | 原子力

2015年02月27日

1254.一般社団法人「原子力の安全と利用を促進する会」−そのトンデモ主張

・一般社団法人「原子力の安全と利用を促進する会」なる御用財団法人が、平成25年10月に設立されている。
・そのホームページ上の「私のメッセージ」は支離滅裂なものばかりだが、とくに(ジャーナリスト)である木元教子氏は、手塚治虫氏が原発賛成だったという明らかなデマを書いている。
・その他にもあまりにも無責任な言論が多いので、紹介する

続きを読む
posted by いんちょう at 20:42| Comment(8) | 原子力