2017年11月29日

1443.大口病院事件を15年以上前に予見していた−小説「安楽病棟」

 1年以上前に起きた「大口病院殺人事件」をご存じでしょうか。35床足らずの亜急性期病棟でありながら、2ヶ月半で48人もの入院患者が点滴のあとに死亡した事件です。毎日一人、院長は「特に土日に多かった」とまで、発言しています。

 その病院が、事件の解決をみないまま再開されるようです。
大口病院、入院患者受け入れ再開へ 名称変更も検討 (カナロコ by 神奈川新聞)
昨年9月に入院患者2人の連続不審死が発覚した大口病院(横浜市神奈川区大口通)が、昨年末から停止していた入院患者の受け入れを年内にも再開する方針であることが11日、病院関係者への取材で分かった。今月中に病院名を変更することも検討している。一方、連続殺人事件として県警の捜査が続いている中での再開について、行政側は慎重な姿勢を示している。ことし1月に就任した鈴木峻院長によると、入院病棟を全面改装する予定で、受け入れ規模は10〜20床。鈴木院長は「周辺に入院患者を受け入れられる病院が少なく、地域医療としての役割を果たすため」と説明し、「地域医療の信頼を積み重ねていきたい」と話した。

続きを読む
タグ:医療
posted by いんちょう at 20:51| Comment(6) | 原子力

2017年11月13日

1442.電話線(2芯)でLAN構築

 当院には少し離れた(直線で80m程度)ところにガレージと、車庫があります。医院と車庫の間には、30年近く前にひかれた2芯の導線でインターホン(現在不使用)が設置されていました。
2017111304.jpg 2017111301.jpg

世の中が物騒になってきたので、

・録画機能のついた監視カメラを設置したい。
・ネットからその状況を確認したい
・できるだけ安価に
・新たに工事はしたくない

という条件で、思案していました。
続きを読む
posted by いんちょう at 21:04| Comment(4) | DIY

2017年10月18日

1441.日医「環境による健康リスク」内の放射能汚染記述

 2017101801.jpg 2017101802.jpg
 今月発行された日医「生涯教育シリーズ」に放射能汚染の記述が見られました。かなり珍しいことと思われますので、こちらで紹介させていただきます。
まず、項目が「放射能汚染」であることに、衝撃を覚えました。フクシマの救世主としてもてはやされている某医師は、(誰かの指導なのでしょうが)「放射線」としか発言しません。放射能汚染と正面切って書いていること、そして内部被曝について書かれていることに注目する必要があります。

続きを読む
タグ:放射能
posted by いんちょう at 22:17| Comment(11) | 原子力

2017年10月10日

1440.トモダチ作戦で被曝した米兵たち

 小泉首相が取り上げていたトモダチ作戦に参加していた米兵の被曝後の健康状態に迫ったドキュメントが、NNNで放送されました。



続きを読む
posted by いんちょう at 20:45| Comment(7) | 原子力

2017年10月09日

1439.希望の党の「原発ゼロ」は「やる気ゼロ」

2017100902.jpg 「原発ゼロ」で小泉首相と会談を行った希望の党の小池百合子氏。当初の報道は、次の通りでした。


小池氏 新党代表に 「原発ゼロ」「改憲」掲げる 2017年9月26日 東京新聞朝刊
 小池百合子東京都知事は会見で、自身に近い若狭勝衆院議員らが新党結成を目指して協議してきたことに触れ「これをリセットして、私が立ち上げる。直接絡んでいきたい」と明言。党名は小池氏の政治塾「希望の塾」からの引用だと説明し、新党の顔として衆院選に全面関与していく姿勢を鮮明にした。次の衆院選に出馬しない考えも示した。

 小池氏は新党の理念も発表し(1)希望の政治(2)希望を守る環境・エネルギー(3)憲法改正−など提示。具体策に「原発ゼロ」を明記し「ゼロを目指す工程を作成しなければならない」と強調した。会見後、原発ゼロを訴える小泉純一郎元首相と会い、激励されたことも記者団に明らかにした。
 原発ゼロで有名で、かつ自分の師匠とも言って良い小泉と会った上で、「原発ゼロ」を高らかに宣言したのですから、私自身もこれで選挙の構図が変わってきたと大変うれしく思いました。

 ところが、ここから二転三転します。

続きを読む
タグ:希望の党
posted by いんちょう at 20:47| Comment(6) | 原子力

2017年09月19日

1438.白くなったままの彼岸花

2011年以降、彼岸花が白くなっています。今まで赤かった彼岸花が、一斉に白くなったので、当時はかなりおどろきました。今年も定点観測をしましたところ、やはり白いままでした。

2017.9.19
2017091902.jpg2017091903.jpg

続きを読む
posted by いんちょう at 20:37| Comment(13) | 原子力

2017年09月07日

1437.北朝鮮ミサイルへの対応は、1950年代の米国に学べ

北朝鮮がミサイルを発射し、日本が狙われるので訓練が全国化父で行われています。

たとえば、宮城県のホームページ
2017090701.JPG
物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る

この程度のことで、水爆級とも言われる核弾頭の被弾を防げるのでしょうか。

続きを読む
posted by いんちょう at 19:38| Comment(5) | 戦争

2017年08月31日

1436.安倍政権のJ-Alert「訓練」

 8月29日の早朝に北朝鮮からミサイルが発射されました。警戒地域では、携帯電話が鳴り、NHKは緊急放送を行い、まるで開戦前夜のような状況を呈しています。その際の報道で違和感を感じたのは、安倍首相の次の記者会見でした。


 6時前に発射されたミサイルに対して、6時30分前には背広を着て、首相官邸で記者会見をしているのです。なぜ、違和感を覚えるかと言えば、第二次安倍政権になってから安倍首相は官邸には寝泊まりしていません。住所を調べると、渋谷区富ヶ谷一丁目のようです。

続きを読む
タグ:安倍政権
posted by いんちょう at 21:07| Comment(4) | 戦争

2017年08月20日

1435.2017.8.18ツイキャス

 ブログの更新はお休みしておりますが、毎週金曜日のツイキャスは継続しています。こちらでも紹介させていただきます。
2017.8.18ツイキャス


posted by いんちょう at 20:24| Comment(0) | 原子力

2017年05月23日

1434.2号機の格納容器下部は線量が高すぎて、ロボットさえ使用できない。

2号機の格納容器をちんけなロボットで捜索して、廃炉に道筋をつけるという当初のもくろみが脆くも崩れ去って、3ヶ月。ついに国は、ロボットでの探索をあきらめてしまった。
ロボット動かず断念 メルトダウンの格納容器内(2017/05/23 07:02)
 東京電力は福島第一原発2号機の原子炉内部について、ロボットによる調査を断念し、先端にカメラの付いたパイプで行うことを明らかにしました。
 東電は、2月に核燃料がメルトダウンした2号機の格納容器内部の様子を調べるためにロボットを投入しましたが、1時間ほどで前に進めなくなり、目的を達成できずに調査を終えました。その後、再調査を検討していましたが、原子力規制委員会との会合で、ロボットを使った調査を断念し、今年度中にも「ガイドパイプ」と呼ばれる先端にカメラの付いたパイプを内部に入れて状況を調べることを明らかにしました。ガイドパイプはロボットを投入する前の事前調査で使っていましたが、今後はより長くしたものを使うということです。

 2号機の格納容器内部は530Sv/hrであり、人間どころか、ロボットさえもまともに動作させら無いことを原子力規制委員会とともに認めざるを得なかったと言うことである。棒の先にカメラをつけてそれを遠くから操作して、いったい何がわかるというのだろうか。そのカメラさえも、おそらく数時間で使い物にならなくなるのは容易に想像がつく。結局何もできないというのが実際のところで、現場の人間はみんなわかっていることであろう。司令部が調べろと言うから、調べているだけで、失敗して「やっぱりね」というのが、原子力村が昔から得意とする手法なのである。

 そういえば、2号機格納容器の530Svは火力発電所の火の上と同じと述べた社会科学者がいたが、今回もまた、火力発電所の火の上ではロボットも燃えてしまうから同じだと発言しそうだ。火力の火は簡単に止められるが、原子力の火は人間には止められないことも知らないとは正直驚きである。まあ、物理を何一つ知らない物理学者達が、放射能は安全、この程度の爆発でプルトニウムなどの重い元素が外に飛び出るはずがない などと発言しているところを見ると、これが日本の科学界、言論界の実力なのであろう。いやはや。

■関連ブログ
1425.2号機格納容器の530Svは火力発電所の火の上と同じ−開沼博2017年03月09日
1422.2号機格納容器下部で検出された毎時530Svの放射能とは2017年02月06日

  
タグ:1F-2
posted by いんちょう at 20:59| Comment(9) | 原子力

2017年05月22日

1433.東京に住む若い女性も「座る」「立つ」「歩く」などができなくなってきている

 大都会東京は、大部分の人にとっては徒歩の街である。駅まで徒歩数分は珍しく、5〜10分は当たり前。駅についても、10両編成以上の列車が止まる長い長いホームを歩き、乗り換えでもエスカレーターを駆使しながら5分程度歩き、職場の最寄り駅についても5分以上は普通歩く。遊びに行くにも買い物に行くにもひたすら歩き、並んで、生活しなければなりません。
 熊本くらい田舎になってしまうと、交通網があまり発達していないので、どうしても車がなければ生活できない。勢い家を出てから車庫の車まで数百歩、スーパーの駐車場に止めてから買い物すべてを済ませて1000歩足らず。1日2000歩も歩かない女性もたくさんみかける。
 都会に住む人たち(重役を除く)は運動不足になるはずがないが実情。ところが・・・

続きを読む
posted by いんちょう at 19:46| Comment(10) | 原子力

2017年05月08日

1432.フリースタイルリブレ 中間報告(2)

前回の続きです。

5月1日
朝 写真なし(玄米+味噌汁+副菜)


2017050801.jpg


2017050802.JPG

2017050604.JPG
 昼はいつもとそれほど変わらないのに、250mg/dl近くまで上昇。前日の暴食が影響しているのではないかと思われる。

続きを読む
posted by いんちょう at 20:46| Comment(6) | 糖尿病

2017年05月06日

1431.フリースタイルリブレ 中間報告(1)

1429.血糖連続測定装置−フリースタイルリブレの紹介で紹介しました血糖測定状況について、中間レポートします。

 フリースタイルリブレ

・Abottが販売している非接触式の血糖連続測定装置
・本体、センサーともに7000円強(保険対象外)でセンサー部は2週間連続着用できる

です。服の上から(オーバーなどを着ていても)も簡単に測定できますので大変便利ですが、2週間連続着用し続けていると皮膚がかゆくなったり、かぶれたりする人もいるかもしれません。現在7日目が経過していますが、時々皮膚がかゆくなることがあります。お風呂に入ったり、着衣の時も日常生活に支障は全くありません。しかしながら、皮膚に装着しているわけで、お風呂でごしごしこすったり、少し袖口の狭い服を着たり脱いだりするときに(装着していること自体を忘れてしまっていて)危うく取れそうになったりしたことが、何度かあります。


続きを読む
posted by いんちょう at 21:50| Comment(2) | 糖尿病

2017年05月02日

1430.高汚染地帯−浪江−で森林火災。チェルノブイリの時は、あの産経も危険を指摘

2017050202.JPG 福島県浪江の帰還困難区域(300万Bq/m2以上)で、火災が発生。
避難区域の火災収まらず 福島、山林20ヘクタール焼く
2017.5.1 18:41 産経ニュース
 東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域になっている福島県浪江町の国有林で発生した火災で、県や陸上自衛隊は1日、消火活動を再開したものの鎮火できず、約20ヘクタールが燃えた。けが人はいない。
・・
 帰還困難区域は比較的放射線量が高い区域。現場周辺の放射線量に大きな変化はない。

 放射能汚染されている地域で火災が起きても、日本のマスコミ各社はなんの問題ないと配信している。

続きを読む
posted by いんちょう at 20:24| Comment(8) | 原子力

2017年05月01日

1429.血糖連続測定装置−フリースタイルリブレの紹介

2017050109.jpg 糖尿病の治療で一番大事なのが血糖コントロールです。
血糖の状況を把握するために、

・採血したときの血糖
・直近1〜2ヶ月の平均の血糖値を示すと言われるHbA1c(ヘモグロビン エイワンシー)

で、臨床医は患者さんの糖尿病コントロールを把握しています。糖尿病が進行して、インスリン自己注射が必要になった場合には、食前、食後に指を穿刺して、血糖を測定します(自己血糖測定)。そうやって長年、治療方針を決めていました。

 一方、インスリンが自己分泌できない1型糖尿病の方に

・血糖連続測定+インスリン持続注入

療法が開発され、主に大病院でその有効性が確かめられていました。その血糖連続措定装置が、一般の人にも十分手が届く価格で販売されるようになりました。(保険診療ではありません)試しに購入してみましたので、レポートします。続きを読む
posted by いんちょう at 21:55| Comment(2) | 糖尿病