2011年08月22日

2011/3/13 高濃度汚染地区の迫真動画・・早過ぎたレポート


2011.3.18のレポートです。どれくらいの方がご存じだったでしょうか。


2011.3.21の宮崎日々新聞には、この記事が載りました。
2011032102.jpg

こちらのサイトでは全文も読めます。
現地ルポ・振り切れた測定器の針
ジャーナリスト豊田直巳氏
 東日本大震災が福島第1原発を襲ったのは、私が事故発生から25年目のチェルノブイリ原発取材を終えて帰国した直後だった。チェルノブイリでの取材体験から日本がのっぴきならない事態に陥る可能性を直感、「まさか日本で原発事故取材に出掛けるとは」と思いつつ、3月12日に福島県郡山市に入った。

 翌13日、日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)の仲間や写真誌「DAYS JAPAN」編集長の広河隆一さんと合流した。

 福島第1原発のある双葉町は、13日時点で既に避難指示が出ていた「原発から20キロ圏内」にあったが、入域制限しているチェックポイントまでは行ってみようと国道288号線を東に向かった。すると、予想に反して双葉町まで行き着いてしまった。検問も避難指示の案内板もなかったのだ。

 国道をまたぐJRの鉄橋が崩れ落ち、地震のすさまじさを見せつけていたが、人影はない。

 毎時(以下同)20マイクロシーベルトまで測定可能な放射線測定器を取り出すと、アラーム音を発しながらみるみる数字は上がり限界値の19・99を表示した。放射能測定が初めての仲間が「この数字はどのくらいのレベルなんですか」と防護マスクでくぐもった声で聞いた。「おおよそだけど、普段の東京の数百倍かな」と答える。既にかなりの高濃度汚染地に入り込んでいた。

 車を町の中心部に向けて進めた。人けのない家が並ぶが、地震の被害はそれほど見られなかった。そこで、もう一台の100マイクロシーベルトまで表示する測定器を取り出すと、これも針が振り切れた。

 この事実を行政当局に知らせようと、双葉町役場に直行したが、役場玄関の扉は閉ざされたまま。緊急連絡先などの張り紙もなかった。静まりかえった町に、ときどき小鳥のさえずりが聞こえる。

 入院患者に被ばく者が出たと報じられた双葉厚生病院に向かったが、ここも無人。玄関には患者を運び出したとみられるストレッチャーが何台も放置され、脱出時の慌ただしさがうかがえた。地震で倒れた医療機器や診療器具が散乱。消毒薬の臭いが漂う。

 原発から約3キロの同病院前でも測定器の針は100マイクロシーベルトで振り切り、上限に張り付いたまま。そこで1000マイクロシーベルト(1ミリシーベルト)まで測定できるガイガーカウンターを取り出したが、これもガリガリガリと検知音を発し、瞬時に針が振り切れた。「信じられない。怖い」。私は思わず声に出していた。

 放射性物質の違いなどにより同列に論じられないにしても、これまで取材した劣化ウラン弾で破壊されたイラクの戦車からも、今も人が住めないチェルノブイリ原発周辺でも計測したことのない数値だった。

 放射能汚染地帯の取材経験が一行の中で最も多い広河さんも信じられない様子。「これから子どもをつくろうと思っている人は、車から降りない方がいいかもしれない」と真顔で言った。

 放射能は風向きや地形によっても異なる。もう少し調べようと海岸に向かったが、病院から数百メートル行った所で津波に運ばれたがれきと地震で陥没した道路に行く手を阻まれた。放射能汚染に気を取られ、しばし忘れていたが、紛れもなくここは巨大地震と大津波の被災地でもあった。その被災地を五感では感知できない放射能が襲っている。

 慌ただしく町中の取材を終え、汚染地帯を脱しようと急いで帰る途中、町方向に向かう軽トラックに出合う。車を止めて汚染状況を説明すると「避難所にいるんですが、牛を飼っているので餌やりに行かないと。だめですか」。私に許可を求めるような困った表情で年配の女性が聞いてきた。「長い時間はこの辺にいない方がいいですよ。気を付けてください」。そうお願いするしかなかった。

 町内の道路をまたぐアーチには「原子力 郷土の発展 豊かな未来」との標語が掲げられていた。しかし、現実には未来を奪いかねない放射能の脅威に町はさらされていた。

   ×   ×   

 とよだ・なおみ 56年生まれ。イラク戦争、劣化ウラン弾問題などを取材。著書に「戦争を止めたい―フォトジャーナリストの見る世界」など。(共同通信)

【 2011年03月22日 09時10分 】


 この記事を読んだときに、本当に驚きました。大本営発表が続き、マスコミに壮大な圧力がかかっている(今でもあまり変わらないですが)3月下旬の時期にこのような報道がなされたからです。この線量が、とんでもないと今ならば全員が分かることでしょう。1mSv/hr以上の環境放射線量など、みたことも聞いたこともないからです。 (高レベルといわれても、せいぜい10μSv/hrでしょう)ようやく、本来の報道が始まるのではないかと当時は、かなり期待していました。

 動画の中では、伊達市月舘で50μシーベルト/hrだったと報告されています。本当にこのあたりは、一刻の猶予も許されない避難区域だったのです。

これだけのことが分かっていたのに、伊達市の避難は遅れに遅れ、封鎖地域の設定も1ヶ月以上なされませんでした。大勢の方が内部被曝をしてしまい、もう取り返しがつきません。なぜ、このジャーナリストたちの決死の報告を握りつぶしてしまったのでしょう。
 また、記事をよむこちら側も、マイクロシーベルト、ミリシーベルトなど、全く分かっておらず、「ただちに危険はない」の話が頭にこびりついていた時期でした。いくら正しいことを伝えていても、受け取る側に危機感・放射能の知識がないわけですから、この豊田氏をはじめとするジャーナリストたちは、大いに歯がゆさを感じていたと思います。

 山下氏の100マイクロシーベルト/時 安全宣言は、このレポートが報道されてから3日後です。

この報道を見て、驚いて退避した人と、とどまった人、どちらが正しかったのでしょう。知識がないのは、本当に恐ろしいことだと思います。

 まだまだ危機は続いています。御用達学者の口当たりのいい言葉を盲目的に信用するのではなく、自分の頭で考え、行動するしかありません。

 最後になりますが、この動画は海外に紹介されているのでしょうか?原発直後の現地の状況をレポートした動画は、おそらくこれ以外にはないはずですし、世界中の人が震え上がるはずです。概略の英訳をつけていただき、発信していただけたらと本当に思います。また、それこそが、このジャーナリストたちの決死の報道に、遅くなったとはいえ生かすことになります。

 また、この動画も削除される可能性が高いと思います。是非とも、
http://keepvid.com/
から、各人のパソコンに保存してください。そして、海外のお友達に紹介してください。

■関連ブログ
遅れてしまった立ち入り禁止区域の設定2011.5.21
天は自ら助くる者を助く2011.6.12
タグ:P
posted by いんちょう at 20:35| Comment(12) | 原子力

福島は、みんな納得して原発誘致をしたのか。

福島原発事故での福島県庁の対応は、許せないものがあります。
私がもっとも許されないと思うのは、

・SPEEDiを県民に公開しなかった
・そのために大多数の方をヒバクシャにさせてしまった

ことです。そして、その後の対応など、許せないことばかりです。子ども20mSv/年 問題で、辞任した参与問題について、

<福島第1原発>内閣官房参与辞任で不快感表明…福島県知事
 佐藤知事は出席した国の担当者に、「政府側の正しい専門的な知見の中で、われわれに指示があると思ってやっている。そこを改めて政府側に申し上げていただきたい」と注文をつけた。佐藤憲保県議会議長は「県民が大きな不安の中で生活している状況を政府が認識しているのか疑問だ」と強い口調で抗議した。


と、まるで、下げることが悪いような口ぶりでした。

 山下氏はすでにドイツ誌のインタビューに対して、

100mSvでも大丈夫だから心配いらない、などとは言っていません。ただ、100mSv未満ではがん発症率の上昇が証明できていない、と話しただけです。これは広島、長崎、チェルノブイリの調査から得られた事実です。

低線量被曝の状況下では、残るか去るかは住民自身が判断しなくてはなりません。ほかに決めてくれる人はいません。自分でリスクと利益をはかりにかけて考えるのです。避難すれば仕事を失い、子供は転校を余儀なくされるかもしれません。それがストレスにつながります。反面、その一家は発がんのリスクを回避できるかもしれません。発がんリスクといってもごくわずかではありますが。

「100mSvまでなら100パーセント安全なんですか?」と尋ねられたら、科学者としてこう答えるしかないのです。「わかりません」と。

200万人の福島県民全員です。科学界に記録を打ち立てる大規模な研究になります。政府は原発事故の被害者に対する補償金について先ごろ決定を下しました。そうした補償プロセスを通じて、県外に避難している住民の方々にも連絡を取りたいと考えています。

移住は容易ではありません。ストレスが非常に大きくなります。そうした問題を把握するとともに、その治療にも努める必要があります。さもないと住民の皆さんは自分が単なるモルモットだと感じてしまうでしょう。


とまで放射線アドバイザーに言われても、福島県庁の方々は、100mSv/年 までは、全く安全だといってはばかりません。 (福島県民の方々、そして県庁にお勤めの方々、このインタビュー記事はご覧になってください。デマ記事ではありません)

 私は、昭和63年5月から平成5年3月まで、福島富岡町民でした。町内議会選挙に行かないと独身寮まで名指しで、投票に行くようにと電話を受けたりしました(補者名の指定などは一切ありません)。23歳〜28歳という時期を過ごしたのですから、愛着がないはずがありません。うるさいような蛙の鳴き声の合唱、夜中の田んぼに2-3匹舞う蛍、真夏でもとんでもなく冷たい海水浴場、きれいな夜ノ森の桜、ちょっと脇道に行くときれいな小さな小川、ほんとうにほんとうに自然豊かなところだったのです。
 つらいこともありましたが、今振り返ると懐かしくてなりませんし、私が生きているうちには、訪れることもできない、あそこに行けば、またあの人にあうことができるかもしれない・・・もうそういったことは、望むべきもありません。この気持ちをいったいどう表現したらいいのでしょう。

このような投稿がBlogのコメント欄にありました
チェルノブイリの原発は共産国ソ連が建設したもので住民が反対しても強権で建設される運命にありました。日本は民主国家です。過半数の住民が賛成したからこそ福島原発は建設された。少数の反対住民もいたでしょうが、反対派からみれば賛成派の住民は東電との共犯者、加害者にもみえるでしょう。

 私のブログの熱心な読者の方です。いつも読んでいただき、また的確なコメントを書いていただき、いつも感謝しております。ですが、このコメントを読んで悲しくなりました。

民主的な手続きを踏んで、建設された原発など、ただの一カ所もないのです。ブログ

動画をご覧ください


上の動画の内容は、「日本の原発地帯」 鎌田 慧著 に詳しく書かれています。


どの発電所の立地でも、電力会社という紳士の仮面をかぶりながら、ソビエトも真っ青といった強引な手法で進めていったことが本当によく分かります。

 そして、一度立地してしまえば、こちらのもの。箱物にしか使えない電源3法交付金で、極端な財政依存をさせてしまい、お金が切れると禁断症状がでざるを得ない状態にして、自分から増設を持ちかけるまでにずぶずぶにしてしまう。それは、玄海、敦賀の首長を見てもおわかりのとおり。福島の被害が全く目に入らず、自分たちだけカネの分け前にあずかりたい。廃人になるのが分かっていながら、一度始めるとやめられない
アヘン中毒とどこが違うのでしょう。

 福島の立地状況につきまして、少しでも理解していただけますと幸いです(免罪符にはならないとは思います)

■関連ブログ
ガレキ処分は、山形、東京、愛知、大阪2011.8.19
残るか去るかは住民自身が判断しなくてはなりません。-山下俊一2011.8.21
政府も電力も自治体も漁協も全部−同じ穴のムジナ2011.7.30
原発立地の時は「やらせ」どころか、だまし討ち2011.7.9
原子力は産業のアヘン2011.6.14
福島原発の立地と初期トラブル−資料・回想録から2011.6.12
福島県に専門家はいないの?(子供被爆問題)2011.5.3

東電の思い出
タグ:立地 1F 2F
posted by いんちょう at 16:29| Comment(3) | 原子力