2011年10月30日

オカルトで見る日本の未来

他の記事も読みたくなったら道案内
なにか知りたいことがあるならば右側の検索ボックスを。(Googleは複合検索可能)
ブログ記事は、引用元リンクを明示の上ご自由にお使いください。

 小学生の頃は、4次元の世界を探るといった本をよく読んでいました。オカルト界の有名な本としては、

があります。私も読みましたが、南極大陸の話など、興味を引かれる話もあります。(本当か嘘かは、私にはよくわかりません)

有名なところでは、オーパーツ
オーパーツとは「Out Of Place Artifacts」の略で「場ちがいの加工品」という意味である。
その時代にはありえない物を示す

まあ、この分野で知っている人が一番多い(と思う。)のがヴォイニック写本と言われる奇妙な本
2011103011.jpg
訳のわからない文字で、見たこともない植物の絵が描いてあります。16世紀に作られたという話ですが、未だかつて解読に成功した人はいません。

解読不能の書 ヴォイニッチ手稿の謎X51.orgから・・このあたりも読み始めると引き込まれそうです。

 さて、本題。本日は、近未来の日本をオカルトから見てみたいと思います。まず、最初は

予言 未来を見る:ワンダーゾーン 1992から

2022年の東京には、人がいない・・

次は、このところ

ジョン・タイターが予言した2020年の日本地図が現実になりそうな件から
2011103012.jpg
 私は、この地図。てっきり、3月以降に作られた(米国人が、日本に関心があるはずない)と思っていましたが、それ以前に作られたものらしい。(コメントからの情報より)
 
ジョン・タイターWiki
2000年11月2日、米国の大手ネット掲示板に、2036年からやってきたと自称する男性が書き込みを行った。
2011年、内戦が原因でアメリカ合衆国が解体されるが、翌年にはアメリカ連邦帝国が建国される。
2015年、ロシア連邦が反乱部隊の援助という名目でアメリカに核爆弾を投下。核戦争となり、第三次世界大戦へと発展する。




 この流れからしても、あまり実現するとは思えませんが、上記日本地図はすこし気味が悪いですね。
タグ:P
posted by いんちょう at 20:12| Comment(8) | 原子力

甲状腺機能検査、報告のお願い

他の記事も読みたくなったら道案内
なにか知りたいことがあるならば右側の検索ボックスを。(Googleは複合検索可能)
ブログ記事は、引用元リンクを明示の上ご自由にお使いください

甲状腺機能の結果をご報告いただいております。ありがとうございます。簡単に報告できる用にと入力フォームを作成しました。

甲状腺データ入力フォームは、こちら
2011103009.jpg

正常値一覧
項目 正常値 
TSH 0.40 - 4.06
fT3 2.3 - 4.2
fT4 0.72 - 1.52
TG <32.7


私の考察
・仙台地区は値は正常ではあるものの、TSH 上昇、fT3上昇、 Tg(サイログロブリン)上昇が見られる。
・同じ生活環境にあっても、大人にはこの変化は見られない。
・サイログロブリンは、通常は一桁
Tgは甲状腺に大量に含まれますので、原因を問わず上昇レベルはさまざまです。
 最も上昇するのは、分化癌の全身転位で、8000-10000以上
 甲状腺内に強い炎症や、急速なのう胞形成の場合 1000-3000
 大きな腫瘍やびまん性の炎症(橋本病やバセドウ病)のとき100-1000
 小さな腫瘍や軽い炎症で、20-100
 まったく何も問題なければ5-20

 私も勉強中です。何か情報がありましたら、コメント欄に記入いただけますと幸いです。

 なお、データで気になることがありましたら、以下に私のコメントを書いていきます。
・kikiさんのデータは、TSH が上昇、fT4が正常低値です。甲状腺機能低下症の状況と思われます。チラーヂンの内服考慮しても良さそうです。


−別意見もあるようです。ちょっとこれについては、意見の相違がありますので、以下に記述していきます。(かように、治療については医師によって様々異なります)
(コメント欄から)
TSH>10で内服開始。ヨウ素過剰摂取も原因として考えられる。(甲状腺専門医と相談)
・専門医では、TSH>10で内服開始 先生によっては、 TSH >20で内服開始
・米国では何年も前から、動脈硬化の可能性があることからTSH 3-4程度で内服開始することもある


私は通常、このような値がでた時は、甲状腺専門医に紹介しています。そして、一度始まった場合は、おもにTSHをみながら、チラーヂンの容量を変動させます。

leonさんへ
 MCV, 白血球、血小板の状況を教えていただけないでしょうか?

とんぽんぱぱ さん
1歳の子は、TGが高すぎますね。ただ、甲状腺ホルモンが正常ですから、治療などの必要はないと思います。もし測っていれば、fT3は高かったように思います。3歳の子も同じ。同じ生活暦で、お母さんに異常が見られないのは、仙台の方もそうでした。やはり、3−6ヶ月後に再検査でしょうか。

ローズマリーさん
TSHが低めで、fT4が正常。fT3,TGが正常ならほとんど影響がなかったと判断できるでしょう。

まめぞうさん
TSH, fT3, TG高値。放射能の影響がすこし考えられるでしょうか。身長体重計測を。

HSさん
TSH, fT3高値。放射能の影響がすこし考えられるでしょうか。身長体重計測を。

たまこさん・・・お二人とも
TG高いですね。エコー検査をされてはいかがかと思います。

Hysさん
TSH, fT3, TG高値。放射能の影響がすこし考えられるでしょうか。身長体重計測を。

ありがとうございます。私のコメントは、参考までに。他の方の生活暦と、自分の値を比較されるとおおざっぱに何か分かるのではと思います。とんぼんぱぱさんが言われているように、個人差が大きく、年齢が高くなるほど影響を受けにくい印象はあります。

TSH, fT4は治療の可否を見るのに適しており、fT3, TG(サイログロブリン)は、放射能の影響を受けたかどうかを見るのに適している印象です。今のところ。


関連サイト(当サイトとは直接の関係はありません)
みんなのカルテ

■関連ブログ
内部被曝−その評価と治療方法2011年10月10日
福島の子 甲状腺機能変化2011年10月05日
福島健康基本調査問診から読み解く2011年10月14日
タグ:P
posted by いんちょう at 16:17| Comment(31) | 原子力

福島原発災害のデータは、50年前の東海原発事故想定のパクリ?

他の記事も読みたくなったら道案内
なにか知りたいことがあるならば右側の検索ボックスを。(Googleは複合検索可能)
ブログ記事は、引用元リンクを明示の上ご自由にお使いください。

 ちょっと長いですが引用

原発事故コスト:「上乗せ1.2円」…他燃料より「割安」

 内閣府原子力委員会の専門部会は25日、東京電力福島第1原発事故の被害額を基に、原発事故のコストを1キロワット時当たり0.0046〜1.2円とする試算を固めた。原発の発電コストへの影響は限定的との見方を示したことになるが、試算の前提となる東京電力福島第1原発事故の被害額は、除染費用や賠償額など未確定の部分が多く、さらに膨らむ可能性もある。試算は、政府の「エネルギー・環境会議」に設置した「コスト等検証委員会」などに報告され、電源別の発電コストの見直し作業に反映される。
 原子力委は、政府の「経営・財務調査委員会」が試算した廃炉費用と損害賠償額を合わせた今回の事故の被害額(5兆5045億円)を参考に、出力120万キロワットの新設炉が過酷事故を起こした場合の被害額を3兆8878億円と仮定。過酷事故の発生頻度を掛け合わせて事故コストを算出した。
 福島原発事故を含めた国内実績に基づき、事故の発生頻度を500年に1回とすると、稼働率60%の場合、事故コストは1キロワット時当たり1.2円となった。今回の事故は3基から放射性物質が大量放出された。これを1回分と数えると、事故コストは3分の1になる。
 一方、新設炉は過酷事故の発生頻度を10万年に1回以下とする国際原子力機関(IAEA)の安全目標を満たしていると仮定した場合、事故コストは、稼働率80%で0.0046円となり、発電コストにはほとんど影響しない。
 試算に基づくと、原発の発電コストは1キロワット時当たりおおむね5〜7円(従来は5〜6円)となる。政府はこれまでに石炭火力を同5〜7円、液化天然ガス(LNG)火力を同6〜7円、大規模水力を同8〜13円、太陽光を同37〜46円と試算しており、依然として原子力が割安となった。
 使用済み核燃料を再処理し、プルトニウムやウランを取り出して再利用する「核燃料サイクル」のコストも試算。(1)すべて再処理の場合は1キロワット時当たり1.98〜2.14円(2)再処理せずにすべて地中に埋める直接処分なら同1.00〜1.35円(3)現状のように一部を再処理し、一部を中間貯蔵では同1.26〜2.21円−−となった。【比嘉洋、関東晋慈】
 ◇解説 除染など考慮せず
 内閣府原子力委員会による原発の事故リスクと核燃料サイクルのそれぞれのコストの試算は、計3回(約7時間)の会議で結論を出すという時間的な制約があった。事故コストは、条件を変えるだけで数倍にも膨らむ可能性があるが、前提となる被害額の議論を深めることはできなかった。
 被害額は東京電力福島第1原発事故を想定し、1〜4号機の廃炉費用を9643億円、損害賠償額を13年3月末までで4兆5402億円と見積もっている。ただ、廃炉は溶け落ちた核燃料の回収など技術的に解決されていない問題がある。賠償や除染費用、放射性廃棄物の中間貯蔵施設の建設費も十分考慮されておらず、どこまで膨らむかは不明だ。
 今回の事故だけを想定して試算をすることにも疑問がある。会議では「ソースターム(核生成物の種類や放出量)の議論が足りない」との意見も挙がった。同じ非常用電源が失われる事態でも、炉心の形状や気象条件によって放射性物質の放出量が増え、汚染範囲が広がる可能性がある。
 NPO原子力資料情報室や環境保護団体でつくるグループは「原発を費用だけで検討すること自体、検証される必要がある」と指摘する。原発事故は地域社会や経済を一瞬で変える。試算はエネルギー政策の今後を慎重に議論するために不可欠だが、判断材料の一つに過ぎない。【比嘉洋】
毎日新聞 2011年10月25日 11時21分(最終更新 10月25日 14時52分)


 このような数字を出してきたことには、その才能に感嘆いたしますが、小学生でもおかしいことがわかります。なぜ、このような恥ずかしい数値を出せるのでしょう。どこをどう考えても、この数値がおかしいのは明らかです。フクシマを中心として、東北各県は人間どころか、生物がまともに住めない汚染を受けてしまいました。首都圏でも高レベルの汚染がでているのですから・・

 NHKのニュースが結構コンパクトにまとまっていたので、紹介しながらコメントします。
2011103001.jpg
 これは、非常によく見る試算です。この計算の奇妙なところは、経産省が計算していることです。なぜ、事業会社である電力が計算していないのでしょうか。実は、電力会社も非常に理想的な発電コストを「設置許可申請書」で計算しています。
 よくわかる原子力 原発の発電コスト2011103005.jpg
 これが、今回の試算です。まあ、このとおりの数値を出しています。本当でしょうか。

建設時に計算した非常に理想的な電力会社のコスト
2011103006.jpg
 既にこの段階で、石炭、LNG火力、石油火力を上回っています。少なくとも、核燃料費がこの発電コストのどれだけを占めているのかを公開してもらわなければ、判断できません。火力の燃料調達コストの話だけをするのは、おかしい。
 また、この発電コストは、改良工事コストは全く入っていないでしょう。電力会社に命じて、公開させないのはなぜでしょうか。血税を数兆円つぎ込んでいるのですから、せめて公開していただかないと納得いきません。地方税の一つとして核燃料税として納税してもらっているのですから、この金額は知っているはずです。また、ウソを説明してもすぐにばれます。是非公開してください。

事故の確率
2011103003.jpg
500年に1回です。少ないでしょうか。日本には50基以上の原発があります。ですから、日本全体で考えますと、・・・爆発したのは1F-4も含めて4基ですからそもそも間違っていますが、まあそれはおいといて・・

500÷50= 10年/回

の事故確率がある。ということを公式に認めたことになります。この確率は、受け入れられるでしょうか?

さらに
2011103002.jpg
4兆円というのは、東電の予算金額です。これ以上は何が何でも認めない。ということです。しかし、観光、農業、土地からの固定資産税等々、1年分でもこれ以上になるでしょう。

原子力安全研究グループから

◇原発事故による放射能災害 40年前の被害試算(軍縮問題資料 1999年5月)から

最大の事故想定規模
1000万キューリーの放出

今回の今回の保安院推定の放出量は、3.7テラベクレル(3.7x10E+17Bq)ですが、この値はすなわち1000万キューリーです。
3.7x10E+17 Bq=1000万キューリー

なぜでしょう、ぴちっと一致します。今回の福島原発災害の放射能放出量はどういう根拠で計算したのでしょうか?一体どうしてでしょう。そして、なぜ、このようにきりがいい数値なんでしょうか。

この放射能が放出されたと計算した場合の損失額は3兆7300億円(1960年の国家予算 1.7兆円の時代)
2011103008.jpg

この算定基礎となる損害補償額は、

表1 人的損害の区分と損害賠償額

区分

障害の内容

全身換算被曝量

mSv換算

一人当り損害賠償額

1級

被曝後14日以内に全員死亡.

700

レントゲン以上

7000 83万円(うち慰謝料35万円)

2級

全員放射能症.被曝量に応じ一部死亡.回復者は180日の入院.

200700

レントゲン

 2000-7000 死亡:88.5万円(同35万円)

回復:40.8万円(同15万円)

3級

放射能症を呈すが死亡なし.90日の入院。

100200

レントゲン

 1000-2000 24.7万円(同10万円)

4級

90日の医学的観察と検査.

25100

レントゲン

 250-1000 3.6万円(同3万円)


表2 汚染にともなう損害区分と損害額

区分

対策の内容

汚染レベル(1平方m当り)

Bq

損害額

揮発性放出

全放出

 

A級

12時間以内に全員立退き 0.04キュリー以上 0.07キュリー以上 26億以上 一人当り:

都会60万円

農村35万円

B級

1カ月以内に全員立退き 0.01キュリー以上 0.02キュリー以上 7.4億以上 A級と同じ

C級

都会居住者は6カ月間退避、農村は農業不可のため移住 6×10-4キュリー以上 4×10-5キュリー以上 148万以上 一人当り:

都会10万円

農村35万円

D級

現有作物の廃棄と1カ年の農業制限 6×10-5キュリー以上4×10-6キュリー以上 14.8万以上 1平方q当り500万円


どうも、この避難基準で、日本政府は動いている感じを受けます。これだとまあ、今の区分となりそうです。

 読みやすいのは、こちら

 しかし,まとめてみてびっくりしました。今回の福島の賠償は、この東海原発の資料をなぞっただけと言うことがよくわかります。皆さんも検証してみてください。(題名を変更しました)

■関連ブログ
発電コストの厚いベールを剥がす−原発=安価は洗脳だった・・2011年07月21日
原発のコスト計算に重要なヒント(新聞記事から)2011年06月01日
必要経費まで削減する東電経営陣・・決めたのは誰?2011年06月03日
原発のコストを文系的に考える2011年06月04日
火力燃料費2兆円−核燃料・再処理のコストを示せ。2011年06月11日
原発代替火力建設に10兆円という脅し2011年06月24日
福島の思い出(14)・・原子力って安いんですか?2011年07月14日
原発の脅し(2)〜電気料金が高くなる 2011年09月21日
タグ:P
posted by いんちょう at 05:08| Comment(5) | 原子力