2012年04月02日

献血と被曝問題

 みんなで支え合う献血(勝手広告というジャンルらしいですが、非常に良くできています)


献血ができる人は、日赤で非常に厳しく制限されています。
特定の病気にかかったことのある方
心臓病・悪性腫瘍・けいれん性疾患・血液疾患・ぜんそく・脳卒中など
服薬中、妊娠中・授乳中、発熱等の方
エイズ、肝炎などのウイルス保有者、またはそれと疑われる方
輸血歴・臓器移植歴のある方
6ヵ月以内にピアスの穴をあけた方
6ヵ月以内にいれずみを入れた方
一定期間内に予防接種を受けた方
出血を伴う歯科治療(歯石除去を含む)をした方
海外旅行者及び海外で生活した方
旅行された時期や地域によってもご遠慮いただく場合がありますので、ご確認ください。
クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の方、またはそれと疑われる方


 私自身も、献血センターで医師としてアルバイトをしたことがあるのですが、徹夜で来られた方でもご遠慮いただいていました。もちろん、感染症を持っている方(以前の輸血歴があれば、医師にはわかるようになっています)もです。

 今回の原発災害では、特になんの制限もされていません。

『内部被曝』に立ち向かう 肥田舜太郎医師に聞く。 から
肥田氏自身も、広島の爆心地から出た数日後に激しいだるさを感じたと語る。
「当時の私は、広島市郊外の戸坂村の農家で、看護師7人とともに20000人にのぼる被ばく者を診察していました。
すさまじいだるさに襲われたのは、診療を始めてから4〜5日後です。
最初は疲れが出たのかと思いましたが、症状はひどくなる一方で、しまいには立っていられなくなりました。
一度横になってしまうと起き上がれず、39℃近い高熱にうなされ、唇?や鼻だけでなく、目からも出血し始めたんです。
幸いだったのが、8月15日の終戦後に四国や九州の部隊から100人ほどの軍医や衛生兵が助けに来てくれたことでした。毎日輸血を受け体内の血が入れ替わると、見違えるように元気になったんです。」


 これを読んで、肥田舜太郎医師が95歳まで長生きされている理由がようやくわかりました。逆に言いますと、内部被曝を受けた血液が全身の衰弱をもたらすという証左でもあります。
 放射能(放射性物質)を含んだ水、空気、食物を摂取しますと、体中に分布します。
フクシマ20キロ圏内の牛(血液と筋肉のセシウム)被曝調査から
2012040201.jpg
筋肉 1150Bq
血液  38Bq
筋肉には、血液の約30倍のセシウムが含まれる。その他に高いのは、
舌  728Bq
腎臓 635Bq
心臓 518Bq
脾臓 391Bq
肝臓 355Bq
とあります。内部被曝をしている方の血液にはかならずセシウムが含まれています。

 肥田先生が元気になられたのは、放射能汚染されていない血液が大量に入ったことで、各臓器のセシウムが血液に排出され、尿として出て行ったからではないかと想像します。

 では、安全基準をどこに置いたらよいのか。大変難しい問題とは思いますが、血液は直接体内に入ります。ウイルスのように多寡ではなく、輸血によるリスクを避けるべきだと私は考えます。

 先日、ツイッターでこの情報を流しますと、あいつはセシウムを全部の血液に照射していることを知らない、エセ医者(ヤブであることは認めますが)だと中傷され、さらには次のような資料まで示してくれました。
輸血用血液製剤の放射線照射装置
2012040202.jpg
 私も知りませんでしたが、放射線源としてセシウム−137が使用されているのですね。このような情報収集能力は、大したものです。

 これは、内部被曝と、外部被曝をごっちゃにさせる作戦です。輸血前に放射線を当てるのは、外部被曝ですから、照射後に放射能が残ったりすることはありません。献血された血液内にセシウムが入っているのは、内部被曝ですから、輸血された人にはセシウムが移行します。

 たとえて言うならば、便器の中に落としてしまった缶詰を食べるのと、うんちが入った缶詰を食べるくらいの差があります。便器の中に落として、たとえウンチがまわりについてしまったとしても、綺麗に洗ってしまえば、なかの缶詰を食べることに躊躇する人はいないでしょう。逆に、少量でもウンチが入ってしまった缶詰を食べることができますか?
 この2つを比較すること自体が大きな間違いだとおわかりでしょう。

 日赤は一体どのようなスタンスなのでしょうか。

◆関連ブログ
フクシマ20キロ圏内の牛(血液と筋肉のセシウム)被曝調査2011年12月15日
タグ:P
posted by いんちょう at 15:57| Comment(17) | 原子力