2012年04月13日

九州広範囲で、電線から火花・・塩害〜セシウム塩が原因か

 熊本でも雨が降ると、線量がごく僅か(0.11->0.12uSv/hr)と上昇します。おそらく、上空に漂っているセシウムが降下してくるのでしょう。

4月12日の熊日朝刊
2012041201.jpg
海水の塩分でショート?熊本は、残念ながら内陸部にあり、塩害など起こりえません。
この新聞から真実を探ってみます。

まず、塩害(まひるのサンタさん 腐食から
2012041301.jpg
 塩害とはこのようなもの。塩害=食塩=塩化ナトリウムですね。

2012041302.jpg

Na(ナトリウム)は、アルカリ金属の仲間です。その、性質を見てみましょう。


 最後に出てくるのがセシウム。

九電は、「塩害」とは認めています。ナトリウムよりもはるかに腐食性が強いセシウム。そのセシウム塩により、絶縁がやられて火花を起こしたと考えられるのではないでしょうか。
 九州以外でも、同じ話を聞かれましたら、是非教えてください。お願いいたします。

 濡れると電線の絶縁すら破壊する雨。人間が濡れていいはずがありませんね。

◆関連ブログ
放射性セシウム除染が困難な理由(70万アクセス)2011年09月01日
posted by いんちょう at 23:14| Comment(12) | 原子力

第1回院内勉強会 フクシマの真実と原発再稼働

 昨日、第一回の院内勉強会を行いました。多数ご参加いただきまことにありがとうございました。

内容は、下記の通りです。講演会は65分
・私の経歴
・元東電社員の発言
・原発の原理・問題点・電力(産業界)が推進する理由
・フクシマ事故の推移
・放射能汚染についての東電のスタンス
・原発再稼働の条件



 画面がやや斜めになっております。次回はきちんとセッティングいたします。

 興味深い内容も含まれていますので、是非ご覧ください。

次回の予定は、4月26日(木)13:30〜15:00で、4月20日(金)9:00から予約受付を開始します
内容は、
・放射能と内部被曝、ガレキ問題
です。

以前の講演会については、DVDにして販売しております。こちらよりお申し込みください。
2012020301.jpg

DVDの説明

◆関連ブログ
フクシマの真実と内部被曝−2012.3.29(木) くわみず病院2012年03月30日
講演会ビデオ販売のお知らせ2012年02月04日
やましろ病院での講演会「フクシマの真実と内部被曝」(2012.1.26)2012年01月27日
フクシマの真実と内部被曝−2012.1.29 水俣2012年01月30日
フクシマの真実と内部被曝 熊本市医師会講演会(2012.1.18)2012年01月19日
posted by いんちょう at 16:55| Comment(3) | 原子力