2012年04月22日

福島の子どもたちからの手紙「わたしは何さいまで生きられますか?」

福島の子どもたちについては、今まで何度かブログでも紹介させていただきました。(関連ブログをご覧ください。)はだかの王様を見抜いたのが子どもであることからもわかるように、真実を見抜くことができるのは子どもであるのは、古今東西論を待ちません。


から。哀しい子どもたちの声なき声をご覧ください。

小学校3年生
2012042201.jpg

小学校5年生
2012042202.jpg
 小学生に何歳まで生きられますかと聞かれるような国・政府が健全なはずはありません。放射能のガレキを全国に振りまくのではなく、子どもの健康のことを一番に考えないとおかしいのではありませんか。なぜ、この子どもたちのさけびを無視して、放射能をばらまき、さらには放射能という毒を作る原発を再稼働するのか、私には全く理解できません。毒を作って世界中の人たちを死滅することが電力会社の使命としか思えません。
 子どもに言われました「なぜ、電気を作るときに毒を作るの?つくんなきゃいいじゃん」と。
この言葉に、きちんと答えられる大人がいますか?「毒を作らないと、みんなが食べていけないんだよ。」とでも、説明するのですか。電力会社の本当の使命はなんですか。

通販のカタログ(表紙)
2012042203.jpg

1ページ
2012041713.jpg

拡大
2012041715.jpg

 放射線量計が、育児関係の通販に平然と載っていますし、この線量計はアラーム機能がありません。(わざと省いているんでしょうか、子どもにストレスを与えないために)

 このような線量計が大々的に売られていることからも、この問題が決して福島に限定されるわけではないことがよく分かります(この通販誌は、全国で売られています)

 もう、放射能は風評被害ではなく、現実の問題なのです。ところが、福島では次のような催しをわざわざするそうです。
 
小学校鼓笛パレード復活 福島市教委が2年ぶり
 福島市教委は20日までに、東京電力福島第1原発事故の影響で昨年中止した市小学校鼓笛パレードについて、今年は5月16日に実施することを決めた。児童への放射線の健康影響に配慮し、パレード区間の短縮や放射線量測定の徹底など放射線対策を万全に実施する方針。
(中略)
 区間内の放射線量については今月5日に区間内9カ所で測定し安全性を確認したほか、開催2日前となる5月14日にも測定する。さらに当日は、参加全児童をバスで待機場所から送迎するほか、マスクを配布するなどの対策も講じる。
 市教委は「放射線に対する保護者の不安も理解できるが、鼓笛パレードの実施による子どもたちの成長がより重要と考えた」と話している。
(2012年4月21日 福島民友トピックス


 また、得意の外部被曝だけを測定する方法で安全だと称しているのでしょう。放射能が舞う中での鼓笛隊パレードは、肺の中に放射能を吸い込み、内部被曝につながります。なぜ、放射能を無視して、このような危険な催しをさせるのでしょう。教育委員会がもっとも大事だと思っていることはなんですか?

◆関連ブログ
フクシマの今−韓国テレビと投稿から2012年03月12日
子どもの屋外活動は、30分以内(福島県郡山市)2012年03月03日
BBCドキュメンタリー「津波の子供たち」3月1日放送から・・フィルムバッジをつける子どもたち2012年03月08日
小中学生、高校生、役人、有名大学教授 正しいことを言っているのはだれ?2011年09月23日
子どもの目は真実を穿つ−「今、福島には来ない方がいい…」2011年08月13日
タグ:P
posted by いんちょう at 07:28| Comment(11) | 原子力