2012年04月28日

黒船は決してやってこない

 一体日本政府は何をしているんだ。こんな被曝を国際社会、民間団体が許すはずがないと考えている人も多いはずです。しかしながら、この状況は、1年以上も続いています。

 日本人にはこんなことさえ言う人がいます。お二人紹介しましょう。電中研の服部禎男
2012042802.jpg
クリックしていただければ、このマンガ全体を読めます。なんと、あのICRPさえ頭の硬い悪の機関とされています。

2012042801.jpg
平成の強制連行2011-05-06 22:01:36
菅野村長は村にやって来た福山官房副長官に対しても、避難の必要はないのではないかと意見を言ったが、福山氏は『菅総理はやり過ぎくらいやるのがいい』と言われているとの一点張りだったそうだ。放射線強度が徐々に下がっているのにもっと柔軟に対応できないのだろうか。避難指示が出る前にも村長に対しては、全く相談が無かったということである。総理の政治的パフォーマンスのために住みなれた村から全員が追放されてしまう。これは平成の強制連行ではないのか。
 本は買わなかったのですが、先月発売の月刊誌の中にも「野田の強制連行」とこの方は話されていました。今でもこのスタンスは変わっていません。

 では、海外の目はどうなのでしょうか。グリーンピースは、もう最初の段階から、「フクシマはまるで別世界」と警告を発しています。

そして、ガンダーセン氏も昨年7月の時点で、
 私がそれ以上に心配しているのは、最近になって原発以外の地域から聞こえてくる情報です。私の友人で、チェルノブイリでも仕事をした生物学者数名が、調査のために日本に行きました。彼らは日本がひどい状況にあることは想像していましたが、今週私に電話をかけてきて「状況は本当に本当に深刻だ」と話しました。彼らは筋金入りの科学者で、放射線の問題を扱うのにも慣れています。にもかかわらず、福島の状況は彼らの予想をはるかに超えるひどさだと言うのです
と、話しております。ようやく、世界にそのひどさが広まったかと、私には思えたのですが、さっぱり変化がありません。一体世界はどう考えているのか。2つの動画を紹介します。

「現在の科学に基づいて合理的に考えれば、危険な水準は、1年に1ミリシーベルトではなく、1カ月に100ミリシーベルトであり、一生のうちに5000ミリシーベルトが上限である」ウエイド・アリソン氏のインタビュー 徳間書店がスポンサーですね(スポンサーは必ずチェック)


そして、さらにカネのかかっている世界原子力協会提供のビデオ−日本原子力産業協会提供


さらに、OECDまで、次のようなことを言ってます。

「日本は原子力維持を」 再稼働問題でOECD事務総長2012.4.24 17:39
 来日中の経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長は24日、「原子力は重要なエネルギー源で、日本が維持することを支持する」と述べ、停止中の原発について安全性の確認後、再稼働させることが重要との認識を示した。都内で記者団に語った。
 ただ、東京電力福島第1原発事故後、原発への不信の念が高まる中で、グリア事務総長の主張が日本の国民の理解をどの程度得られるかには疑問符が付く。
 グリア事務総長は「事故後の国民の反応は理解できる」とする一方で「経済成長の条件として家庭や企業などへの十分なエネルギーの供給が必要」だと強調。
 東日本大震災前に日本の電力の約3割を供給していた原発の代替手段を「一夜にして導入するのは不可能」だとして、電力不足で生産活動が制限されることに懸念を示した。


旧ソ連の専門家が語るチェルノブイリ事故による健康被害、小児甲状腺がんのみならずさまざまな疾患が住民の間で多発から
ステパノヴァ氏は、年間被曝線量が5ミリシーベルト以上(土壌の汚染濃度では55.5万ベクレル以上/平方メートル)の地域に居住している子どもでは、汚染が比較的少ない地域の子どもと比較して呼吸器疾患や血液系障害、免疫障害がそれぞれ2.0倍、2.5倍、1.8倍もあったとも指摘。
 
 米国の南カリフォルニア大との共同研究結果から、ヘモグロビンや赤血球、白血球、血小板のレベルが、子どもの住む地域のセシウム137の汚染度と直接的な関係にあることが示されていると説明した。また、「体内被曝をした子どもでは、健康や身体発達の異常、染色体異常が高い頻度が見られる」とも述べた。

 ベラルーシやウクライナではさまざまな健康被害が少なからぬ専門家によって指摘されている。にもかかわらず、国連や国際放射線防護委員会(ICRP)が事実を認めないのはどのような理由によるのか。

 マリコ氏はベラルーシを訪れたICRPの首脳から、「あなた方がどのような推計データを示しても私たちはエビデンスとして認めない」と言われたことを明らかにした。マリコ氏が理由を尋ねたところ、「(旧ソ連では)医学的な登録簿は存在しないとモスクワの保健省で言われたからだ」とICRP首脳は述べたという。


 どちらが本当なのかは、ご自分で考えてみてください。なぜ、このような事態となるのか・・・次の動画をご覧ください。


自国の兵士すら、被曝させる国が第二次世界大戦の戦勝国−現代の経済界の覇者−なのです。

 海外から日本の国民を助けるために、黒船が来襲すると考えているとすれば、大きな間違いだとおわかりでしょうか。

◆関連ブログ
福島はまるで別世界・・グリーンピース2011年08月09日
「状況は本当に本当に深刻だ」-チェルノブイリ経験の生物学者2011年07月26日
放射能の実力試験−推進派からの挑戦状2012年02月26日
タグ:P IAEA
posted by いんちょう at 01:32| Comment(10) | 原子力