2013年09月01日

SOEKS-01Mの修理

妻用に購入したSOEKS-01M


このガイガーカウンターは電池の持ちはよくないのですが、小さく、軽く、女性のポケットに入れるのにはぴったりで、なおかつ比較的感度が高く(放射能がある場所では、値の上下が激しい)、見やすいといった特徴があり、私自身気に入っている商品です(かつ価格もお手頃)。(もちろん、このガイガーカウンターで食品の放射能がきちっと測れるわけではありません。比較的汚染度が高い食品を見分けることができるかもしれないといったレベルだと思います。)

 購入したときから、この装置を振るとガイガー菅のカラカラという音がしていたのですが、先日線量がゼロになってしまいました。修理してみます

まず、裏側にある4つのビスを外します。
2013090101.jpg

ビスを外せば、簡単に蓋は外れます(かしめなどありません)
思った通り、ガイガー菅が外れてしまっていました。
2013090102.jpg

この修理には半田ごてが必要ですが・・・
2013090103.jpg


2013090104.jpg
(ピンぼけしていますが、ガイガーの外筒にある切れた線と基板の線とをつないでいます)

上記修理が終わったら、外筒を真ん中にある基板の穴を通して、基板からずれないようにします。(もし、カラカラと音がするだけで、数値がきちんと出ている場合には、分解して、この穴にテグス・細い針金などを通してあらかじめ基板に固定することをおすすめします−ご自身の責任でお願いしますね)この部分でガイガー菅を固定した痕跡がありませんので、2011年の冬頃に購入された方は、確認した方が良さそうです。
2013090105.jpg

修理が無事完了しました。
2013090106.jpg

◆関連ブログ
私の購入したガイガーカウンター2011年12月08日
posted by いんちょう at 20:07| Comment(5) | 原子力