2013年09月06日

オリンピックの影に隠れきれなかった海洋汚染

韓国、東北など8県の水産物輸入全面禁止 汚染水の懸念拡大理由に配信元:産経新聞 2013/09/06 12:08更新
 【ソウル=加藤達也】韓国政府は6日、東京電力福島第1原発の汚染水漏れを受け、福島など計8県の水産物の輸入を9日から全面的に禁止すると発表した。対象は福島のほか、青森、岩手、宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の各県。8県からの輸入量は2012年で約5000トンで、日本産全体の約15%に相当するという。
 韓国政府は福島第1原発の事故以降、日本政府の安全基準や措置に準拠し禁輸対象を福島を含む8県50種の水産物に限定していた。
 今回の措置にあたり韓国側は、韓国国内で水産物全体の安全性への信頼が揺らぎ、日本産以外でも一部の水産物の売れ行きが激減するなど、経済に与える影響の懸念が大きくなったことを強調している。
 韓国政府はこれまで、汚染水流出問題で日本政府の対策や流出状況に関する情報提供を評価していた。
 今回、禁輸水産物の対象を拡大した背景について、韓国政府関係者は「連日数百トンの汚染水が海に流出していることで、国民の懸念が大きくなっている」と指摘。親族が集まる今月19日前後の中秋節の連休を前に、食品安全への関心が高まっており、政府としても対策をとらざるを得なくなったものとみられる。
 韓国側は日本政府に対しこれまで以上に詳細な情報提供を求めていくほか、韓国産食品についても放射能検査の基準や実施を厳格化する方針だ。


 今、日本政府が最も気になっているのは、オリンピック招致問題です。IOCの竹田とかいう理事は、「東京は福島から250キロ離れているから大丈夫」などというトンデモコメントを全IOC理事に送りつけました。

この報道に対して、日本の官房長官は、

韓国政府の決定についてきかれ「(日本は)厳格な安全管理をしており、検査結果が基準値を上回れば出荷制限をしている」としたうえで、韓国政府には「科学的根拠に基づいて対応してほしい」と述べた。

と発言。そして、安倍首相は、2泊6日世界一周旅行をして

 「政府が前面に出て(汚染水問題は)完全に解決していく。2020年にはまったく問題がないと説明したい」

と知っている人ならば、絶対無理なことを国際公約しようというわけです(まあ、国際公約したところで、不可能であることは、みんな知っているわけですが)
 この人物は、年金問題を最後の一人まで必ずやり抜くと全く無理なスケジュールを指し示して、ポンポン痛いとして首相を辞めた人物。同じことをまたオリンピックでやるつもりでしょうか。2020年−あとたった7年−で、汚染水問題が本当に片づくと思っているとしたら、なんとおめでたい人物でしょうか。まあ、その程度のオツムですから、原発再稼働と輸出を言えるわけでしょうが。

石巻ではまさしく「科学的」に放射能を測定しています。

20130831 魚の放射性セシウム濃度測定に新装置 投稿者 Yurusan呆れますね。こんな短時間で選別できるって、一体どれだけのセシウムを持っていたら、検出できるんでしょうか。こんなので信用するのは、よほど何も知らない人間だけだと思いますけどね。。。

海水の問題で一番頭が痛いのが、海水中のストロンチウムはセシウムの10倍。深刻化する海産物の放射性セシウム濃縮です。ところが、海産物に関して、最も重要なストロンチウムを水産庁ははかっておりません。そして、その理由がまさに幼児的な言い訳

白血病引き起こすストロンチウム 食品内の含有量測定は困難
「ストロンチウムは検出に30日ほどかかります。魚は水揚げされて30日すれば腐敗するので検査にふさわしくないのです。国の基準値は、セシウムが100ベクレル以内ならば、たとえストロンチウムが含まれていても人体に影響はないだろうと見越した推計値です。したがって、ストロンチウムを測定していなくても心配することはありません」

 水産庁はこう弁明する


 この人物は、放射能は煮ても焼いてもなくならないことを知らないのでしょうか。[焼いて、炭にしてからはかれば、なんの問題もない]なぜ30日も生ものの状態でなければ測定できないかのような情けない言い訳を平気でするのか。できないからやりませーん。では、さすがどうでもいいと考えている役人の言葉。私がざっと調べただけでも、1週間程度で測定ができる画期的な方法がすでに発明されています。そして、海産物はストロンチウムだけではありません。放射性銀もまたイカ、タコなどの軟体動物に大量に含まれているという報告があります。

 それらをすべて無視して、放射性セシウムだけ測定したところで、誰が信用できますか。日本の政府は、「風評」(汚染)実態を隠すために、できるだけ過小評価のできるセシウムだけ評価をして、放射性銀、ストロンチウムの評価はしないと決めています。残念なことですが、もう太平洋の大半は汚染され、もう海産物を食べることはロシアンルーレットをすることとおなじになってしまったのです。

そして、この汚染は福島近辺だけではありません。陸地に降り積もった放射能が河川を伝わって海に入ります。終わる事なき複合汚染が永遠に続くのです。チェルノブイリよりも放出量は多く、世界で初めて大都市が放射能汚染を受けた〜NHK海洋汚染から


◆関連ブログ
海水中のストロンチウムはセシウムの10倍。深刻化する海産物の放射性セシウム濃縮2013年07月03日
1億ベクレルのセシウムが海水に漏えいし続けるフクシマ2013年07月23日
チェルノブイリよりも放出量は多く、世界で初めて大都市が放射能汚染を受けた〜NHK海洋汚染から2012年01月17日
タグ:P 海洋汚染
posted by いんちょう at 21:20| Comment(11) | 原子力