2013年09月08日

2020東京五輪−汚染は完全にブロック、健康問題は問題にならない−「自信があるからそういった」安倍首相

 本日、ブエノスアイレスで2020年東京オリンピックが決まりました。


 この動画は、1分足らずですが、前振りの長いこと。発表までに20分引っ張られ、サマランチが出てきてから5分程度のオリンピック憲章歌がオーケストラで放送され、さらにサマランチが持っている五輪マークのついた封筒をインドネシアかどこかの理事がわざわざ持ってくると言うあまりにもくさい演出がありました。(まるで極秘スクープを発表する日本の民放テレビ局を思わせるような)汚染水問題で東京はあり得ないと思われておりましたが、安倍首相の「素晴らしい」スピーチで東京に。

総理に質問(みんな楽しくHappyがいい
ゲラードハイバー:
素晴らしいプレゼーテーション、ありがとうございます。
とても感情に訴えるプレゼーテーションでした。
安倍総理、こんな質問をして非常に申し訳ないんですが、福島原発についての質問です。
最近は毎日のようにメディアが報道しています。
どれだけひどい状況かという事、
もちろん総理は「東京には影響が無い」とおっしゃいましたが、
それはどのようにして、その根拠はなんでしょう?
また、なぜそのように安心できるのでしょうか?
専門的な技術的な観点から、総理お願いします。



安倍:
ご質問ありがとうございました。
わたくしも日本語で答えさせていただきます。
(ここから日本語)
結論から申し上げれば、えー、全く、え、問題ないという、こと、で、あります。
えー、どうか、新聞のヘッドラインではなて、事実を、見ていただきたいと思います。
汚染水による、影響は、

司会:総理、今通訳に少し問題があるようです。
安倍:おー、OK!   よろしいですか?

安倍:
まず結論から申し上げますと、えー、全く、問題、ありません!(ニコッ!
えー、どうかあの、ヘッドラインではなくて、え、事実を見ていただきたいと思います。
汚染水による影響は、ま、まぁ、第一原発の港湾内の0.3平方km範囲内、の中で、完全に、ブロック、されています。
えーー、福島のキ、近海で、私たちは、モニタリングを、行っています。
ま、その・・・結果、えーーー、数値は最大でも、WHOの飲料水の水質ガイドラインの、500分の1であります。これが事実です。

そしてわが国の、食品や水の安全基準は、世界でも最も厳しい、厳しい基準であります。
食品や、水からの被ばく量は、日本どの地域においても、この基準の100分の1であります。

ま、つまり、健康問題については、今までも、現在も、そして将来も!全く問題はない!!
2013090801.jpg

という事をお約束いたします。

さらに完全に問題のないものにするために、
抜本解決に向けたプログラムを、私が責任を持って決定しすでに着手をしております。
実行していく、ま、その事をはっきりとお約束を申し上げたいと思います。


どこが、完全にブロックされているんでしょうか。汚染水ダダ漏れで、韓国が輸入を厳しく禁ずる措置をとったのも「風評」というのでしょう。本人自身は、自信があるから言ったなどとまるで子どもの言い訳のようなことを平気で述べています。

「自信あるから言った」 汚染水漏れ対策で安倍首相
 安倍晋三首相は7日夜(日本時間8日午前)、ブエノスアイレスでTBS番組に出演し、国際オリンピック委員会(IOC)総会で東京電力福島第一原発の汚染水漏れを解決できると説明したことについて、「自信があるからそう言った。海外の不安は払拭(ふっしょく)できた。だからこそ、日本が招致を勝ち得ることができた」と語った。

「自信があるからそういった」・・・なにやら、学校ではやりそうな言い訳です(よい子はまねしないように)。

そして、おそろしいのは「健康問題は問題にならない」と言っていること。

甲状腺癌を初めとする健康問題はすでに起きていますし、脳梗塞、心筋梗塞が増えているのも(震災のストレスともいわれています)、そして奇形の子どもたちが生まれていることも、事実としてあります。それは、日本国の首相にとっては、「問題にならない」と言っているわけです。健康問題が起きないと言っているわけではありません。

 そもそも、ロンドンオリンピックの時にもIOCは日本人選手の入場を拒んでいます
2013090802.jpg
 つまり、IOCは放射能汚染問題について、不必要なほどに怖れていることがわかります。そもそも、日本はオリンピックで優位に立つとそのたびにルール改正を行われて、弱小チームになる(バレー、ノルディック複合などで皆様ご存じの通り)ほど、オリンピックの中ではつまはじきものです。つまり、安倍がなんと言おうとも、招致活動になんの影響も与えないことは明らかです。真偽は別にして、次のようなツイートが流れていました。

 一部にはIOCを日本が騙したなどと、大それたことを言っている人もいますが、いつの間にそんなに日本の情報発信力が強まったというのでしょうか。米国、フランス、イギリス、中国、ロシアと言った核兵器とその内部被曝についての専門家がいるというのに、日本が騙せると思えますか?もし、そのような力をこの日本の政治、経済が持っているとすれば、それはそれで素晴らしいことです。

 今回の東京五輪は、一番の目的は内部被曝被害を隠蔽すること(チェルノブイリ2年後にキエフオリンピックを決めるようなもの)であるにもかかわらず、それを気がつかない日本はシリア爆撃で米国を支持すること、そしてTPPに参加すること、そして消費税を上げて国民から更に毟り取ることを交換条件にして招致を決めてもらった(と思っている)のでしょう。

 この被曝五輪。脱被曝の山本太郎がなんと発言するのでしょうね。

 世界全体が狂っている。気がついている人は、今更ながら身にしみたのではないかと思います。

東京五輪のマスコット

◆関連ブログ
オリンピック−途中で退場させられていた日本人選手団のなぞ2012年07月31日
オリンピック強制退場問題(2)−ホントとウソの見分け方2012年08月01日
オリンピックの影に隠れきれなかった海洋汚染2013年09月06日

【注意】非公開希望のコメントは、こちらに書かないでください。メールでお願いします。
posted by いんちょう at 15:55| Comment(38) | 原子力