2013年09月10日

利益にも自分の業績にもならないから、放射能問題にはタッチしないと白状した「科学者」

 311以降、180°認識が変わった「科学」に関する認識です。以前は、きちんと調査をして結論を出していたとばかり思っていたのですが、とうやらあらかじめ決められた結論を導くための道具にしか過ぎないと自ら白状しました。

・放射能は安全

それ以外の科学は、すべて抹殺されています。恥を知れと思いますが、実態はそれよりもはるかにその上でした。

科学者が放射能騒動に関わらなかった理由
私が考える「科学者が放射能騒動に関わらなかった理由」は以下の通りです
(1)ネットによるバッシング
(2)職場への嫌がらせ
(3)職場からマスコミ露出を止めて欲しいという要請
(4)歪んだ正義感に冒されたリアル知人からの罵詈雑言
(5)研究業界のリアル知人との人間関係
(6)「危険」と言う方が思い遣りのある人と取られやすい雰囲気
(7)勉強が面倒
(8)関わっても利益が無い

放射能騒動に関わるとどれくらい負担が増えるのか
この部分は私の体験を書きます。
(7)微量の放射線が健康被害を起こす可能性が低いことを淀みなく説明するには、分子生物学と細胞生物学の知識が必要で、実験動物を使った解析の経験があり、疫学調査のデータを読む力がある私でも、様々な分野の研究者から情報を集め、最近の論文なども目を通して勉強する必要がありました。また、福島の状況が過去の文献に照らしあわせてどの危険性に相当するのかを判断するためには、様々な観測データに目を通す必要もありました。

(8)私が実名で放射能による被害は小さいと発言したのは2011年10月の授業から、学会や講演など公の場だと2012年5月からですが、私は放射線生物学は専門ではないし、私が専門家だとしても一般人への解説をしたところで国の依頼を受けていない限りは何の業績にもなりません。授業で放射線生物学の基礎を扱うことも特に要請はなく、大学生にとってその知識が必要だと判断したためです。


 全編呆れる話なのですが、業績にもならないから、何もしない。なんと情けない『科学者』でしょうか。こういった人物に共通するのは、自分たちがどんなに苦しんでいるか。を一方的に述べることです。カネと権力に守られ、マスコミにも喧伝されるのに、それでもこんなにも文句を言う。反対派は、カネもない、コネもない、マスコミも宣伝してくれない中で、工作員からの嫌がらせもものともせずに、発言していることを知らないのでしょう。本を出そうと思っても、出版社も出してくれない。講演会でもだれもスポンサーになってくれない。貧乏人と金持ちのけんかです。(それでも、金持ちの方が押されていると思っているのが、おかしいわけですが)

「どんな馬鹿でも真実を語ることは出来るが、 うまく嘘をつくことは、かなり頭の働く人間でなければならない。」

ウソをつくからこそ、膨大な知識が必要だと、上述の科学者が曝露していますね。たとえば、広島で奇形児が生まれたという産婆さんの証言。この話など単純に自分の経験しか語っていませんが、誰もウソのことだと思わないでしょう。(一部のみ)
 私は昭和20年当時、尾長町で産院を開業していました。41歳でした。その頃はまだ家庭分娩が多うございましたが、だんだん少なくなりまして、昭和30年頃には、皆産院に吸収されました。
 何も記録は持っていませんが、奇形がたくさん出ました。当時はABCCへ、みな報告しなくてはいけないシステムになっていました。奇形が出ましても、報告するのを嫌う人もございましたので、しなかったこともあります。

 一番多かったのは兎唇でございました。それも口蓋裂もあって、泣くと喉の奥まで見えるんです。お乳も飲めないような...それから肢指過剰ですね。多指です。それから鎖肛(正常な位置に肛門がなく、直腸が盲端になっており、5千人に1人の確率で発病する)。肛門のないのも多うございました。兎唇や多指は数が多うございました。分娩で頭の先がでましたら、今度も兎唇じゃないかしらと思ったら、やはりそうで、そのたんびに憂いたことを覚えています。あーどうしてこんなに兎唇が生まれるんかしらと思いました。


どうですか?この内容を否定することができるでしょうか。事実、この兎唇、多指、鎖肛は増加していることをすでに隠せなくなってきています

 結局、科学とは事実をねじ曲げて解説する権力者の道具に成り下がってしまった(一体いつのことからかは知りませんが)と言うことでしょうね。

2020オリンピック・・安倍首相が一芝居打って、IOCも見て見ぬふりをしましたが、海外のマスコミの風刺は次の通り

2013091002.jpg
「私たちの東京五輪は1000年は延期しないとダメです。」

2013091003.jpg
ル・モンド「フクシマを忘れるための日本のオリンピック」

2013091004.jpg

フクシマの風刺は、以前からもたくさんありました。

科学技術立国ニホン の威信にかけて、「科学者」の方には、ぜひ世界中に、放射能の安全性を説いてもらいたいものです。

◆関連ブログ
原爆と核実験場での放射能と奇形児(600万アクセス)2012年10月04日
じわりと増え始めた奇形児(鎖肛、口蓋裂、多指・・)2013年08月08日
フクシマの被曝では奇形は起きない、何の被害もない、ガンも起きない2013年06月21日
(サッカー)川島のファインセーブを腕4本に合成・・原発事故の影響2012年10月16日
タグ:P 奇形
posted by いんちょう at 21:37| Comment(13) | 原子力