2013年09月18日

韓国水産物禁輸措置 WTOを提訴も−茨城の魚汚染(0.7uSv/hr以上) これでも「風評」?

汚染水、1年8か月間流出の可能性…東電発表
読売新聞 9月18日(水)7時57分配信
 福島第一原子力発電所の貯蔵タンクから漏れた汚染水中の放射性物質が、雨水とともに約1年8か月間にわたって、周辺の地中や港湾外の海に流出し続けていた可能性があると、東京電力が明らかにした

 そもそも、フクシマからは大量の放射能がまき散らされ、ありとあらゆる河川が汚染され、海に注いでいるわけですから、まあ改めて騒ぐような内容ではありません。センセーショナルにマスコミが伝えること自体、この事故のことを何にも理解していないことを白状しているようなものです。

<福島汚染水>各国から厳しい指摘 IAEA説明会
毎日新聞 9月17日(火)11時6分配信
 国際原子力機関(IAEA)総会の関連行事として16日夕、ウィーンで開催された日本政府主催の福島第1原発汚染水漏れ問題に関する説明会で、各国の専門家から抜本対策の遅れや規制当局のあり方などを問う厳しい指摘が相次いだ。第一義的な責任は東京電力にあると繰り返す日本側の説明からは「政府が責任をもって取り組む」(山本一太科学技術担当相)との意気込みが伝わらず、責任の所在のあいまいさを印象付けた。【ウィーン樋口直樹】

【汚染水問題 深刻化した背景は…】検証・大震災:福島第1原発 汚染水対策、漂流2年半

 説明会には、原子力政策を推進する経済産業省と、同省から独立した原子力規制委員会、廃炉に関する研究開発を行う国際廃炉研究開発機構などの担当者が出席。汚染水漏れの現状と、凍土壁の設置や浄化装置の増設などによる政府主導の解決策について、会場を埋めた100人以上の専門家らに説明した。

 だが、会場からの質問は今後の対策よりもむしろ、汚染水漏れの深刻化を招いた責任を問うものだった。スロベニアの規制当局者は「汚染水問題は原発事故直後から予想できた。なぜ2年以上もたった今まで持続的な解決策を見いだせなかったのか」と、厳しい口調で切り出した。

 これに対し、廃炉機構の担当者は、汚染水の漏えい部分の発見と修理に手間取っている▽原子炉建屋に流れ込む前に地下水をくみ上げて海に放出する計画が漁業関係者らの反対で困難になっている−−と説明。

 経産省の担当者が「法的な責任は東京電力にあり、我々はサポーターの立場。東電には資金もアイデアもなく、2年間も良くない状況が続いてしまった」と釈明すると、会場から「責任転嫁ではないか」との失笑が漏れた。

 一方、原子力規制委員会のあり方にも疑問の声が上がった。2007年に調査団を率いて訪日した仏原発安全当局者は「規制委員会の技術顧問が、問題解決を図るため東京電力にアドバイスするのは、原子力安全の責任分担をあいまいにするものだ」として強い懸念を表明。規制委員会側は「規制当局は電力事業者と一線を画すべきだが、福島第1原発事故に限り、問題の拡大を防ぐために行っている」と説明した。


 さすがにIOCの用には一筋なわではいきません。いい恥をさらしてくれた国際会議です。この会議がオリンピック決定後に開かれたのも、当然のごとく仕組まれていたのでしょう。それにしても、汚染水の処理がうまくいかない理由を漁業者のセイにしている答弁とは一体なんでしょうか。漁業者に限らず、海を汚染してはならないというのは常識でしょう。まあ、もう漁業ができる水域ではとうの昔になくなっているわけですが。
 このように袋だたきになっている日本ですが、なぜかしら韓国には強気

政府、韓国の水産物輸入禁止でWTO提訴を検討
2013.9.14 01:30 (1/2ページ)[日韓関係]
 政府は13日、韓国政府が東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題を理由に被災地の水産物輸入の全面禁止に踏み切ったことについて、科学的根拠のない不当な輸入制限だとして、韓国を相手取り、年内にも世界貿易機関(WTO)に提訴する方向で検討に入った。新たな風評被害を誘発しかねず、政府としては厳しい姿勢で対応する方針だ。
 農水省によると、食品に含まれる放射性物質に関する安全性をめぐりWTOで争われた例はない。政府関係者は、韓国の対応について「科学的な根拠のない禁輸措置は正当化できない。今回のケースは提訴の対象になる」と指摘する。
(中略)
 韓国政府は6日、汚染水漏れ問題への懸念が広がったことを受け、福島、青森、岩手、宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の計8県の水産物の輸入を全面禁止すると発表。9日から禁止措置に踏み切った。これまでも約50品目の輸入を規制していたが、今回、これを全水産物に拡大した。


 誰がどう見ても汚染されていると思うのですが、「食べて応援」「風評」がどこまで外国に通用するんでしょうか。そもそも、安倍晋三は平成25年7月30日に広範な福島の農作物に対して出荷規制を福島県知事に命じています(抜粋)
33.最大高潮時海岸線上宮城福島両県界の正東の線、我が国排他的経済水域の外縁線、最大高潮時海岸線上福島茨城両県界の正東の線及び福島県最大高潮時海岸線で囲まれた海域において漁獲されたあいなめ、あかがれい、あかしたびらめ、いかなご(稚魚を除く。)、いしがれい、うすめばる、うみたなご、えぞいそあいなめ、きつねめばる、くろうしのした、くろそい、くろだい、けむしかじか、こもんかすべ、さくらます、さぶろう、さより、しょうさいふぐ、しろめばる、すけとうだら、すずき、ながづか、にべ、ぬまがれい、ばばがれい、ひがんふぐ、ひらめ、ほうぼう、ほしがれい、ほしざめ、まあなご、まがれい、まこがれい、まごち、まだら、まつかわ、むしがれい、むらそい、めいたがれい、びのすがい及びきたむらさきうにについて、当分の間、出荷を差し控えるよう、関係事業者等に要請すること。

34.真野川(支流を含む。)、新田川(支流を含む。)及び福島県内の阿武隈川のうち信夫ダムの下流(支流を含む。)において採捕されたあゆ(養殖により生産されたものを除く。)について、当分の間、出荷を差し控えるよう、関係事業者等に要請すること。

35.秋元湖、小野川湖及び檜原湖並びにこれらの湖に流入する河川(支流を含む。)、酸川の支流、只見川のうち本名ダムの下流(支流を含む。)、長瀬川(酸川との合流点から上流の部分に限る。)、日橋川のうち東京電力株式会社金川発電所の下流(支流を含む。ただし、東山ダムの上流を除く。)並びに福島県内の阿武隈川(支流を含む。)において採捕されたいわな(養殖により生産されたものを除く。)について、当分の間、出荷を差し控えるよう、関係事業者等に要請すること。


 韓国をWTOに提訴する前に、安倍晋三を「風評」をまき散らしたカドで起訴すべきではないんでしょうかね。農水省は。それとも、この2ヶ月の間に劇的に海洋汚染が改善したとでも言うのでしょうか。

茨城の海産物について、動画を紹介します。茨城産の地物の近くに近づけると 0.87uSv/hrに急上昇します。これでも、「風評」ですか?


(測定器)
動画から判断すると、PM1704のようです。価格は50万円近く・・・ちょっと手が出ません。

◆関連ブログ
2020東京五輪−汚染は完全にブロック、健康問題は問題にならない−「自信があるからそういった」安倍首相2013年09月08日
オリンピックの影に隠れきれなかった海洋汚染2013年09月06日
出荷規制される福島県の農産物2013年08月03日
タグ:P
posted by いんちょう at 20:35| Comment(23) | 原子力