2013年09月20日

吹き出す矛盾−ほら吹き男爵となった安倍首相とその仲間たち(都知事、役人)

2020年オリンピックで、安倍首相の宣言

・フクシマについてお案じの向きには、私から保証をいたします。状況は統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく、今後とも及ぼすことはありません。
原文
Some may have concerns about Fukushima. Let me assure you,
the situation is under control. It has never done and will never do any damage to Tokyo.
汚染水は、第一原発の港湾内の0.3平方km範囲内の中で完全にブロック

 まずコントロールされているかいないか。

東電幹部、安倍首相発言を否定 汚染水「制御できてない」
東京電力の山下和彦フェローは13日の民主党会合で、福島第1原発の汚染水漏れ問題について「今の状態はコントロールできているとは思わない」との認識を示した。
2013092001.jpg
 まあ、当然の見解です。ところが、首相から怒られた東電は、次の文章を直ちに発表します。

汚染水問題に関する当社関連報道について
平成25年9月13日
東京電力株式会社

 総理の「コントロールされている」とのご発言は、放射性物質の影響は発電所の港湾内にとどまっており、近海における放射性物質の濃度は、基準濃度をはるかに下回り、継続的な上昇傾向も認められていないということの趣旨だと理解しており、当社としても同じ認識であります。

 本日、汚染水問題に関する当社社員の発言として、「今の状態はコントロールできているとは思わない」との認識を示した、との報道がされております。

 当社は、海および陸側の放射性物質の濃度について継続して確認を行っておりますが、汚染水の影響は発電所の港湾内に留まっており、外洋については検出限界値以下または告示濃度を遥かに下回る値であり、継続的な上昇傾向も認められないことを確認いたしております。

 この度の当社社員の発言は、そうした状況を踏まえた上で、汚染水の港湾内への流出や敷地内の貯水タンクからの漏えいなどのトラブルが発生しているという認識について言及したものです。

 なお、このようなトラブルが発生した場合にも、その影響が外洋に及ぶことがないよう対策をしっかりと講じてまいります。

 当社は、汚染水問題により、広く社会の皆さまにご心配をおかけしている状況であり、国からの指導をいただきながら、これらの状況を改善するよう努めてまいります。

以 上


そして、猪瀬都知事

瀬知事 汚染水問題で「必ずしもアンダーコントロールではない」
 東京都の猪瀬直樹知事は20日の定例記者会見で、東京電力福島第1原発の汚染水漏れは必ずしもコントロールされていないとの認識を示した。
 知事は2020年五輪招致プレゼンテーションで安倍晋三首相が「状況はコントロールされている」と発言したことをめぐり「今、必ずしもアンダーコントロールではない。だから(首相が)アンダーコントロールになると表明した」と語った。
 さらに「あの時点では風評もたくさん混ざっていた。政府が実際にお金を出してきちんとやるという意思を示し、いったん解決した」と振り返り「(政府に)国内問題としてこれからやっていただく。本当の解決に向かわないといけない」と強調した。
[ 2013年9月20日 18:44


 演説を見ればわかりますが、首相は「the situation is under control」と言っているわけで、これは未来形でも何でもなく、現在の状況を示します。これを将来の希望と訳したとしたら、落第です。

そして、「影響は港湾内0・3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている」とのことですが、これももちろんデマ。海洋汚染は下記シミュレーションのように大変深刻な問題(GEOMAR)


そして、下記の写真を見れば明らかなように5−6号機は港湾内から汚染水を吸引して、外界に放出しつづけている(原子炉内に燃料がありますから当然のこと)
2013092002.jpg

これで、0.3平方キロに制限していると明言したわけですから、その厚顔無恥ぶりは大したもの。ところが、この知識は一夜漬けであることを本日安倍が曝露してしまいました。
2013092004.jpg
出展

汚染水の影響範囲知らず発言か 首相「0・3平方キロはどこ?」
2013年9月20日 19時50分
 東京電力福島第1原発の汚染水問題をめぐり、安倍晋三首相が19日に現地を視察した際、放射性物質による海洋への影響が抑えられていると説明する東電幹部に、「0・3(平方キロ)は(どこか)」と尋ねていたことが20日、分かった。

 首相は東京五輪招致を決めた国際オリンピック委員会(IOC)総会で「汚染水の影響は港湾内0・3平方キロの範囲内で完全にブロックされている」と説明していたが、実際の範囲がどの程度か理解しないまま発言していた可能性がある。

 安倍首相は東電の小野明所長から放射性物質の海への流出や海中での拡散を防ぐ対策の説明を受けた際に「0・3は?」と質問した。(共同)


もう、何でもありですが、もうひとつだけ。東京の汚染
『2020東京五輪』を返上しよう!から
さきほど、東京都のオリンピックを推進してきた部署に、電話をしました。
猪瀬、竹田、安倍の言っている、東京の汚染はないし、これからも大丈夫だ、という発言について、
本当に汚染は無いのでしょうか?という質問をしました。

回答「東京には汚染はありませんよ」

私「え??????????あなた今なんていいましたか???」

回答「ですから、東京には汚染がありませんということです」

私「わかりました、では、これから私がいう事をちゃんと聞いていてください。
まず東京都の江戸川区の河川敷の空間線量を測った”公式”のデータがあります。

(下記のリンク参照下さい。)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/edg/kasenjiki_sokutei/index.html

そこには、最大空間線量で、0.30μSV/h出ているような場所もあります。
そして、平均値では、除染をする水準の、平均で0.23μSv/hの場所もあります。
江戸川区は、東京都ではなかったでしたっけ?」

回答「そうです。東京都です」

私「では、これを踏まえて、東京に汚染が無いと言えるのでしょうか?」

次の回答が驚愕です。

回答「そういうデータがあるのだと思いますが、知事や首相が言っている事が正しいと思います」

私「あなた、現実をみる気がありますでしょうか?
幻想の中で、物事論じるのは止めましょう。
事実は認めるが、汚染が無いというのは矛盾してませんかね?」

回答「ですから、データはそうだと思いますが、汚染は無いです」
以下略


 ここまで行くともうあっぱれ。見出しではなく、本文を読んでくれとオリンピックでぬけぬけと言い放ったのは安倍首相でしたが、この役人は首相の言葉だけを信じて、中身などどうでもいいと言っているわけです。このような首相、知事、役人に自分の命を預けていいのですか?

ところで、この安倍首相、首相になる前にフクシマを訪問(2012.10.2)
2013092004.jpg

◆関連ブログ
2020東京五輪−汚染は完全にブロック、健康問題は問題にならない−「自信があるからそういった」安倍首相2013年09月08日
タグ:P
posted by いんちょう at 21:48| Comment(16) | 原子力