2013年11月29日

子供用ホールボディカウンターにほくそ笑む早野龍五東大教授

 広島原爆で被爆した人は、一瞬で生じた放射線による被曝と長期における内部被曝に一生苦しめられます。しかしながら、2年半もたったあとで内部被曝を調査してもおそらく、被曝の痕跡は見つからなかったことでしょう。そして、原発構内で職業的被曝をした人たちもまた、すべて外部被曝ですから、内部被曝検査では何の異常も見つからないのは当たり前です。
 つまり、WBC(ホールボディカウンター)で内部被曝の兆候が発見されないとしても、それが直ちに健康被害を起こさないという安心にはつながらないのです。特に骨にくっつくとされるストロンチウムは、ベータ線しか出しませんから、もともと測定できません。

つまり

内部被曝検査で異常なし ⇒ 健康被害は起きない

という式は、そもそも成立しません。もちろん、

内部被曝検査で異常有り ⇒ 健康被害が起きる可能性が高い

というのは成立するわけで、だからこそWBC検査が、日本全国の放射能取り扱い施設で義務づけられているわけです(もちろん、私も定期的に受けさせられていました)
 しかし、政府は、

内部被曝検査で異常なし ⇒ 起きた健康被害は放射能の影響ではない

という証明のためにどんどんとホールボディカウンタを増設し、ついには子供用のタイプまで稼働させ始めました
「乳児用」2日から運用 内部被ばくホールボディーカウンター ひらた中央病院
2013112901.jpg
乳児らの内部被ばく検査が可能なベビースキャン

 東京大大学院の早野龍五教授と内部被ばく検査用のホールボディーカウンター(WBC)を製造しているキャンベラジャパン(東京)は、これまで実施できなかった乳児の内部被ばくを調べる検査機器「BABY SCAN(ベビースキャン)」を開発した。発注した平田村の医療法人誠励会は12月2日から、運営する同村のひらた中央病院で、一般向け無料検査を始める。
 従来のWBCは大人の使用が前提になっており、身長が低い乳児を調べると結果に誤差が出て検査できなかった。ベビースキャンは乳児から身長130センチまでの子どもを対象にしている。
 子どもは専用の検査衣を身に着けた上で、機器の中に4分間、横になる。飽きてしまわないよう、アニメなどを見せる。
 検出限界値は従来のWBCの6分の1程度となる全身50ベクレル未満。結果は検査当日に判明する。1日の検査人数は60人。
 検査は病院内にある震災復興支援放射能対策研究所(佐川文彦理事長)が実施主体になる。当面、月曜日から土曜日に行う。時間は午前9時から午後6時(土曜日は午後1時)まで。日曜日と祝日は休み。問い合わせは同研究所 電話0247(57)5012へ。
(2013/11/29 14:42カテゴリー:福島第一原発事故)
皆様ご存じ、早野龍五氏の名前が出てきました。どうやら、氏はこの装置が大変お気に入りのようで、ツイートでこの装置の中で子供が如何におとなしくできるかを自慢げに発言しています。

子供にこのような検査を受けさせて、笑いが出てくるとはいったいどういう神経なのでしょうか。


私自身は、呆れて声も出ませんが、ご本人はiPadでピアノを弾かせたり、アンパンマンで固めた幼児たちをおとなしくさせるこの工夫に至極ご満悦のようです。日本には731部隊という人体実験集団がありましたし、ナチスドイツにはメンゲレという同じようなことをした人物がいました。
 なぜ、このような年端もいかない子どもたちにこのような検査(一体この装置はいくらしたのでしょうか)をさせて、喜ぶことができるのか。決して許されない行為だと思います。フクシマの子どもたちにお守りと称して、フィルムバッジを持たせているのもまた同じことです。なぜ、この非人道的行為を非難する医療人、マスコミがいないのか。もし、チェルノブイリ事故が起きたときに、ソビエトがフィルムバッジを配ってごまかそうとしていたら、日本のマスコミも医療者たちも決して許さなかったはずなのにです。

 一般人にはとことんケチな日本政府が、このような多額のカネを払ってまでなぜ検査をするか。それは検査をする意味があるからです。もし、なんの健康被害も起きないのなら、こんな検査をするはずがありません。甲状腺のエコー検査も異常が発見されることがわかっているから行っているわけで、このWBC検査は起きた健康被害を放射能が理由ではないと確定させるためだと言えるでしょう。つまり、モルモットになった代償としてこのような検査を無料で受けられるわけです。

「オタクのお子さんは、外部被曝が××mSv。内部被曝は50Bq/body以下ですから、放射能の被害は起きません。現在起きている健康被害はおかあさんが心配させたことによるストレスです」

と平気でご神託を述べることでしょう。そろそろ、目を覚まさなければ本当に殺されますよ。

福島県のテレビでこのBabyscanが特集されていましたので、ご紹介します。


◆関連ブログ
ミスターゼロベクレル 神の手を持つ男2013年03月14日
郡山で行われたガイガーカウンターミーティング(GCM)2012年07月26日

 にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
タグ:WBC 早野龍五
posted by いんちょう at 21:57| Comment(15) | 原子力