2013年12月30日

病理学者の矛盾 杉原芳夫医師の手記(5)

 被曝は、人間に影響を与えるのか。ABCCは与えないと「科学的」に証明していますし、現在ではそう「認められて」います。一方、野村大成先生が発言されたように、「人間だけが放射線に被ばくして、子どもに遺伝的影響が出ないなどあり得ない」と言う意見もあります。

 ところが、被爆者側に立っている医学者たちもまた、被曝によって遺伝性の影響は起こりえない。と発言しています。この質問を受けて、私は大変面食らいました。明らかに自らの主張と矛盾するからです。被曝をしても、一般の人と差異がないのならば、いろいろと手厚く保護する理由はありません。そう考えていましたが、過去4回の手記では全くまともなことを発言されいる杉原氏もまた、全くおなじ主張をしています。前半でABCCはおかしいと発言しながら、被爆者を区別する必要はないとさいごのさいごで発言しています。この文章を読んで、被爆者の健康被害の取り扱いがいかに難しいかを改めて認識してしまいました。
 一般人と健康に差異がなければ、なんの心配もありません。今までの主張の根底を覆すかのような哀しい結末でした。残念です。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ  続きを読む
タグ:杉原芳夫
posted by いんちょう at 19:49| Comment(10) | 原子力

2013年12月29日

「胃ガンなぞを認定していたら金がなんぼあっても足らんよ」 杉原芳夫医師の手記(4)

 原爆症−被曝症状とはなにか。ヒロシマ、ナガサキでは、被爆者の切り捨てに利用され、いままた福島でも被爆者の切り捨てに利用されています。
その言葉はすべて同じ、「××という科学的根拠はない」。科学的根拠がなければ、被曝症とは認めない。それが国の一貫した姿勢です。そして、その科学的根拠とはABCCをよりどころにした、まるで「放射能安全教」ともいうべき宗教と化しています。その教祖はもちろん米国を中心とする核保有国、そして無辜の一般市民を多数被曝させられた日本がその手下となって日本中を洗脳しようとしているわけです。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ  続きを読む
posted by いんちょう at 22:45| Comment(2) | 原子力

2013年12月28日

被曝後、わずか数ヶ月から白血病の発症が見られた 杉原芳夫医師の手記(3)

 白血病−最も有名な放射能に誘発される疾患といっていいでしょう。私自身も原発事故当初から注目し、極々初期からその症例をいくつかブログに紹介してきました。当時は、そのような短期間で起きるはずがない、風評をまきちらすだけだとものすごいバッシングを受け、さらに対応方法などまったく知らなかったものですから、往生しました。

1.30-40代女性・・埼玉?在住。急性骨髄性白血病 2011.8.1診断 8.9死亡
2.2歳のこども・・原発にわりかし近い。急性リンパ性白血病。2011.8.20頃
3.40代男性原発作業員(7日のみ) 急性骨髄性白血病 2011.8.7発症 8.16?死亡
4.23歳 女性 千葉県北西部  急性リンパ性白血病 2011.8.下 診断
5.福島原発30km圏内で野宿し池や川で釣った魚を食べていた阿部洋人さんが急性リンパ白血病で亡くなる 23歳 2011.11.23?死亡
6.急性リンパ性白血病 大塚範一(63)  11/11/6 めざましメインキャスター

 私が見つけただけで、これだけありましたので、恐らく、他にもっともっとあったことでしょう。ただ、事故後半年以内に白血病が起こるかは大いに疑問で、以前勤めていた病院の専門医にききましたところ、「半年足らずで発症することは考えにくい」と回答してもらいました。そして、内部被曝の一人者である肥田先生も下記のように発言していました。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ  続きを読む
posted by いんちょう at 20:39| Comment(7) | 原子力

2013年12月27日

原爆ケロイドを否定するABCC 病理医−杉原芳夫医師の手記(2)

広島に在住の方から、原爆のケロイドは、まるで「溶接」をしたみたいで、全然違うと教えてもらったことがありました。恐らく、こんな感じなのでしょう。
2013122701.jpg2013122702.jpg
原爆投下による資料写真

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ  続きを読む
posted by いんちょう at 20:44| Comment(6) | 原子力

2013年12月26日

原爆投下一ヶ月後の入市でも現れた急性放射線障害 病理医−杉原芳夫医師の手記(1)

原爆、放射能の健康被害で一番おそろしいのは、残留放射能による内部被曝のはず。ところが、内部被曝を隠す論調に、反核のリーダー格とされている人間たちもまた同意しています。最初は不思議だったのですが、これは「職業的」反核運動をするためのバーター取引として、無視しているのではないかと思うようになりました。
 この内部被曝による健康問題の、行き先がフクシマ。内部被曝を認めてしまうと、核兵器自体が使えなくなりますから、世界中の政治権力に齟齬を来すことになります。米国や国連に、フクシマの被曝被害を救済してくださいと陳情することが、いかに愚かなことであるか、もうソロソロ気がつくべきではないかと思います。盗人に、盗人を逮捕するように頼むようなものです。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ  続きを読む
posted by いんちょう at 21:02| Comment(17) | 原子力

2013年12月23日

onodekitaのブログ解説(9)2011年5月分その4

ブログの目次 #86〜90(2013.5.13-5.15)の解説(毎週の定期放送です)

日時 平成25年12月23日(月) 20:00-20:30
場所 onodekita Ustream Channel

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ続きを読む
タグ:ブログ解説
posted by いんちょう at 16:15| Comment(2) | 原子力

2013年12月21日

電気料金があがったのも、給料が下がったのも全部原発が停止したから・・

 当初は、原発が停止すると停電になり、弱者が死亡すると全国民を脅していましたが、原発がとまっても停電などすることないことは、311以降明らかになってしまい、今度は日本国民を脅すのに最も効果的な「電気料金」で揺さぶりをかけてきました。私は、東電に勤めていた関係で、原発が一番高い電源であることはもう、重々承知なのですが、(原発安全神話のウソを告発し続ける東電出身の医師)残念ながら私の発進力がほとんどないために、いまだに火力発電だけだと電気料金が5割増しになるなどと言った、トンデモデマが未だに流れています。私に言わせれば、「単なる運転コストだけなら、原発は安いのかもしれないが、廃炉費用や、高レベル廃棄物処理費用を入れれば高くなる」と言っているグループさえも、御用学者に入ります。原発は、建設当初からコストが高く、総括原価方式でなければ、成立しえない発電方式なのです。なぜ、未だに役所が試算した原発発電コストが大手を振って、報道されているのか私にはさっぱりわかりません。

 従って、原発が止まっているから、電気料金が高くなる、給与が下がると言った記事は全部デマ。それでも天下のマスコミが垂れ流すので、全員が洗脳されてしまっています。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ  続きを読む
タグ:コスト
posted by いんちょう at 23:50| Comment(12) | 日記

2013年12月18日

豪華すぎる東通村と青森県のハコモノ

 原発のカネに手を染めた自治体は、アヘン中毒患者のように後先を考えずに刹那的な享楽のために、カネを欲しがります。私が住んでいた福島県双葉郡では、豪華だと思う施設は見当たらなかったのですが、東通村は全く違いました。昨日のブログでも紹介いたしましたが、写真とともに紹介いたします。

まず、東通村役場
2013121703.jpg


にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ 続きを読む
タグ:交付金
posted by いんちょう at 22:27| Comment(17) | 原子力

2013年12月17日

「原発再稼働は国家的急務」とうそぶく自民党議員は誰か

「国家的××」と言えば、共産圏の国の専売特許かと思っていましたが・・・
自民議連「原発再稼働は国家的急務」12月17日 20時58分

電力の安定供給の推進を目指す自民党の議員連盟は、原子力発電所の再稼働を「国家的急務」としたうえで、政府が、年明けに閣議決定する新しい「エネルギー基本計画」で、原発の新設や増設の必要性を明確にすべきだとする提言をまとめました。

この議員連盟は、原子力発電所の立地地域選出の自民党の国会議員を中心に、およそ140人が加入していて、17日党本部で開いた会合で、電力の安定供給を推進するための提言をまとめました。
提言では、今後のエネルギー政策について、化石燃料費の増大が経済に与える影響や、化石燃料の使用量の増加による地球温暖化への影響などを考えれば、「原発の再稼働は国家的急務だ」としたうえで、原子力規制委員会に対し、原発の安全性を確認する手続きを効率的かつ迅速に行うよう求めています。
また、政府が年明けに閣議決定する新しい「エネルギー基本計画」では、原子力発電が将来にわたって必要であることを明記し、原発の新設や増設の必要性を明確にすべきだとしています。
議員連盟は、こうした提言を、近く、政府に提出することにしています。
まあ、日本は一応は自由と民主主義の国ですから、このような提言自体に文句を言うのは間違えています。大事なのはこんなバカげた議連に誰が参加しているかです。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ  続きを読む
タグ:自民党 議連
posted by いんちょう at 22:31| Comment(17) | 原子力

2013年12月16日

onodekitaのブログ解説(8)2011年5月分その3

ブログの目次 #78〜85(2013.5.7-5.12)の解説(毎週の定期放送です)

日時 平成25年12月16日(月) 20:00-20:30
場所 onodekita Ustream Channel

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ  続きを読む
タグ:ブログ解説
posted by いんちょう at 11:00| Comment(1) | 原子力

2013年12月15日

若手アニメ作画監督(39歳)が脳梗塞で急逝

諸般の事情により、このブログ記事は削除いたします。
一度、削除しておりましたが、ツイッターの著作権について調べました
Twitter サービス利用規約
1.基本条件
ユーザーは、本サービスの利用、投稿したコンテンツのすべておよびこれらによって引き起こされる結果のすべてについて責任を負います。ユーザーが送信、投稿または表示するコンテンツは、本サービスの他の利用者によって閲覧可能となり、かつ、他社のサービスやウェブサイトを通じても閲覧可能になります(アカウント設定のページでご自身のコンテンツを閲覧できる者を管理することができます)。提供するコンテンツは、本規約に基づいて他の人たちと共有して差し支えないものに限定してください。

8.コンテンツおよび本サービスの利用に対する制限
コンテンツまたは本サービスの複製、修正、これに基づいた二次的著作物の作成、配布、販売、移転、公表、実演、送信、または他の形での使用を望む場合には、本サービス、本規約またはdev.twitter.comの定めにより認められる場合を除いて、Twitter APIを使用しなければなりません。


ヒント:当社では、コンテンツの幅広い再使用を奨励および容認しており、Twitter APIはこのために提供しています。


Twitter APIを利用している限り、著作権の侵害とはなり得ませんので、再度掲載させていただくことにしました。(2014.1.6)

若手アニメ作画監督(39歳)が脳梗塞で急逝Posted 12月 13th 2013
若手のアニメ作画監督の草苅大介氏が亡くなったとのこと。39歳。
2013122104.jpg
自己紹介
キャッチフレーズ
アニメの作監、演出、パチンコ、パチスロのアートディレクター等をやってます。
紹介文
訪問ありがとうございます(o_ _)o))
福島県いわき市出身
高校卒業までの18年間いわきで過ごし、上京。
現在は東京都内でアニメの作画監督、演出やパチンコ、パチスロのアートディレクター等の仕事をしています。
東京暮らしは既にいわきで過ごした年数を超えてしまいましたが、心は常にいわき人。
死ぬまでは一生懸命生きるをモットーに日々精進しています。
ゲーム好き(特にモンハン、格ゲー)の方、ダーツ好きの方、韓流好きの方 是非お声をかけてください(^^)
よろしくお願いします。
自慢できること
ダーツ経験3ヶ月で大会3位、韓国語が話せる(ちょっとだけ)


続きを読む
タグ:P
posted by いんちょう at 22:00| Comment(124) | 原子力

2013年12月14日

必要性が全くなかった広域がれき処理

 東日本大震災を引き金に津波が起き、そして原発事故が起きました。震災がれきが放射の汚染されてしまったことは明らかで、当初より広域処理を目指していた政府に対して、このブログでも2011年5月から、日本列島全体が汚染列島へ☆☆☆☆☆として、その危険性を告知してきました。(当時は神奈川が最初に手を上げ、あやうく押し切られるところを地域のお母さん達の力で、ストップさせることができました)そのような状況であるにもかかわらず、放射能の知見を全く持たない環境省は、日本全国に「絆」という名目で拡散を意図。がれきを受け入れるのが「正しい、お互い様」の日本人で、拒否する人間は「非国民」扱いされかかるありさま。そして、なかなか進まない広域がれき処理に対して、細野トップとする環境省が通常あり得ないほどの大金をはたいて、プロパガンダをはり、1000キロ以上離れた北九州まで単なるゴミを運んで、もやすという前代未聞の税金の無駄遣い、そして環境汚染まで。
 そして、その名目はがれきが片付けば、被災地の復興の大半は終わるという、全く根拠のないデマに基づくものでした。こちらで、環境省事務次官とのやりとりを紹介しています。がれきを処分して欲しいというのは、被災地ではなく環境省、および産廃業者の利権にすぎないことは、このやりとりを見ていただいただけでもすぐにわかるでしょう。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ  
続きを読む
タグ:がれき
posted by いんちょう at 17:51| Comment(12) | 原子力

2013年12月13日

綺麗に除染が完了した3号機周囲

 東京電力が先日発表した建屋周囲のサーベイマップ
2013121301.jpg
どこも大きく、低減していますが、特に驚くのは3号機周囲。2012.3.23 2013.6.4
2013121302.jpg2013121303.jpg

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ ⇒ 続きを読む
タグ:1F
posted by いんちょう at 20:29| Comment(4) | 原子力

2013年12月11日

安倍の作る「うつくしいくに」の正体−「積極的平和主義」(空母建造)

 国家のために必要な秘密保護法を無理矢理通した当然の結果として安倍内閣の支持率が低下しました。そもそも、米国と連携するために必要だと無理矢理年内に法律を作ったにもかかわらず、その米国からも、
 成立にあたり、日本国内で反発が強いまま強行採決に至ったことについて、「同盟関係の根幹には表現の自由、報道の自由という普遍的な価値観の共有がある」と述べ、「知る権利」に十分配慮する必要があるとの認識も示しています。
特定秘密保護法成立、米・国務省が歓迎

そもそも、外国が諸手を挙げて歓迎するようなことは、自国にとってはメリットがないことであるのは明らかです。それが外交の常識でしょう。日本では、米国の歓心を買うことしか考えていないようですが。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ 続きを読む
タグ:戦争 安倍
posted by いんちょう at 23:03| Comment(21) | 原子力

2013年12月09日

onodekitaのブログ解説(7)2011年5月分その2

ブログの目次 #72〜(2013.5.5-)の解説(毎週の定期放送です)

日時 平成25年12月7日(月) 20:00-20:30
場所 onodekita Ustream Channel
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ     動画を見る
タグ:ブログ解説
posted by いんちょう at 11:10| Comment(3) | 原子力

2013年12月07日

東電発表−1号機主排気筒から毎時25シーベルト 高線量発見から2年後の発表

東電が1,2号機主排気筒に高線量の部位があると、2年ぶりに情報を出してきました。
20分未満で死亡…過去最高、屋外設備で放射線
2013120701.jpg
福島第一原発で、放射線量が毎時25シーベルトに上ると推計された配管(写真中央の少し右下で、上から下りてきた細い配管が右へ曲がる部分)=東京電力提供

 東京電力は6日、福島第一原子力発電所の屋外にある設備「主排気筒」の下部で、配管表面の放射線量が毎時約25シーベルトに上ると発表した。

 周辺の計測値から推計したもので、屋外の放射線量としては過去最高値。人が浴びると20分足らずで死に至る強さだ。事故時に1号機の格納容器から強制排気(ベント)を行った際、排気中の放射性物質が配管内に残った可能性があるという。東電は今後、主排気筒や配管の撤去などを検討するが、「非常に高い線量で、新しい工法が必要になるかもしれない」という。(2013年12月7日01時56分 読売新聞)


 さも今わかったかのように書いていますが、この情報はもう2年も前から東電自らが
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ   続きを読む
タグ:1F 排気筒
posted by いんちょう at 22:55| Comment(9) | 原子力

2013年12月04日

隠蔽されてきた原発破損燃料−破損燃料の実態は誰も知らない

 4号機の燃料を取り出し始めてから、東電が4号機には破損燃料が3本あると後出しじゃんけんのごとく出してきました。 破損燃料は、技術の完成していない原発では避けられない不具合であり、こういったことがあるからこそ、燃料は次々と進歩してきたのです。不具合がなければ、変える必要などないのですから。
2013120401.jpg

 では、一体どれほどの破損燃料があったのか

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ    続きを読む
タグ:破損 原発
posted by いんちょう at 21:51| Comment(6) | 原子力

2013年12月02日

onodekitaのブログ解説(6)2011年5月分その1

ブログの目次 #66〜71(2013.5.2-5.3)の解説(毎週の定期放送です)

日時 平成25年12月2日(月) 20:00-20:30
場所 onodekita Ustream Channel

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ    続きを読む
タグ:ブログ解説
posted by いんちょう at 11:46| Comment(0) | 原子力

2013年12月01日

「オーストラリアの核開発の実態」核実験と核汚染(動画)

オーストラリアの核汚染については、今まで何度かブログにさせていただきました。
赤ちゃんの骨でストロンチウム計測(1)−英米の恐るべき人体実験2013年09月15日
赤ちゃんの骨でストロンチウム計測(2)−オーストラリアの人体実験2013年09月16日
赤ちゃんの骨でストロンチウム計測(3)−米英の新聞記事と簡易年表2013年09月16日
オーストラリア(南半球)の核汚染2013年10月04日

 オーストラリアの核開発、アトミックソルジャーの動画邦訳を作成していただきましたので、紹介させていただきます。

 にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ続きを読む
posted by いんちょう at 21:06| Comment(7) | 原子力