2016年12月12日

1412.チェルノブイリ200トン、フクシマ600トン 溶融燃料の始末

2016121201.jpg・先日チェルノブイリで、新しい石棺が1800億円もの巨費を書けて完成。彼らは、溶融燃料を取り出す技術がなく、また引き受け手がないことも十分わかった上で現実的な解決策を探っている。
・フクシマは、2号機だけで200トン(チェルノブイリと同じ)の溶融燃料が存在していることを公式に認めているにもかかわらず、いまだに3年後に取り出し、自治体は他県に持ち出せと現実を全く無視した「計画」を勧めている。
・チェルノブイリの始末の動画を見れば、フクシマがそれ以上に大変なことは直ちにわかるはず。今の世の中がまだまだ平和だったと感じる時代がやってくるであろう。

続きを読む
posted by いんちょう at 21:00| Comment(5) | 原子力