2017年03月09日

1425.2号機格納容器の530Svは火力発電所の火の上と同じ−開沼博

2017030901.jpg 御用学者として、ご活躍になっている開沼博氏がまたも、超弩級の発言をしている。

 題名からして香ばしい臭いのする次の記事から

数十秒で死ぬ場所? 福島第一原発内のローソンは「生茶」も「うまい棒」も買える
特集「被災地、東北の今」第5回 2017.3.9 清水俊宏

「530シーベルトと言われて怖がる人が多い。2号機の格納容器内部へ行けば、高い放射線量ですよ。そりゃあ、『横に行けば数秒で死ぬわ』と思います。火力発電所の火の上に30秒いれば死にますよね。それと同じです


原発と火力発電所の仕組みは同じという話を聞いたことはあったが、530Svの放射能と火力発電所の火を平気で比較するとは本当に驚き以外の何物でもない。確かに両方死ぬのはたしかであるが、火は簡単に消せるのに対して、原子の火は消せないし、被曝をする。遠くから火に当たっていても身体が温まるだけだが、放射能を遠くから浴びたら、少量でも人体に影響が出てくる。
 いや、そもそも人類が大昔から使用している火と放射能を恥ずかしげもなく比較するとは、その発想は理系の人間には思いつかない。なぜ、こんな発言を平気でする人物が、福島の「救世主」の様にあがめられるのだろうか。
 また、この人物が教鞭を執る立命館大学。本当に大丈夫か。

「心頭滅却すれば、放射能もまた 恐るるに足らず」

 こんなことを言われて喜ぶ人がいるのだろうか・・・

■関連ブログ
2017年02月06日
1422.2号機格納容器下部で検出された毎時530Svの放射能とは
1345.「放射能の被害の大半はわかっている」と主張する竜田一人氏の主張2015年12月28日

  
タグ:開沼博
posted by いんちょう at 19:55| Comment(7) | 原子力