2017年03月28日

1426.1号機格納容器内の水中で11Sv/hの線量を観測

号機、水中で毎時11シーベルト…格納容器内
2017年03月21日 20時13分 特集 福島原発

 東京電力は21日、福島第一原子力発電所1号機のロボット調査で、原子炉格納容器の底から約30センチの高さの水中で放射線量が毎時11シーベルトあったと発表した。

 周囲に溶融燃料は確認できず、格納容器内が広範囲に汚染されていることが分かった。

 水は放射線を遮る効果が高いことから、東電は「格納容器底部の線量は、おおむね毎時数十シーベルトとみられる」と分析している。また、格納容器内の金網状の作業床の上でも、人が20分間ほどで死亡する恐れがある毎時12シーベルトに達していた。


調査した場所は格納容器の中ではあるが、原子炉容器の真下ではない。運転中でないかぎり高くても毎時数ミリシーベルトである−1号機は度重なる燃料破損のため、かなり汚染していた−
2017032801.JPG

 正直これだけの値が水中で出ていることに驚く。水中にも核燃料が浮遊していることを示す証拠である。いったいどれだけの放射能が含まれているのか、想像するだに恐ろしい世界だ。

2017年3月19日 1号機PCV内部調査進捗(18日調査速報)(PDF 892KB)
2017年3月21日 1号機PCV内部調査進捗 〜19日・20日調査速報〜 (PDF 2.88MB)
2017年3月22日 1号機PCV内部調査進捗(21日調査速報)(PDF 0.97MB)
2017年3月23日 1号機PCV内部調査進捗(22日調査速報)(PDF 1.17MB)

 なお、事故当初には、1000mSv/hr(1Sv/hr)の汚染でも大騒ぎになっていたことは指摘しておきたい。
2号機 たまり水1000ミリシーベルト超
東電 「1000万倍」の発表訂正 2011年3月28日(月)「しんぶん赤旗」
 東京電力は27日、東日本大震災で深刻な状況が続く福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)2号機のタービン建屋地下にあるたまり水の表面で26日測定した放射線量は1時間当たり1000ミリシーベルト以上だったと発表しました。今回の事故で引き上げられた作業員の被ばく限度250ミリシーベルトを15分足らずで上回ってしまう強さです。測定者は大量被ばくを防ぐため、途中で作業を中止し退避したといいます。


 この線量を低下させるすべはなく、少なくとも数十年〜数百年にわたり放置せざるを得ないのが実態なのである。溶融核燃料を放置したままの「復興」−できるはずがない。

 事故当初に1号機格納容器内の線量が100Sv/hrを越える表示を示した。東電は「計器故障」と評価していたが、実際に100Sv/hrを越えていたのは、今回の調査からも明らかとなった。

 このような調査は実際の事故収束には何の役にも立たず、単なる研究者の好奇心を満たすものにすぎない。

■関連ブログ
つながってきた点と点(2号機 1000mSv/hr汚染水)2011年05月25日

 
タグ:1F-1
posted by いんちょう at 21:09| Comment(7) | 原子力