2017年05月23日

1434.2号機の格納容器下部は線量が高すぎて、ロボットさえ使用できない。

2号機の格納容器をちんけなロボットで捜索して、廃炉に道筋をつけるという当初のもくろみが脆くも崩れ去って、3ヶ月。ついに国は、ロボットでの探索をあきらめてしまった。
ロボット動かず断念 メルトダウンの格納容器内(2017/05/23 07:02)
 東京電力は福島第一原発2号機の原子炉内部について、ロボットによる調査を断念し、先端にカメラの付いたパイプで行うことを明らかにしました。
 東電は、2月に核燃料がメルトダウンした2号機の格納容器内部の様子を調べるためにロボットを投入しましたが、1時間ほどで前に進めなくなり、目的を達成できずに調査を終えました。その後、再調査を検討していましたが、原子力規制委員会との会合で、ロボットを使った調査を断念し、今年度中にも「ガイドパイプ」と呼ばれる先端にカメラの付いたパイプを内部に入れて状況を調べることを明らかにしました。ガイドパイプはロボットを投入する前の事前調査で使っていましたが、今後はより長くしたものを使うということです。

 2号機の格納容器内部は530Sv/hrであり、人間どころか、ロボットさえもまともに動作させら無いことを原子力規制委員会とともに認めざるを得なかったと言うことである。棒の先にカメラをつけてそれを遠くから操作して、いったい何がわかるというのだろうか。そのカメラさえも、おそらく数時間で使い物にならなくなるのは容易に想像がつく。結局何もできないというのが実際のところで、現場の人間はみんなわかっていることであろう。司令部が調べろと言うから、調べているだけで、失敗して「やっぱりね」というのが、原子力村が昔から得意とする手法なのである。

 そういえば、2号機格納容器の530Svは火力発電所の火の上と同じと述べた社会科学者がいたが、今回もまた、火力発電所の火の上ではロボットも燃えてしまうから同じだと発言しそうだ。火力の火は簡単に止められるが、原子力の火は人間には止められないことも知らないとは正直驚きである。まあ、物理を何一つ知らない物理学者達が、放射能は安全、この程度の爆発でプルトニウムなどの重い元素が外に飛び出るはずがない などと発言しているところを見ると、これが日本の科学界、言論界の実力なのであろう。いやはや。

■関連ブログ
1425.2号機格納容器の530Svは火力発電所の火の上と同じ−開沼博2017年03月09日
1422.2号機格納容器下部で検出された毎時530Svの放射能とは2017年02月06日

  
タグ:1F-2
posted by いんちょう at 20:59| Comment(0) | 原子力

2017年05月22日

1433.東京に住む若い女性も「座る」「立つ」「歩く」などができなくなってきている

 大都会東京は、大部分の人にとっては徒歩の街である。駅まで徒歩数分は珍しく、5〜10分は当たり前。駅についても、10両編成以上の列車が止まる長い長いホームを歩き、乗り換えでもエスカレーターを駆使しながら5分程度歩き、職場の最寄り駅についても5分以上は普通歩く。遊びに行くにも買い物に行くにもひたすら歩き、並んで、生活しなければなりません。
 熊本くらい田舎になってしまうと、交通網があまり発達していないので、どうしても車がなければ生活できない。勢い家を出てから車庫の車まで数百歩、スーパーの駐車場に止めてから買い物すべてを済ませて1000歩足らず。1日2000歩も歩かない女性もたくさんみかける。
 都会に住む人たち(重役を除く)は運動不足になるはずがないが実情。ところが・・・

続きを読む
posted by いんちょう at 19:46| Comment(5) | 原子力

2017年05月08日

1432.フリースタイルリブレ 中間報告(2)

前回の続きです。

5月1日
朝 写真なし(玄米+味噌汁+副菜)


2017050801.jpg


2017050802.JPG

2017050604.JPG
 昼はいつもとそれほど変わらないのに、250mg/dl近くまで上昇。前日の暴食が影響しているのではないかと思われる。

続きを読む
posted by いんちょう at 20:46| Comment(4) | 糖尿病

2017年05月06日

1431.フリースタイルリブレ 中間報告(1)

1429.血糖連続測定装置−フリースタイルリブレの紹介で紹介しました血糖測定状況について、中間レポートします。

 フリースタイルリブレ

・Abottが販売している非接触式の血糖連続測定装置
・本体、センサーともに7000円強(保険対象外)でセンサー部は2週間連続着用できる

です。服の上から(オーバーなどを着ていても)も簡単に測定できますので大変便利ですが、2週間連続着用し続けていると皮膚がかゆくなったり、かぶれたりする人もいるかもしれません。現在7日目が経過していますが、時々皮膚がかゆくなることがあります。お風呂に入ったり、着衣の時も日常生活に支障は全くありません。しかしながら、皮膚に装着しているわけで、お風呂でごしごしこすったり、少し袖口の狭い服を着たり脱いだりするときに(装着していること自体を忘れてしまっていて)危うく取れそうになったりしたことが、何度かあります。


続きを読む
posted by いんちょう at 21:50| Comment(1) | 糖尿病

2017年05月02日

1430.高汚染地帯−浪江−で森林火災。チェルノブイリの時は、あの産経も危険を指摘

2017050202.JPG 福島県浪江の帰還困難区域(300万Bq/m2以上)で、火災が発生。
避難区域の火災収まらず 福島、山林20ヘクタール焼く
2017.5.1 18:41 産経ニュース
 東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域になっている福島県浪江町の国有林で発生した火災で、県や陸上自衛隊は1日、消火活動を再開したものの鎮火できず、約20ヘクタールが燃えた。けが人はいない。
・・
 帰還困難区域は比較的放射線量が高い区域。現場周辺の放射線量に大きな変化はない。

 放射能汚染されている地域で火災が起きても、日本のマスコミ各社はなんの問題ないと配信している。

続きを読む
posted by いんちょう at 20:24| Comment(7) | 原子力

2017年05月01日

1429.血糖連続測定装置−フリースタイルリブレの紹介

2017050109.jpg 糖尿病の治療で一番大事なのが血糖コントロールです。
血糖の状況を把握するために、

・採血したときの血糖
・直近1〜2ヶ月の平均の血糖値を示すと言われるHbA1c(ヘモグロビン エイワンシー)

で、臨床医は患者さんの糖尿病コントロールを把握しています。糖尿病が進行して、インスリン自己注射が必要になった場合には、食前、食後に指を穿刺して、血糖を測定します(自己血糖測定)。そうやって長年、治療方針を決めていました。

 一方、インスリンが自己分泌できない1型糖尿病の方に

・血糖連続測定+インスリン持続注入

療法が開発され、主に大病院でその有効性が確かめられていました。その血糖連続措定装置が、一般の人にも十分手が届く価格で販売されるようになりました。(保険診療ではありません)試しに購入してみましたので、レポートします。続きを読む
posted by いんちょう at 21:55| Comment(2) | 糖尿病