2017年10月09日

1439.希望の党の「原発ゼロ」は「やる気ゼロ」

2017100902.jpg 「原発ゼロ」で小泉首相と会談を行った希望の党の小池百合子氏。当初の報道は、次の通りでした。


小池氏 新党代表に 「原発ゼロ」「改憲」掲げる 2017年9月26日 東京新聞朝刊
 小池百合子東京都知事は会見で、自身に近い若狭勝衆院議員らが新党結成を目指して協議してきたことに触れ「これをリセットして、私が立ち上げる。直接絡んでいきたい」と明言。党名は小池氏の政治塾「希望の塾」からの引用だと説明し、新党の顔として衆院選に全面関与していく姿勢を鮮明にした。次の衆院選に出馬しない考えも示した。

 小池氏は新党の理念も発表し(1)希望の政治(2)希望を守る環境・エネルギー(3)憲法改正−など提示。具体策に「原発ゼロ」を明記し「ゼロを目指す工程を作成しなければならない」と強調した。会見後、原発ゼロを訴える小泉純一郎元首相と会い、激励されたことも記者団に明らかにした。
 原発ゼロで有名で、かつ自分の師匠とも言って良い小泉と会った上で、「原発ゼロ」を高らかに宣言したのですから、私自身もこれで選挙の構図が変わってきたと大変うれしく思いました。

 ところが、ここから二転三転します。

続きを読む
タグ:希望の党
posted by いんちょう at 20:47| Comment(5) | 原子力