2020年03月10日

なぜ、日本政府は新型肺炎のPCR検査を制限するのか

 新型肺炎の影響が、日本の隅々、いや世界全体に広がってきました。いつもは満員の東海道新幹線はガラガラ、ヨーロッパの定期便もガラガラ、道路を走っている車もかなり減少し、予約を取るのさえ難しい外食産業も簡単にとれるようになってしまいました。リーマンショック云々と比較している経済界の「専門家」がたくさんいるようですが、比較できないくらい壊滅的な被害が及んでいるようです。おそらく、今後の推移を的確に予想できる人は誰も居ないでしょう。

 日本でも、やり過ぎと言われながら急に3月2日に全国の学校が休校となってしまいました。あまりにも急すぎて、また休校だけではなく外出自粛も(当然ですが)されているため、お子さんが欲求不満になって苦労されている家庭も多いことでしょう。その成果でしょうか、なんと日本だけ、新型肺炎の爆発的な感染が抑えられています
2020031001.jpg

しかしながら、都市を閉鎖したわけではなく、相変わらずコンサートはある程度行われていますし、満員電車はいつも通り(少し減ってはいるようですが)。。どうしてこんなことに起きるのか。こんな政府の「統計」を信じるようでは、とても専門家とはいえません。感染患者を増やさないためにはどうしたらよいか。日本のとった対応は「検査をしない」です。韓国・ドイツではドライブスルーで検査の母胎をどんどん増やしているのにです。ツイッターを見ると決して、誇張ではないことがわかるでしょう。

では、なぜ日本政府は検査制限をしているのでしょうか。


続きを読む
タグ:新型肺炎
posted by いんちょう at 18:55| Comment(2) | 新型肺炎