2020年03月12日

日本医師会には患者・医師に寄り添い実現可能な知恵を出してほしい

 日本だけ感染者が増えないおかしさを昨日指摘いたしました。医師の間では有名なm3.comの掲示板をのぞいてみますと、そのおかしさを指摘する人はほとんどおらず、この調子でがんばっていきましょうという論調が多いようです。その一方で、どうやっても検査されないという嘆きも見ます。
 そもそも簡単に検査ができる新型肺炎のPCR検査をせずに、ありとあらゆる可能性を否定してもなかなか検査さえしてもらえないという現場医師の嘆きがあります。

Vol.050 新型コロナウイルス、”持ちこたえている”という評価の中で現実に起きていること
医療ガバナンス学会 (2020年3月12日 06:00)
先月末、20代の生来健康な女性が発熱と咳で来院されました。症状は通常の上気道炎と思われましたが、現在の状況を鑑み念のため胸部レントゲンを施行。肺炎像がないことを確認し、内服薬で帰宅といたしました。3月7日土曜日、症状が改善しないため来院されました。非常勤医が対応しましたが、増悪所見がないことからいったん経過観察とし、改善がなければ再度来院を指示いたしました。本日、37.8度の発熱が下がらないことを主訴に来院されました。症状は乾性咳嗽と発熱、だるさ。レントゲンを再度施行し肺炎像がないことを確認いたしました。採血では白血球数に異常なく、Hb9.0の小球性貧血を認めだるさはこちらからくるものかもしれないと考えられました。しかしながら、37度後半の熱が、およそ10日間続いていることから帰国者・接触者センターに相談の電話をし、PCRを念のために施行していただきたい旨を伝えました。
返答は
1.緊急性がないようであれば、今日は5時で業務が終わっている。
2.明日になっても症状の改善がないようであれば、医師の方から保健所に連絡をして、支持を仰いでほしい。本人が保健所に電話をしても、検査はしてもらえない。


検査が非常に困難であればその通りですが、防御さえすれば−難しいのですが−比較的簡単に採取は可能です。それをわざわざ医療機関全体を暴露するような検査をしてもなかなかPCR検査をしないというのは、もはや本末転倒です。今までの感染防御の考えで、まず重篤で感染性の高い疾患を除外した上で、いろいろ検査します。まず、PCR検査をして陰性ならば、胸部レントゲンなどをとってしらべていくわけです。ところが、その真逆なのですから、私としては全く納得がいきません。医師会はPCR検査を拒否された事例をアンケート調査していましたので、患者と医師の味方と考えていましたが、実態は違いました。

続きを読む
posted by いんちょう at 21:46| Comment(3) | 新型肺炎