2020年03月15日

関東軍大将 橋下徹の戦況把握はどうか。その行動の理由

 大日本帝国が泥沼の太平洋戦争にめり込むきっかけとなったのは、シナ事変→満州事変と本国政府の命令を聞くことなく暴走し続けた関東軍の存在があったことは言うまでもありません。関東軍自身は、内閣に大臣を出している訳ではありませんでしたが、陸軍大臣を通じて内閣に多大な影響を与えていたことは確かです。太平洋戦争の時も最後の最後まで、玉音放送を妨害しようとしてまで、戦争を続けようとしていました。

 今回の新型肺炎への対応は、諸外国と全く反対に検査をせずに隠蔽し、見かけ上の陽性患者数をへらし、人心を安定させようとするのが大本営の基本作戦であることは今まで指摘してきました。いろいろな人がいろんな発言をしますので、政策立案を立てている中枢にいる人は誰か、いまいちはっきりしませんでしたが、例の唐突な学校休校で、維新の陰がちらついてきたことを前回説明いたしました。

維新の母体は大阪で、内閣総理大臣とは、改憲と都構想で持ちつ持たれつの関係にありますから、まさに現代の関東軍と言ってもおかしくありません。その総大将は、皆様ご存じのこの人物

続きを読む
posted by いんちょう at 10:53| Comment(3) | 新型肺炎

新型肺炎他のツイキャス(音声のみ)1時間

先週より、ツイキャス再開いたしました。(先週分の公開はありません)
現状分析、経済分析などをテキトーに話しております。暇つぶしにどうぞ

posted by いんちょう at 07:09| Comment(1) | 新型肺炎