2020年03月17日

敵前逃亡した医師に未来はあるのか

 戦争で負傷することを恐れて、大将が敵前から逃げ出すと、もうその軍隊は機能しなくなります。「王」と呼ばれて、軍隊を率いる責任のある人物は、困難に当たった場合は、正面に立たなければならないのは常識だと思っていました。
 今回のコロナ肺炎で、みんなが頼りにするのは医療であり、特に診断・治療をする医師であることは間違いありません。この疾患は、感染力が非常に強く、また感染者の10%程度に重篤な肺炎を起こすことから、隔離と重篤者には治療が大事で、そのとおりに中国、韓国ほか先進国は国を挙げての総力戦を行っています。日本はといえば、大物政治家が公然と「できるかぎり検査は絞れ」といい、「医療資源の無駄遣いだ」というタレントどころか医師まで大勢います。そして、感染の危険性から、医師会までもコロナ肺炎の検査どころか、「インフルエンザの検査も控えるように」と言い始めています。日本の医療はその結果、次のようなことになっています。

全く笑えませんね。その通りなんですから。まあ、私でしたら、インフルエンザははやっていないので、まず違うと思いますとは説明すると思います。

続きを読む
posted by いんちょう at 21:13| Comment(3) | 新型肺炎