2020年03月22日

PCR検査不要論が引き起こしている不幸

 検査不要論を唱える人物がだんだんと明らかになってきました。

塚崎 公義
久留米大学商学部教授. 1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行
2020032208.JPG

新型コロナの軽症者が検査を受けるリスクはメリットより大きい
検査を受けないでウイルスを撒き散らすリスクより大きなリスクあり

筆者が検査を受けないと、仮に1万分の1の確率で筆者が罹患していた場合に周囲にウイルスを撒き散らす可能性があります。したがって、「道徳的に考えて、他人に迷惑をかけないために検査を受けるべきだ」という考え方があり得ます。

しかし、筆者が検査を受けることで、それ以上の迷惑を他人にかける可能性が高いのです。

まず、検査には人手がかかります。1億人を検査するには長い時間がかかるでしょう。そうであれば、重症者を先に検査し、余裕があれば軽症者を、それでも余裕があれば無症状者を検査する、という順番を付ける必要があります。

次に、仮に陽性が出た場合に隔離するということになると、100万人分の隔離施設が必要になりますが、日本には隔離施設がそれほど多くないはずです。そうであれば、重症者から先に隔離して治療すべきでしょう。

重症者の隔離と治療を行って、余裕がある場合に初めて軽症者の検査と隔離と治療を行う、という順番が必要です。最初に軽症者が検査を受け、隔離されてしまって重症者が検査や隔離や治療が受けられない、などということにならないようにしたいものです。

軽症者は自宅待機ということであれば、隔離施設が不足することはないかもしれませんが、それでも「多分本当は罹患していないにもかかわらず、周囲に多大な迷惑と心配をかける」ことになるわけで、やはりお勧めはできませんね。


この結果、大分での爆発的な院内感染です
続きを読む
posted by いんちょう at 09:52| Comment(3) | 新型肺炎

根拠のない楽観論で戦線拡大する感染症専門家たち

 ヨーロッパ、米国が「集団免疫」なるある意味カルト的な戦法から、検査、隔離に舵を切りました。ところが、日本では北海道が非常事態宣言を終了し、東京では花見客がどっと押し寄せ、宝塚ではもう観劇が始まろうとしています。いったいこの違いはどこから出てくるのか。政治家が無能であることは論を待ちませんが、専門家であるはずの日本の感染症学会が現場を知らず、あまりにも楽観的な考えを持っているためだろうと思います。PCR検査をするなって言っているのもこのグループです。
 根拠のない楽観的見通しで戦争をどんどんと勧めていった関東軍、陸軍と全く同じです。

まず、今年の感染症学会
2020032201.JPG2020032202.JPG
2020年4月16日〜4月18日まで、東京のグランドニッコーで執り行われるようです。確かに重要な学会ではあると思いますが、あまりにも危機感がない、そして決定が甘いと思われます。いっぺんに感染症専門医が罹患したら、それこそ大変な事態に陥りますが、まあこの時期にこんな学会に参加するような医師は(自粛)・・・・


続きを読む
posted by いんちょう at 05:55| Comment(0) | 新型肺炎