2020年04月06日

外堀を埋められて「緊急事態宣言」

 ついに明日、緊急事態宣言が発令されることになりました。
緊急事態宣言、7日発令=1カ月程度、7都府県
 2020/04/06 19:40
 東京都内などでの新型コロナウイルスの感染者急増を受け安倍晋三首相は6日、改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を7日に発令する方針を表明した。実施期間は1カ月程度。東京など状況が深刻な7都府県が対象となり、一定の私権制限が可能となる。感染症専門家や弁護士でつくる「基本的対処方針等諮問委員会」の議論などを経て、正式に発令する。

 同法に基づく緊急事態宣言は初めて。首相は当初、経済的な打撃への懸念から宣言に慎重だったが、東京都などの医療体制が逼迫(ひっぱく)してきたことから、発令は不可避と判断した。東京のほか、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡の6府県が対象となる。

東京都で5日に140人以上の感染者が新たに確認されるなど、大都市部での感染者が急増。小池百合子都知事は「国家としての決断が求められる」と首相に宣言発令を迫っていた。首相は7日に衆参両院の議院運営委員会に出席し、発令について国会に事前報告する。 


 決断力のない「危機管理」内閣が、ようやく決断をするようですが、これは、もう外堀を埋められてしまって、もはや仕方なく発令したことは、これまでの経緯を知っている人には明らかです。

続きを読む
posted by いんちょう at 20:47| Comment(3) | 新型肺炎