2020年04月09日

2020年4月9日ツイキャス

毎日、21時よりツイキャスしています

posted by いんちょう at 23:59| Comment(0) | 新型肺炎

無症候者でもコロナウイルスを排出する

 ようやくPCR検査の件数を増やす動きが出てきました。1日2万件では出遅れをとりもどません。1日10-100万件を目指して、体制を構築する必要があります。ようやく、そのことに対する民間に対する補助も出てきました。

新型コロナ疑い患者の外来診療で【院内トリアージ実施料】、新型コロナ感染患者の入院医療で【救急医療管理加算】等の算定認める―中医協総会
2020.4.8.(水)
新型コロナウイルス感染症への医療提供を診療報酬でもサポートするために、外来で新型コロナウイルス感染患者または感染疑い患者を診療した場合には、施設基準を満たしていなくともB001−2−5【院内トリアージ実施料】(1回300点)の算定を可能とする。その際、院内感染防止等に留意した対応が求められる―。
1回3000円は、通常の初診料よりも高い加算で、この補助があれば防護服もペイすると思います。PCR検査自体はすでに保険点数がついていますから、あとは保健所が手を引いてくれさえすれば、検査件数は激増するでしょう。ただし、軽症者用のベッド確保は必要です。

【新型コロナ】軽症者はホテルで対応 熊本県、借り上げ先公募
2020/4/9 11:00 (JST)コピーライトマーク株式会社熊本日日新聞社
 熊本県は8日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、県内で感染がまん延する事態に備え、軽症者を受け入れるホテルや旅館を事前に確保すると明らかにした。公募で1棟ごとに借り上げる。県内で感染者が急増した場合でも、医療機関が重症者の治療に重点を置ける環境整備が狙い。

 終了後に記者会見した蒲島郁夫知事は「軽症者の受け入れ施設を確保できれば、医療態勢を安定化できる」と強調した。9〜16日に募集し、地域バランスなどを考慮して決める。50室以上の部屋数と室内にバス・トイレを備えていることが条件。
検査増強とこの軽症者用の施設はセットで行う必要があります。

続きを読む
posted by いんちょう at 17:44| Comment(2) | 新型肺炎