2020年04月18日

2020年4月18日(土)ツイキャス

毎日、21時よりツイキャスしています

posted by いんちょう at 23:59| Comment(0) | 新型肺炎

神奈川県が最新鋭の検体ブース採用

 神奈川県が、コロナ採取で最も合理的な検体採取ブースを採用しました。

2020041801.jpg


<新型コロナ>PCR検体採取場、開設へ 1日に40人検査可能 市民対象 横須賀市
2020年4月18日
 新型コロナウイルスの検査態勢を強化して医療崩壊を防ごうと、横須賀市は十七日、早ければ二十二日にも市救急医療センター(新港町)の駐車場にPCR検査の検体採取を行う「市PCRセンター」を開設すると発表した。検体採取専門の外来設置は県内初という。

 市によると、検査を受けられるのは市内在住者で、市保健所内の「帰国者・接触者相談センター」=電046(822)4308=が必要と判断した人。予約制で、一日約四十人を検査できる。市医師会と三浦半島病院会が派遣する医師が診療し、看護師と検査技師が検査する。診療は月〜土曜の午前十時〜午後一時と、同二〜五時。

 検査する人は検査ブースに入り、透明なプラスチックの壁ごしに患者と対面。壁から外部に伸びたゴム製の手袋を使って検体を採取する。

 まずは県から提供される検査ブース二台を使って始め、三、四台に増やす予定。駐車場にはテントによる受付と待合室も設置する。

 現在、検体採取をしている市内の三病院は中等症以上の患者の治療に専念でき、検体採取の際の院内感染のリスクの低下にもつながる。記者会見した上地克明市長は「医療崩壊を招かないよう努めることができる」と話した。(村松権主麿)
検体採取はこれで、十分です。しかしながら、

「市保健所内の「帰国者・接触者相談センター」=電046(822)4308=が必要と判断した人。」

はいただけません。なぜ、未だに保健所がトリアージするのでしょう。この役割は地域の開業医がオンライン診療等で担うべきです。症状を聞いて、必要と判断したら予約をする。本当はオンラインで予約できれば最高でしょうが、日本の組織にそれを要求するのは無理でしょうから、FAXで必要事項を連絡し、結果を患者に返す。それで十分機能します。

続きを読む
posted by いんちょう at 17:21| Comment(2) | 新型肺炎