2022年08月26日

コロナ全数把握をやめれば、医療は確実に崩壊する−届け出の手間をとるか、患者のフォローアップをするか−

(まとめると)
・医療機関による全数報告は、その後の患者フォローアップを保健所に依頼することが本来の目的である
・全数登録をやめると、膨大な保健所の業務のある一定割合を検査医療機関が担うことになる
・届け出と、フォローアップのどちらが大変か、議論の余地はあるまい

 現在、コロナの全数登録を辞めるべきだという話が、医療機関および行政からでてきています。

感染報告、高リスクに限定を 知事会、コロナ緊急声明共同通信
 全国知事会の新型コロナウイルス対策本部は23日、オンラインで役員会を開き、感染者の全数把握をやめて、報告対象を高齢者や重症化リスクがある人だけにするなど「現実的な手法」を求める緊急声明をまとめた。
知事が提言していることを考えれば、保健所がパンクしている現状をどうにかしたいと言うことだと思います。

 そして、医療機関側も

続きを読む
posted by いんちょう at 20:47| Comment(0) | Covid-19