2015年02月18日

1249.税金補助金付きの被曝ツアー

2015021604.jpg・福島原発事故で一番大事なことは外部被曝線量ではなく、放射能を拡散させないこと、そしてその放射能を体内に取り込まない(内部被曝をしない)ことである
・日本の中枢はこの内部被曝を一切無視して、外部被曝のみで被曝の健康被害は宣伝しているために、チェルノブイリでは考えられない高汚染地帯まで「健康に被害がない」と称して、立ち入りを解除している。
・5.5uSv/hrの高濃度汚染地帯である常磐自動車道の閉鎖をとき、福島県旅行者には税金から補助を出す。信じられない蛮行である


2015021801.jpg 放射能・放射線で一番大事なことは、
・被曝しないこと
・汚染を拡大しないこと
・体内に取り込まないこと
です。汚染を拡大しないためには、高濃度汚染地帯は隔離して、人の出入りを制限する。こと以外にありません。それを実際にやったのがチェルノブイリ。この場所は、いったいどれだけの線量なのでしょう?たぶん、数マイクロシーベルトもないでしょう。これらの車両は、汚染されているからこそ、投棄されたのです。

 それを全く理解した上で、国民をだまそうとしている政府中枢と、全く理解していない福島県がなんと5.5uSv/hrもの高レベル汚染地帯の高速道路を開通させました。

常磐道、全線開通へ舗装工事終了…線量表示板も
2015年02月17日 21時26分
2015021802.jpg源幸正倫撮影

 東京電力福島第一原発事故で建設工事が一時中断した常磐自動車道のうち、最後の未開通区間となっている常磐富岡―浪江インターチェンジ(IC)間の舗装工事が終了し、3月1日の全線開通に向け、17日に報道関係者に公開された。

 同区間は福島県富岡町から同県浪江町までの約14キロ。帰還困難区域も通行しており、計6か所に放射線量の表示板が設置された。この日は双葉町で毎時5・5マイクロ・シーベルトが表示された。東日本高速道路東北支社によると、この区間を時速70キロ・メートルの車で走行した場合、運転手などの被曝(ひばく)線量は0・2マイクロ・シーベルトで、胸部レントゲン検査の約300分の1。同区間内で故障などによって車外に1時間待機した場合でも10分の1以下だという。

 同支社いわき工事事務所の真壁正宏所長は「舗装工事などで放射線量低減の効果は十分出ている」と説明。「東北の動脈の一つとして多くの人に利用され、東北全体の復興につながれば」と話した。
2015年02月17日 21時26分
 いまだに内部被曝の危険性を胸部レントゲンと比較していることに驚きました。これでは、事故当初の枝野の発言にだまされていた4年前と全然変わりません。さすが、天下の公器 「読売新聞」ですね。

 さて、その福島県。そのままでは観光客が来ないので、なんと税金から補助金まで出すように決めたそうです。

<福島県>観光客に宿泊費補助 1万円旅行券、半額で
毎日新聞 2月18日(水)11時56分配信

 福島県は来年度、県内の宿泊施設を利用する観光客の宿泊費の一部を補助する旅行券を発行する。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の風評に悩む観光業の後押しが狙い。1万円分の旅行券を5000円程度で販売する計画で、延べ19万人分の利用を見込む。

 インターネットの宿泊予約サイトや、コンビニエンスストアのオンライン端末で購入できるようにする。購入した人は、宿泊代金が1万円以上となる温泉地などで1泊について1人1枚まで利用できるようにする。年間を通じて観光客を呼び込むため、2015年度中に3回程度に分けて販売する予定だ。県外の観光客だけでなく、福島県民も対象にするという。

 財源として県は国の地方創生関連の交付金に着目、関連費用12億5200万円を計上し、開会中の県議会2月定例会に追加提案する。

 福島県の観光客は、震災前の10年は5718万人だったが、11年には4割減の3521万人に落ち込んだ。13年は4831万人まで回復したものの、10年より15%少ない。13年のNHK大河ドラマ「八重の桜」の舞台になった会津地方は同年の観光客が1956万人と、10年(1884万人)を4%上回ったが、県は「ドラマが終わり、今後は減少するのでは」と懸念している。

 旅行券の発行に向け、内堀雅雄知事は「福島の復興・再生に弾みをつけたい」と期待を込める。旅行券の事業が終わった後も観光客をつなぎ留められるかが課題だが、県観光交流課の担当者は「県内の宿泊施設や観光地が固定客をつかむチャンスにしてほしい」としている。【岡田英】

常磐道で、信じられない高汚染地帯が有りながら、いったいどこが風評なんでしょうか?

まさしく、「税金補助金付きの被曝ツアー」に他ならないですね。

・福島県に行くと被曝する
・福島県に行くと税金から補助金がもらえる

いずれも真実だと思うのですが、真実だからこそ「風評」につながるのでしょう。それにしても、こんな高汚染地帯を開通させるニッポン。ネトウヨの皆さんは

「低レベル放射能を浴びて、元気になるツアー」

に参加されてはいかがでしょうか。税金の補助もつくようですから。

■関連ブログ
殺人軽トラ が となりに 〜 福島県いわき市小名浜の実態2011年08月30日

posted by いんちょう at 20:54| Comment(13) | 原子力
この記事へのコメント
被爆に関しては自民も民主もおなじですから、新しい国家の指導者の登場を待つしかないでしょう。また、この件に関しては法治国家とは間違っても言えないと考えます。
Posted by 足袋 at 2015年02月18日 22:08
なりふり構わず放射性物質を拡散する作戦を実施させている。

1」瓦礫焼却 これで強烈に拡散させた
2」100bq前後の食品流通
3」除線の樹木を肥料で流通、
  100bq超えを魚粉で果実トマト
   Sr90半分以上
4」道路使って車両で拡散

これで全国あらゆる所から、被曝症状
原発の影響は無かった。とする

前記事のフランスTV局の視点は素晴らしいです
参考にされてください。
日本の悪人 被害者出演します。

Posted by 農家 at 2015年02月18日 22:46
政治家も悪だが
「<福島県>観光客に宿泊費補助 1万円旅行券、半額で」
こんなのに釣られて応援する国民はおわってるね
Posted by らぱう at 2015年02月18日 23:01
安全だと言い張る人に「じゃあ行けば?」と勧めたのですが、なだかんだと言って未だに行っておりません。この事実が全てを物語ります。
Posted by 東京事情 at 2015年02月18日 23:45
官庁が原発事故直後から正直に対策取った場合のシミュレーションをやってもらえないだろうか?

国家破綻回避する為に今の骨抜き対策をやってるようにも思うが

実際 国家破綻した場合に第三国の日本領土への侵攻はあるのだろうか
Posted by 不良品 at 2015年02月19日 00:43
チェルノブイリの装甲車・バス・ヘリコプターの大量廃棄してましたね。
日本では、「勿体ない」で洗浄して、誤魔化し放射能計測器でかなり下がったから、大丈夫とかなんでしょうね。
中古車市場には普通に流通して、ロシアの税関でストップされたニュース流れてますものね。
あの散水ヘリコプターや、瓦礫撤去の戦車や、消防車が、廃棄された話は聞かないですよね。

核兵器・原潜で放射能と向き合ってきたソ連のほうが、真っ当な判断だと思います。
それにしても酷い国ですね。
ソ連以下ですから。



Posted by uttegaeshi at 2015年02月19日 04:20
車のタイヤやボディーに放射性物質を付着させて全国に拡散すれば、病人などになる被害も平均的になって、見えなくなることを画策しているとしか思えない所業。
でもそれすると国民健康保険破綻が一層早くなるんだがなァ、、。
そうかぁ!それを狙ってるんだあ!!
役人と原子力ムラの輩が一致協力ね。
Posted by 武尊43 at 2015年02月19日 05:48
最近、気づいたことがあります。
事故後、いろいろな病症にかかる人は、全国的に確実に増えています
http://textream.c.yimg.jp/res/textream-cimg/91/da/1139820-fbithogxa4h7r9afho32a1a2bfa9ija4n0ba4c0ada1ya1y/2/5f46f7ffdb22e2659e446cd55474b7c1.jpg
http://textream.c.yimg.jp/res/textream-cimg/91/da/1139820-fbithogxa4h7r9afho32a1a2bfa9ija4n0ba4c0ada1ya1y/1/3859dcb67e4c3acbf6e8be9ffb4faca0.jpg
が、
厚労省のデータによると、病死者数は増えていないのです。
http://textream.c.yimg.jp/res/textream-cimg/91/da/1139820-fbithogxa4h7r9afho32a1a2bfa9ija4n0ba4c0ada1ya1y/2/f53910a1ccc3eda08dc1d9375060aae3.jpg
http://textream.c.yimg.jp/res/textream-cimg/91/da/1139820-fbithogxa4h7r9afho32a1a2bfa9ija4n0ba4c0ada1ya1y/2/68a4e784f857042d3cb768571257132c.jpg
http://textream.c.yimg.jp/res/textream-cimg/91/da/1139820-fbithogxa4h7r9afho32a1a2bfa9ija4n0ba4c0ada1ya1y/2/d26f695f9e336649f1650070b87a40df.jpg
ずくなしさんのレポートを見ると、福島県でも、選挙区で言うと、
1区から5区までの全てで、増えていないのです。
本当に、よかったなあ、と、最初は、純粋に思いました。
でも、元々、発症のカーブと病死のカーブは動機すると思っていただけに、
何で、データがここまで、フラットなのか、
と不思議な気分になりました。
発症が増えたと認識した上で、せめても、病死が増えないよう、現場の必死な
努力で、何とか、持ちこたえているのか、あるいは、若干タイムラグを持って、
同様の波が来るのか。。。
同時に、今週は、いつも参考にさせていただいている専門医ナビ
http://www.senmon-i.com/select_dpc.html
が、メインテナンス操作で、一時的に読めなかったのです。
その間、病院情報局のデータ
http://hospia.jp/
を見ていました。
専門医ナビが復帰した時点で、比べてみましたが、
東大病院の場合も、事故があった平成22年度から23年度にかけ25%、
次年度は、さらに10%、総患者数が増えていますが、

病院ナビの場合は、
事故など、何も無かったかのように、平成22年度から23年度にかけてが、
月割りの計算ではあるものの、−5%、次年度が横ばいです。
消化器系・脳神経系・血液系等、疾患別にまとめても見ましたが、
同様に、専門医ナビの方が、データの増減はガタガタ
http://textream.c.yimg.jp/res/textream-cimg/91/da/1139820-fbithogxa4h7r9afho32a1a2bfa9ija4n0ba4c0ada1ya1y/2/a0f1d80bd0c59c9af4e96b10b64f83ac.jpg
、病院情報局の方で、
事故後は、皮膚疾患だけが、平成22年度から23年度にかけて、34%の患者
増になった以外は、どの疾患も殆ど、増えてはおらず、
寧ろ、減り気味なのです。
http://textream.c.yimg.jp/res/textream-cimg/91/da/1139820-fbithogxa4h7r9afho32a1a2bfa9ija4n0ba4c0ada1ya1y/2/9bca43af83cbc6604e1aee783f41e229.jpg
東大病院だけではありません。
<続>
Posted by 浮き船 at 2015年02月19日 21:53
専門医ナビの方は、福島県立医大病院で、事故後
2年間で、総患者数が67%増
http://textream.c.yimg.jp/res/textream-cimg/91/da/1139820-fbithogxa4h7r9afho32a1a2bfa9ija4n0ba4c0ada1ya1y/2/6785d84515d1e6c1dbcd0d8e96102512.jpg
、順天堂大学医院内科の患者増も3倍弱の増と、
非常に高い水準にあり
http://textream.c.yimg.jp/res/textream-cimg/91/da/1139820-fbithogxa4h7r9afho32a1a2bfa9ija4n0ba4c0ada1ya1y/2/436e8eaaf0a6ccaac18d22666b71e1f3.jpg
、岡山大学病院でも47%程度患者は増えている
http://textream.c.yimg.jp/res/textream-cimg/91/da/1139820-fbithogxa4h7r9afho32a1a2bfa9ija4n0ba4c0ada1ya1y/2/b594a94267a4cde9bb9e13a9d2e0df2a.jpg
のに、
病院情報局の方は、皮膚疾患が高い比率で伸びてはいるものの、何処の病院も
実数が少ないだけに目立たず、全体的に、緩やかな波を構成している
http://textream.c.yimg.jp/res/textream-cimg/91/da/1139820-fbithogxa4h7r9afho32a1a2bfa9ija4n0ba4c0ada1ya1y/2/92c11596be3f209d2d90f7cdca0f8d2a.jpg
と言って、いいでしょうか。
病院ごとの総患者数も、平成22年度から23年度には、順天堂大学医院で
6%の伸びを達成した以外は、福島県立医大病院も、岡山大学病院も、
本当に事故があったのか、と思うくらい、横ばいで来ています。
全国の退院患者数も、事故後も、ずっと、横ばいか、漸減傾向に。
データそのものが、
「えっ?東大病院や福島県立医大病院は、2つあるのか?」
と、思うくらい、違いの際立った結果になりました。
また、この中で、病院情報局の方は、何故か、平成22年度を、
同年4〜6月分と平成23年度1〜3月(事故月)のデータを外し、敢えて、
6か月分として、また、平成23年度分も、敢えて、同年4〜6月分を外し、
9か月分にしています。(次年度も含めて、残りは、4月〜翌3月の12月
決算です)
厚労省の
http://hospia.jp/wp/archives/1085/#3
からのデータを引っ張って来たとは、言っているのですが、
pdfが、50本以上あるうちの何処を見て、
数字を入れたのか、はっきりしないし、
「何で、期限を中途半端にしたりしたのかも含めて、
 これ以上のことは、厚労省に、直接、お聞きください。」
と言われるし。。。
専門医ナビの方も、若干の診断項目
を加えた上で、データのメインテナンスが
終われば、再公開して来ていますので、
それなりに、自信を亡くして行きたいですね。
教訓としては、試料は同じでも、2つ3つ、いろんなデータを見て、
そのうち、一番、ワーストなデータを参考にするのが、
我々、この世知辛い世の中を生きていくには、無難と言う感じがしました。
厚労には、病目を前年度のものと同一にした上で、早く、次年度・次々年度の
データを出してくれ、と言っておいたのに。
環境省が何を考えていようが、
一見、福島の事故の影響を消す側に持って来ようとして、
患者数のウォッチの時期まで、意図的に操作したかのように疑われる行為など、
国民の命に関することで、混乱を招くだけなので、
やっていただきたくなかったですね。
いずれにしても、各位。
現行、特に東京圏で、体調をおかしくしている人々も目立ちますので、
いろいろと、注意されて下さい。
Posted by 浮き船 at 2015年02月19日 21:53
放射能おはなし会 のネタ。

『国の基準は基準として
   あなたの自分基準は?』

私が食べるとしたら、
椎茸は1ベクレル以下かなと答えたおばちゃん。

『ここからフクイチまで
  私服でどこまでいきますか?』
仙台に用事あったら新幹線で行きます。

ーーーーーー
関心のあるおばちゃんでも。
知識あやふやです。

まーぼくも、あやしいけど。
Posted by 先生の本かったよ。 at 2015年02月20日 09:31
「車外に1時間待機した場合でも10分の1以下」
これだけでも大問題だろ。24時間暮らすとレントゲン2回分だぞ。毎日レントゲン2回とる人がいたらおかしいだろ。
観光客だから、少々の被爆はシャレで済ますのか?
当地で日々、活動する人はどうなるんだ?
相変わらず日本人は頭わるいな。首相からしてあの通りだから仕方ないか…
Posted by おいおい at 2015年02月20日 20:38
福島は日本か? 沖縄は日本か?

日米原子力協定と日米地位協定が実際的に憲法の上位にあるという日本の異常な常態を明確に提示したのが、
矢部宏治『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』の肝要な点だと思われます。
つまり、米軍基地や原発に対して「憲法違反だ」と訴えるのが無効な(実際、民主的法治社会の機能が空洞化している)根本的理由が明らかにされています。

Posted by ew at 2015年02月23日 17:35
今日、そっと教えて貰いました。
表示されている数値に×3だと・・・
Posted by kao at 2015年03月01日 20:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。