2015年08月09日

1298.ナガサキ入市被爆者も罹患した「デング熱」

2015080801.jpg・ナガサキ原爆投下後に、看護のために入市被曝した看護師たち全員が、「デング熱」にかかったという証言が新聞に掲載された
・311以降、赤痢、デング熱、といった今までほとんど見ることのできなかった感染症が、雨後の竹の子のように報告されていた
・今年は、原因不明の死亡はすべて「熱中症」として報道することにしたようである。ありふれた病気が増える「被曝」の特徴か。

 8月2日の毎日新聞に「日赤看護婦「出征」の記憶」なる記事が掲載された。

こちらに書き下し文があるので、参照していただきたい。

驚かされたのは、次の記述。
◇「治療じゃない。何もできない」

 45年8月6日、広島に「新型爆弾が使われた」ことを津村さんは新聞で知る。そして9日、原爆は長崎に投下された。戦後30年近くたって取得した津村さんの被爆者手帳には「12日入市」とある。

 計り知れない爆弾が広島に落とされた、長崎にも落とされたと聞いたように思います。「長崎へ救護に向かえ」という命令が下されたんでしょうか。婦長から青酸カリを渡されたのも、この頃だったと思います。覚悟しました。アメリカ兵は何やるか分からんって言われて。

 トラックや汽車を乗り継いで、焼け野原を歩いたはずなんですけど、どうやって着いたのか覚えていません。諫早から入ったと記憶しますが、これは、何なんだと。もう、何もない。緑がない。建物がない。山の上から谷底まで何もない。

 爆心地から約3キロ。津村さんたちは救護所となっていた新興善(しんこうぜん)国民学校に入った。医療なき救護現場だった。

 窓がたくさん割れていて、ガラスをいっぱいよけて。ベッドなんてない。兵隊さんが次々と患者さんを運んできて、床に寝かせていく。ひどいやけどの部分は化膿(かのう)して、びっしりうじ虫がわく。やってあげることは、体拭くなんてどころじゃない。うじ虫取って。消毒薬もなくて、海水くんできて、じょうろで(かける)。でないとガーゼが離れない。ぴたっとくっついてしまう。しばらくしてガーゼを取り換えて。その人は明くる日は死体となっていたり。薬もないし、私たちがしたことは治療じゃない。つらい……つらかったです。さっき水をくださいって言った人が、あっという間に事切れる。亡くなるとうじ虫が生きてる人に移動していく。「うじ虫が……」ってどこからか聞こえてくる。

 夕方になると、お医者さんが回ってきて、死んだ人に印をつける。夜勤の時は、その人を死体が山積みになった校庭に運ぶ。あの光景を見て、あきらめました。もうだめだって。怖かったです。まっ暗闇の中、2人でちょうちん一つ持って担架で死体を運んで、山と積まれたその脇に置いてくる。上には乗せられない。それから兵隊さんが油をかけて焼く。最初に置かれた死体は最後まで残るから、体から脂が出てくる。その臭いと死体を焼く臭い。玉音放送なんて聞いていません。そういう中での終戦でした。
 熊本班の任務は解かれず、やがて全員の体に異変が起きた。40度近い高熱に激しい頭痛、倦怠(けんたい)感。被爆した可能性があったが、当時はデング熱などと言われた。9月初旬、熊本班は「療養のため」に佐賀県の嬉野(うれしの)海軍病院へ送られ、伝染病棟に隔離された。熱も下がり、任務に戻った場所は敷地内にある精神病棟だった。心を病み、戦地から戻された兵士たちが入院していた。

 入市被曝の症状を当時「デング熱」として、「診断」しているのである。デング熱で私のブログを検索してみると・・・
デング熱、日本で146人発症…昨年2倍強
 高熱を発症するデング熱が東南アジアを中心に流行している。

 今年に入り、日本に入国して発症する患者も150人近くに上り、この10年で最大だった2010年に並ぶ勢いで増えている。国立感染症研究所は、旅先での虫よけや発症時の早期治療を訴えている。


 なにより、昨年の代々木公園でのデング熱騒ぎは記憶に新しいところ。

1150.不可解なデング熱の流行

 このときもおかしいとは指摘していたが、日赤看護婦の証言がでできたことで、確信した。被曝後に、「赤痢」、「デング熱」が流行することは「常識」だったのである。被爆直後より、国立感染症が通常発見されない「赤痢菌」をみつけたりと、あやしげな結果を報告していたのは、あらかじめストーリーができあがっていたとしかおもえない。

 しかしながら、デング熱が毎年流行していると、おかしな話になるため、今年は目先を変えている。今年は、なんと報道されているか・・・「熱中症」である。
【動画解説】[検証] 就寝中も危険 夜間・屋内での熱中症
ウェザーマップ 8月1日(土)7時7分配信
 このところ、各地で猛烈な暑さが続いています。熱中症に警戒が必要な時期です。ところで、熱中症というと日中の炎天下でなるものだというイメージを持っていないでしょうか。実は、熱中症が危険な場面はそれだけではありません。
2015080901.jpg
熱中症死亡者の発症状況=東京都監察医務院調べ

 東京都監察医務院の調査によると、熱中症が原因で亡くなった人のうち、実に9割は屋内で発症しています。さらに、時間帯としては4割以上が夜(午後5時〜午前5時)の間に熱中症になっています。体温調節機能が低下している年配の方を中心に、家で夜寝ている間に熱中症で命を落とすというケースが相次いでいるのです。


 さらに・・・

熱中症で76歳男性死亡 エアコン作動の部屋で/川越

埼玉新聞 8月2日(日)22時48分配信
 1日午後8時35分ごろ、川越市今成の無職男性(76)の家族から「(ベッドに寝ている男性を)起こそうとしたが、起きない」と、119番があった。男性は病院に搬送されたが、間もなく熱中症とみられる症状で死亡が確認された。

 川越地区消防局によると、男性が寝ていた部屋のエアコンは作動していた。今夏、熱中症の疑いによる県内の死者は9人目となった。
原発が稼働しないと、弱者が死ぬ とわめいていた北海道大学教授は、いったい何とコメントするのか。いや、問題はそこではない。エアコンが作動しているのに熱中症とは、これはどういうことか?

 チェルノブイリ事故後には、「扇風機に当たたった状態で寝ていると、死亡する」などという情報がまことしやかに報道されていた。結局、何をしていても死亡するのだから、「犯人」にしたてやすい状況を報道しているに過ぎないことがつたわってくる。

 それにしても、ことしは「デング熱」報道が一切ない。不思議なことである。

関連ブログ
1150.不可解なデング熱の流行2014年09月03日
増える得体の知れない感染症と国立感染症研究所2012年10月18日

  
 
posted by いんちょう at 06:49| Comment(6) | 原子力
この記事へのコメント
小泉講演会後の鹿児島の現状について、どなたかが質問なさっていました。落ち込んでいましたので、投稿できなかったのです。

川内原発の再稼働は、明日、明後日に迫っておりますが、明後日ですと「8.11」ということに。語呂合わせじゃなく、数字合わせだという話もありますね。

以下、ツイッターから:
「長期間停止の原発の再稼動は不測の事態を招きかねない。。。米国とカナダもそうした事例を14の原子炉で経験している。これらの国は少なくとも4年の間、停止していた原子炉を再稼動させたが、そのどれもが、非常事態発生ないしは不具合が原因で最低1度は核反応停止。スウェーデンのオスカルハムスン原子力発電所は、1997年だけで6回も緊急停止」

だそうです。特に、飛行機の離陸と同じで、起動時は非常に危険だとか。とりあえず、安定ヨウ素剤を用意しました。県も5km以内の住民には配っているそうです。もちろん、放射能には県境も国境もありません。そのときの風向き次第でどこに飛ぶかも分かりません。

それであるのに、ヨウ素剤のほとんど問題にならない副作用を誇大に宣伝したり、混乱を招くからとSpeedyなどシュミレーションを取りやめたり、全く私たちは奴隷であるだけでなく、実験動物でもあるようです。

川内原発が再稼働されたら、全国で再稼働ブームです。そしてそれらの原発は、経年劣化と非運転期間の長さにより、以前よりずっと危険なものになっているのです。

皆さん、どうぞ自衛してください。せめてヨウ素剤とガイガーカウンターは常備しましょう。

Posted by 地元民 at 2015年08月09日 12:19
そういえばチェルノブイリエイズとかも言われてましたねぇ、
免疫が駄目になって罹患するのか…、
そういう病気の状態になるのか…、
どっちにしても核汚染は疫病神でしかないなぁ。
Posted by 南部のアホな大阪人 at 2015年08月09日 15:36
免疫低下は随所に出てますよ。東京はもちろんのこと、コンビニ弁当ばかり食べてる西日本の人も要注意です。帯状疱疹をよく見ることや、風邪が治りにくいといった訴えも多いです。特に家族全員とか、職場の多くが、とか頻度が上がってますね。
Posted by Tokyo at 2015年08月10日 11:15
山田 康治氏(やまだ・こうじ=しまむら執行役員)
8日、低酸素脳症のため死去、58歳。
連絡先は同社総務部。告別式は14日午前11時から埼玉県上尾市瓦葺150の上尾伊奈斎場つつじ苑。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG09H0V_Z00C15A8CZ8000/

「低酸素脳症」で亡くなるなんて、
事故報道ならともかく、普通の訃報記事で初めて見ました。
「低酸素脳症」って、心不全とか呼吸困難とかと同じで、
症状であって病名ではないのでは?
本当は何の病気だったのでしょう?あるいは事故?
小野先生はどう思われますか?
Posted by アキゾー at 2015年08月10日 12:13
拡散希望【犯罪企業九電の前科】
5年前に現在の福島市レベルの放射能を九州から奈良県で観測したのに全て隠蔽!!

当時特権階級は人工衛星による放射能測位システム(利用料数億円)、スカイネットで事態を正確に把握していたことも内部告発しておく。

タマちゃんの暇つぶし 玄海原子力発電所放射能漏れ事故 九電は通常の ...
1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-825.html
2010年12月15日 ... 今月11日に玄海のプルサーマル炉で、スリーマイルクラスの放射性物質の放出があっ た模様!。事故当初には九州全土に外出禁止令を出すことが検討されたが、トップの 判断で隠蔽と運転継続が決定された。が、ネットで騒がれたので運転を ...

九州〜関西の高レベル放射線 玄海原発事故 今後の展開 - 流水成道blog
jyoudou.net/blog/2010/12/post-300.html
2010年12月15日 ... 九州〜関西の高レベル放射線 玄海原発事故 今後の展開. 松浦彰夫 ( 2010 ... また 過小評価することはあっても、事故が無くて「事故があった」と発表することは無いので、 ヨウ素の放出はそれなりにあったと推定できます。 黄砂は気象庁で調べ ...
Posted by 何故5年前の玄海お漏らし事故を騒がない? at 2015年08月11日 12:14
感染症の中で、劇症型溶血性レンサ球菌感染症増加って恐ろしいですね。脚が痛くなって病院へ行って24時間後に死亡する人もいるようです。死亡率30%は他の感染症とは比べものにならないですね。http://blog.livedoor.jp/genpatusokuhaisi/archives/40542088.html
Posted by 感染症増加 at 2015年08月22日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。