2015年10月31日

1328.NUMOの地下処分説明会(at 熊本)

・さる10月28日(水)にNUMO(原子力発電環境整備機構)による地下処分説明会が開催された。
・後援には資源エネルギー庁他、電力、電事連、経団連、経済同友会、商工会議所などが名を連ね、出席者もおじさんが大半というお手盛り説明会であった。
・放射能は元々自然界にあった。地海水が漏れない場所は日本にはなく、そのような場所でも数万年の管理をきちんとできるなどという世迷い言まで発する始末であった。

 2015年10月28日(水)におこなわれたNUMOの説明会についてレポートする。あまりにひどく、嘘八百の資料を配付しているのでいくつか指摘しておく。

配付資料

2015103101.jpg一番最初に指摘しておきたいのは、95%のリサイクルである。これは、フランスのアレバ社がすでに否定見解を出している。

続 放射性廃棄物はどこへ?

ここで述べられているように95%をリサイクルできるのではなく、大量の放射能をまき散らした上で、せいぜい10%を再利用し、残りのウランはシベリア送りするしかないのである。NHKにホームページがまだ残っている。
終わらない悪夢 後編

2011年5月18日(水)午前0時00分〜
2011年7月25日(月)午前1時00分〜
2011年8月11日(木)午後11時00分〜

世界一の原子力推進国であるフランスでは、放射性廃棄物はどのように処分されているのか?国内の原子力発電所から排出された廃棄物だけではなく、日本や他のヨーロッパ諸国からのものや、軍事用のものまでが、英仏海峡に面したラ・アーグに集められる。そこでは世界最大の原子力企業アレヴァ社が、核廃棄物の処分を一手に引き受けている。

アレヴァ社の広報担当者の説明によると、使用済み核燃料は特殊な再処理工程を経た後、1%がプルトニウムとして、95%がウランとして回収され再利用されるため、廃棄されるのは全体のわずか4%にすぎないという。そこで取材班は、回収されたウランが、どこで、どのように使われているかを知るため、追跡取材することに。

回収ウランの行き先は、フランスから8千キロ離れたシベリアの奥深くにあるトムスク、そしてさらに先にある地図に載っていない秘密都市セヴェルスクだった。外国人は立ち入りを禁じられているが、Googleマップで施設内を上空からのぞくと、たくさんのコンテナのような物体が無造作に放置されていた。使用済み核燃料95%再利用の実態はいかに?

原題:Waste: The Nuclear Nightmare
制作:Arte France/Bonne Pioche (フランス 2009年)
 専門に廃棄物の処理を研究している機関(資源エネルギー庁)のはずなのに、まったく勉強していない。驚き呆れる。今稼働していない六ヶ所村は、アレバの技術協力の下建設されているのであるから、本家をしのぐことなどできるはずない。最初から、この地層処分は破綻しているのである。

 さらに、地下水の問題を指摘した質問に対しては

・日本では地下水の出ないような地盤はない。
・自然には放射能が元々あるのに生活環境には影響を及ぼしていない。
・仮に水があって、漏れ出たとしても、生活環境にはまったく問題がないように「人工バリア」をつくる

といった信じられない回答をよこしていた。

 さらにいったい建設費用をいくらと見込んでいるか?と質問したところ

2015103102.jpg・9100億円程度 
・発電単価あたり0.2円/kwh
でたいしたことがないという回答であった。

 あの国立競技場が地上の設備で2000億円ではできないと言われており、また今から30年近く前にできた青函トンネルの総工事費が1兆円である。このような大深度をそんな工事費でできるはずないのは明らかである。(が、反論するにはあるていど工事に詳しい玄人並みの知識が必要だが、そのような人たちは原子力村に属しているから、表には出てこない)
 そして、よく出てくるkwh単価。いつも誤魔化されるため、今回原子力発電所の総発電量を概算してみた。
今回の資料にも、その全体は出ている。
2015103103.jpg

原子力運転管理年報に資料があった。
2015103105.jpg2015103104.jpg
これら2つの資料から、12兆7252億kwhと計算できる。0.2円/kwh といえば、2400億円にしかならない。現在の状況では、100兆kwhを発電することなど不可能であることがわかる。そして、事故の収束費用も、仮に全発電電力量で割ったとしても、

10兆円・ 1円/kwh

に到達してしまっている。いや、この損害はとても10兆円で治まる話ではない。kwhあたり単価にだまされないようこのおおよそ、10兆キロワット時の実績は押さえておくべきであった(私が質問した)

 なお、司会は松本真由美
2015103106.jpg
中立を装いつつ、そつなく司会をこなしてはいたが、ツイートを見る限り、資源エネルギー庁お抱えのプロ司会者であった。いったいこのような人物は何人いるのか。講演会後、気が遠くなってしまった。

■関連ブログ
増え続けるKr-85(放射性希ガス)2012年07月14日

タグ:NUMO
posted by いんちょう at 21:39| Comment(10) | 原子力
この記事へのコメント
0.2円/kwh といえば、2400億円
-------------
9000億に成らない 嘘ですね
参加者を騙した
Posted by 農家 at 2015年11月01日 00:55
自分達で自分達自身も騙している。
どんなに深く掘ろうが染み出してくることを理解している。その危険は自分に子孫に及ぶ事も解っている。シベリアに持って行こうがそうなる事は、奴らはよ〜く分かっている。

「100年経って片輪が生まれてくるやら、50後に生まれた子供が全部片輪になるやら、それはわかりませんよ。 わかりませんけど、今の段階では(原発を)おやりになった方がよいのではなかろうか」by高木孝一。パンツ泥棒野郎の高木毅衆院議員(福井2区)のオヤジの言葉、、。

 知り合いの仲間が福島での東電訴訟裁判を傍聴して来て驚いているそうだ。弁護士が「放射性物質は福島第一原子力発電所から出たモノではない」とキッパリ言いきって弁護したんだって。
まぁ、核変しているからそうかも知れないし、経産省はじめ関わってきた連中は、今の状態を予知していたんだろうね。
何時かは事故る。その時の為に『無主物』扱いになるように法律を造って置こう、とね!!(怒)

 同じなんだよね。何時まで経っても変わらない。
Posted by 武尊43 at 2015年11月01日 04:22
12兆7252億kwh × 0.2円/kwh = 2兆5450億円
となりませんか?
Posted by それいゆ at 2015年11月01日 04:47
あ〜、その説明会、先日10月10日に、新潟市でも開催されましたわ。
NUMOの説明が、推進派毎度お馴染みの物だったので、わざわざここのブログにコメントしませんでしたけど。
ちなみにこちら新潟県では、かつて極秘に関川村が最終処分場の候補地に挙げられ、密かに地質調査などが行われていたそうで。あ、だから新潟県で説明会が開催されたのか?

まぁぶっちゃけ、国の言う事なんてトコトン信用しない事ですね。
安保法制や辺野古の件を見ても分かるように、たとえ過半数を超える国民が反対しても、いざとなれば、法律をトンデモ解釈してまでも、自分達のやりたいようにようにやる、てのが今の政府ですから。
このままいくと、来年夏の選挙で与党が大敗しても、選挙法その物をトンデモ解釈して、自分達の落選は無効である、なんてやりかねそうですし(乾笑)。
Posted by 新潟県民 at 2015年11月01日 09:04
東京都内で温泉を掘っているのは地下何メートルまででしょうか。
何も知らない我々の子孫は何メートルまで掘削機を入れるのでしょうか。
五重の多層防護が全く役に立たなかったように、『人工バリア』と『天然バリア』を組み合わせた『多重バリアシステム』が言葉遊びに過ぎないことは自明と思われる。

コストについても原発は常に鉛筆を舐めた想定コストしか出てこない。

Posted by 不織布バカ at 2015年11月01日 10:10
遂に熊本くんだりまでやって来ましたか。

想定していた東京以北方面に総スカン喰らって
それじゃぁ九州でってことかな?
今時政府や原発ムラ住人のご説明を真に受ける国民なんていやしないよ!
これだけ情報拡散時代になった現代ではもはやB層国民を騙くらかして金で引っ叩いて嫌悪施設を作るなんてこたぁ出来やしないよ!
九州人を甘く見んなよっ!
ってことでんな。
<何処の生まれやっ(笑)>
Posted by himajin at 2015年11月01日 13:35
フランスの原子力企業アレヴァ社もかなり嘘ばかり公表してます。
本『原発大国の真実―福島、フランス、ヨーロッパ、ポスト原発社会へ』コリーヌ・ルパージュ著者(元フランスの環境大臣、弁護士)長崎出版
これ読むとかなりフランスの原子力の仕組み分かると思います。
フランス語タイトルと出版社『La vérité sur le nucléaire』 Éditions Albin Michel, 2011
Posted by キク at 2015年11月01日 22:54
先ほど入れたフランス語タイトルと出版社ボケてしまいましたのでもう一度入れます。『La verite sur le nucleaire』 Edition Albin Michel, 2011
失礼しました。
Posted by キク at 2015年11月01日 23:03
確かに、この女性中々ですね。
エナ全般に網掛けしてます。
太陽光、地熱、原発推進、地層処分推進
表は太陽光推進とか巧み
東大客員準教授ですからかなり重要な役割
ただの司会者ではない。

地層処分を相当箇所掘らないと処分は出来ない
最低10本〜100本
9兆円から90兆
実際は地下水、温泉噴出で掘れません。
地下水が汚染
Posted by 農家 at 2015年11月02日 00:11
エネルギーと名が付けば
全て網が掛けられて居る事が解りました。

太陽光だけでも買取 扱い手数料稼ぐ
しくみだが、膨大なお金だと思います。

自家発電も灯油発電機が昔売られていたが
消えてます。

外国製でトラクター発電機が有るが
一般的ではない

ガソリン発電では買ったほうが安い
耐久性時間で壊れる 2000時間ぐらいか

鉛電池も効率悪いし寿命が早い

水力も申請許可大変

出来る事からやってゆくしかない
独立太陽光ですね 
マンション窓発電とか 庭先太陽光発電
パネルはずいぶん下がった
Posted by 農家 at 2015年11月03日 13:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。