2017年05月06日

1431.フリースタイルリブレ 中間報告(1)

1429.血糖連続測定装置−フリースタイルリブレの紹介で紹介しました血糖測定状況について、中間レポートします。

 フリースタイルリブレ

・Abottが販売している非接触式の血糖連続測定装置
・本体、センサーともに7000円強(保険対象外)でセンサー部は2週間連続着用できる

です。服の上から(オーバーなどを着ていても)も簡単に測定できますので大変便利ですが、2週間連続着用し続けていると皮膚がかゆくなったり、かぶれたりする人もいるかもしれません。現在7日目が経過していますが、時々皮膚がかゆくなることがあります。お風呂に入ったり、着衣の時も日常生活に支障は全くありません。しかしながら、皮膚に装着しているわけで、お風呂でごしごしこすったり、少し袖口の狭い服を着たり脱いだりするときに(装着していること自体を忘れてしまっていて)危うく取れそうになったりしたことが、何度かあります。


 私自身の傾向が見えてきましたので、ここでそのレポートを公表したいと思います。なお、このレポート作成用のソフトは、Abottのホームページから無料で入手できます。付属のケーブルでパソコンとフリースタイルリブレをつなげば簡単に作成できます。
 食べた食事をこまめにとっていたつもりでしたが、結構抜けています。ご了承ください。なお、糖尿病の治療薬などは一切内服しておりません。

4月28日

2017050609.jpg

血糖結果
2017050601.JPG
夕食前に軽い低血糖になっています。(症状なし)

4月29日
朝 玄米1膳、卵、納豆 朝食後 約1時間半ほど散歩
2017050610.jpg

昼 ゴボ天うどん
2017050611.JPG

夕 ホテルでコース料理
2017050612.jpg2017050613.JPG

血糖測定結果
2017050602.JPG
 血糖変動はほとんど見られず、このときまでは全くの正常だとタカをくくっていました・・・コース料理は意外に血糖上昇させないようです。パンなども全部食べて、最後にデザートまで食べましたが・・

4月30日
朝 玄米、ソーセージ、ブドウ
2017050614.jpg

昼 ハンバーグ、チーズメンチカツ+サラダバイキング バイキングのため、果物など過料に摂取
2017050615.jpg2017050616.jpg2017050617.jpg2017050618.jpg

夕 血糖高かったため、ピザ数きれ

結果
2017050603.JPG
 朝から血糖値が200近くまで急上昇。これはブドウによる影響でしょう。この実験をするまでは、果物はそれほど血糖を上昇させないと考えていましたが、それは大きな誤りでした。このときも朝食後に7000歩ほど運動しているにもかかわらず、200近くまで上昇してしまいました。。血糖コントロール上は、とても果物はすすめられません。また、昼食はあきからに過大摂取。血糖のピーク自体はそれほど高くはありませんが、高血糖が数時間以上続いています。さらに、この日以降、血糖がしばらく下がらなくなってしまいました。たべすぎは、その日だけではなく、以降数日に渡って影響を与えるようです。

次回に続きます。

■関連ブログ
1429.血糖連続測定装置−フリースタイルリブレの紹介2017年05月01日

 
posted by いんちょう at 21:50| Comment(2) | 糖尿病
この記事へのコメント
 中間報告ありがとうございます。
 ブドウ糖というだけあって、ブドウは上げますね。しかし、コース料理は、パン2個とデザートてもブドウよりはマシだとわかり安心しました。
 わたくしは、効能書きだけで、自分の血糖値で確かめたわけではありませんが、サラシア茶やルイボスティーをよく飲んでいます。また、季節にはイヌリンを豊富に含む菊芋を料理に使っています。食物繊維効果で、糖質の吸収を抑えることを期待してです。しかし、菊芋を食べるとお腹がゴロゴロいって大変です。サプリメントや菊芋はどこまで効くのか人によっても違うでしょうし、薬のようには頼れないかもしれませんが、あまり高いものでもなく、なんとなく効いている気がして続けています。熊本は菊芋の産地であり、先生のブログを見ながら、気になっておりました。
Posted by くまひろ at 2017年05月07日 14:18
果物の血糖値上昇について同意です。ネット情報では血糖値は上がらないと書いてあるものもあるのですが。。。私の体質には合わないようです。

写真を拝見するに、玄米の量が多いと感じます(私も昔は散々食べていましたが)。炭水化物を減らしても、肉、魚類と油類を含むものを増やすことで、食事の満足感を保つことができます。

私のお勧めの油は、ココナツオイルとフラックスシードオイルです(後者は調理法と味を選びます)。他の一般的な植物油は摂取量を増やさないほうが良いと考えています。

ココナツオイルは、低温時に硬化するのが難点ですが、炭水化物に置き換えて、日常的に食事に取り入れてみると、体の変化を実感できると思います。
(安定な油なので、何にでも使えます)
Posted by 糖病中の人 at 2017年08月12日 03:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。