2020年03月12日

日本医師会には患者・医師に寄り添い実現可能な知恵を出してほしい

 日本だけ感染者が増えないおかしさを昨日指摘いたしました。医師の間では有名なm3.comの掲示板をのぞいてみますと、そのおかしさを指摘する人はほとんどおらず、この調子でがんばっていきましょうという論調が多いようです。その一方で、どうやっても検査されないという嘆きも見ます。
 そもそも簡単に検査ができる新型肺炎のPCR検査をせずに、ありとあらゆる可能性を否定してもなかなか検査さえしてもらえないという現場医師の嘆きがあります。

Vol.050 新型コロナウイルス、”持ちこたえている”という評価の中で現実に起きていること
医療ガバナンス学会 (2020年3月12日 06:00)
先月末、20代の生来健康な女性が発熱と咳で来院されました。症状は通常の上気道炎と思われましたが、現在の状況を鑑み念のため胸部レントゲンを施行。肺炎像がないことを確認し、内服薬で帰宅といたしました。3月7日土曜日、症状が改善しないため来院されました。非常勤医が対応しましたが、増悪所見がないことからいったん経過観察とし、改善がなければ再度来院を指示いたしました。本日、37.8度の発熱が下がらないことを主訴に来院されました。症状は乾性咳嗽と発熱、だるさ。レントゲンを再度施行し肺炎像がないことを確認いたしました。採血では白血球数に異常なく、Hb9.0の小球性貧血を認めだるさはこちらからくるものかもしれないと考えられました。しかしながら、37度後半の熱が、およそ10日間続いていることから帰国者・接触者センターに相談の電話をし、PCRを念のために施行していただきたい旨を伝えました。
返答は
1.緊急性がないようであれば、今日は5時で業務が終わっている。
2.明日になっても症状の改善がないようであれば、医師の方から保健所に連絡をして、支持を仰いでほしい。本人が保健所に電話をしても、検査はしてもらえない。


検査が非常に困難であればその通りですが、防御さえすれば−難しいのですが−比較的簡単に採取は可能です。それをわざわざ医療機関全体を暴露するような検査をしてもなかなかPCR検査をしないというのは、もはや本末転倒です。今までの感染防御の考えで、まず重篤で感染性の高い疾患を除外した上で、いろいろ検査します。まず、PCR検査をして陰性ならば、胸部レントゲンなどをとってしらべていくわけです。ところが、その真逆なのですから、私としては全く納得がいきません。医師会はPCR検査を拒否された事例をアンケート調査していましたので、患者と医師の味方と考えていましたが、実態は違いました。


インフル検査やめて 日本医師会、新型コロナ対応で通知
3/12(木) 16:00配信朝日新聞デジタル
 新型コロナウイルスの医師への感染を防ぐためとして、日本医師会は11日、全国の医師会に対し、インフルエンザの迅速診断のための検査を行わないことの検討を求める通知を出した。
 新型コロナウイルスに感染した患者にインフルエンザの検査をした医師が、新型コロナウイルスに感染した事例が北海道で判明。インフルエンザの検査で患者から飛沫(ひまつ)が生じて医師が感染する可能性が考えられるとして、検査はせずに、症状などからインフルエンザと診断することも求めている。
 同医師会の担当者は「新型コロナウイルスの感染リスクがあることを患者によく説明して、理解を得ることが大切」と話している。(久永隆一)

 今インフルエンザは全くはやっていません。それなのになぜ検査をしているかと言えば、最低でもインフルエンザ陰性を確認しない限り、PCR検査をしてくれないからです。臨床的にインフルエンザと診断しろと言われても、現在流行していないのですから、無理というかインフルエンザではありません。というしかありません。でも、PCR検査はできないわけですから、我々開業医の元にきたかかりつけの患者さんにどう対応したらいいのか、全く分かりません。全員を市内の感染外来に回せばよいのでしょうが、それではその医療機関がパンクするのは目に見えていますし、開業医がゲートキーパーにならなくては存在価値そのものがありません。
 メーリングリストに流れていた対応方法(実際にとある県でこの方法で採取されたようです)

・患者には車内で待ってもらう
・医療者が車内に近づいて、検体を採取
・ゴーグル、マスク、手袋、エプロンはつける

これならば、私のところでもできないことはありません。レントゲンを撮ったり、採血をしたりするのはほとんど無理と自分自身も思いますが・・・いわゆる韓国のドライブスルー式の一端を開業医で担うわけです。もし、この防御で自分が罹患したら、あきらめて閉院するしかありませんが、それでも何もせずに移されるよりはましですし、仮に閉院になったとしても再起の道があります。

 そして、感染症専門医がなぜPCR検査をさせないかと言えば(こんなことを言っている専門家が、政府の近くにいるのは日本だけなんですが)、「パニック」が起きるからだそうです。日本人って、そんなにバカで公衆道徳がありませんでしたか?
仮に陽性だとしても、もし自覚症状があまりなくて自宅で過ごせそうなら、無理に入院を求めることはないはずです。もちろん、武漢のような体育館内仮設病棟があれば、最高です。そして、本当に呼吸の苦しい人たちに重症用の病棟を譲るでしょう。なぜ、日本人が日本人の民度をここまでバカにできるんでしょうか。

 私も時々緊急で往診することがあります。明らかに症状が出ているのに、なぜすぐに救急車を呼ばなかったのかと思うこともしばしばです。みんなを思いやって優しく社会全体を考えることができる人が多いのが日本の特徴で、それがすみやすさにつながっています。常日頃、「日本すばらしい〜」を連呼している人たちがなぜ、この「パニック」を起こすと日本人(自分自身)を馬鹿にされているのに怒らないのか、全く理解に苦しみます。まさに、「由らしむべし、知らしむべからず」そのものです。−本来の引用として不適切ですが−

 そして、保険収載されたにもかかわらず、SRLの大手検査機関に一般病院、医院から検査依頼は来ていないという報道があります。保健所はそもそも保健医療機関ではありませんから、保険請求することはできません。我々のような開業医や、あるいは病院は常に保険請求していますから、検体を受け付けることになれば、できる(あるいはせざるを得ないとき)病医院は、今すぐにでも可能です。なぜ多数の検体を処理したことのない保健所で未だに検査を継続しているのか。全く理解に苦しみます。

 みんなで知恵を出そうではありませんか。日本にはCDCがないから、この惨状になったなどと言うどーでもイー話に時間を割く余裕はありません。
posted by いんちょう at 21:46| Comment(3) | 新型肺炎
この記事へのコメント
体育館病院の写真を初めて見たときは、変なの!と思いました。
でもコロナの事を少知り少し賢くなった私は、日本でもサクサク検査して、家で寝てればよい程度の人は家族にうつさないように、体育館型入院施設も有かな?と思うようになりました。
医療破綻は、患者数の激増だけでなく、医療者の感染による戦力低下やインパール作戦を強いられる医療者のモチベーションの低下も考えられます。
医療者を守りながら、この困難を乗り越えるには、医療者側の現場からの声を最大限尊重するのが、最も簡便んで実効性が高いのではと、思います。
Posted by ナイーヴ at 2020年03月13日 11:03
モ−タ−レ−スの最高峰F1が中止
https://www.as-web.jp/f1/573188

チームスタッフがコロナウイルス陽性
https://response.jp/article/2020/03/13/332573.html
F1レ−スは予選から決勝まで3日間でだいたい20万人〜30万人の観客が集まるが、その経済的損失は甚大、しばらく中止で中盤からのヨ−ロッパラウンドで収束するとは思えない。

Posted by いつもROMばかり at 2020年03月13日 22:33
多くの医師が院長の叫びを聞いて声を上げてほしいものです、なぜなら患者を問診しなければならない最前線にいるからです。
コロナウイルスはインフルエンザと同じでそのうち収束すると的外れなことをいっている人がいますが、風邪とは何かが違うと感じています・

これは亡くなった中国の医師 李文亮の経過です
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%96%87%E4%BA%AE

2020年1月8日新型肺炎を疑われる高齢の緑内障患者を診察した
1月10日に、自身も咳や発熱などの症状が現れたため、1月12日から集中治療室で隔離治療を受け始めた
1月30日まで何度も核酸検査を受けていたが、陽性との結果は出なかった
2月1日に感染が確認され、同日に彼の両親や数人の同僚医師の感染も確認された
2月6日夜病院でなくなる、33歳の若い医師が亡くなった経過に違和感を感じる。

新型コロナウイルスは検査をすり抜け変異しているのではないかと疑っている。

感染力の強いコロナウイルスをこの李文亮医師は2度感染したのではないか。
一度目は無反応で気がつかず、少し変異した2度目のコロナウイルスに過剰反応して
33歳の若い医師が亡くなったのではないかと疑っている。

インフルエンザなら抗体ができ発熱しているときは人との接触をさけ回復すれば他人に
移ることはないが、新型コロナウイルスは防御をすり抜ける能力がインフルエンザと
比較できないほど強力だと考えている。

気温が高くなれば風邪と一緒で収束するだろうとの楽観論もあったが、
気温高いインドネシアでの状況から見てそれも期待できないと思っている。
Posted by いつもROMばかり at 2020年03月14日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。