2020年03月16日

大阪場所−千代丸の病名は何か

 関東軍の本部である大阪で、大相撲春場所が無観客開催されています。

その春場所で、ついに、発熱者が出ました。
千代丸が高熱で休場、関取では初 師匠は隔離指示
[2020年3月15日14時30分]
日本相撲協会の鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)によると、千代丸はこの日朝に39度7分の熱が出たという。師匠の九重親方(元大関千代大海)には、すでに隔離するように指示。この日、インフルエンザの検査をしたが、16日も病院に行き、検査するという。十両以上の発熱休場は今場所初となった。

同部長によると、前日の取組後には38度6分の熱があったという。今場所は朝と夜に検温して37度5分以上の発熱が2日続くと原則的に休場させるが、朝の検温を基準としているため、協会は千代丸については該当しないとの認識を示した。十両以上の休場は4人目となった。

 ちょっと意味がわかりませんね。夜と朝に熱があれば、もう何らかの病気でしょう。そして、インフルエンザの検査をした とはかかれていますが、何かの症状がある(たとえば、足が痛いとか、頭が痛いとか)とは書かれていません。ここは一つのポイントです。

大相撲、千代丸が2日続けて発熱 新型コロナ感染検査へ
2020/3/16 14:46
千代丸は15日に39・7度の高熱があり休場した。日本相撲協会の鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)によると、16日朝も40度あったため大阪市内の病院で、蜂窩織炎の疑いが強いと診断された。しかし師匠の九重親方(元大関千代大海)からPCR検査を受けさせると報告された。胸部のエックス線検査は異常がなかった

 まず、危機管理として全くなっていません。一番最初にコロナ肺炎の検査を受けておくべきです。ここで無駄に2日間過ぎてしまったのは、もし仮にコロナ肺炎だとしたら、おそらく同部屋の人たちもかなりの確率で感染させてしまいます。なぜ、2日も待ったのかが、わかりません。
 そして、蜂窩織炎の疑い とされていますが、もし蜂窩織炎で、39.7度の熱が出ているのならば、白血球とCRPがかなり上昇しているはずですし、その感染部分の疼痛はひどく、まともに歩くことなどできないはずです。診断は疼痛部分のMRIをとれば容易にできます。それなのに、なぜ「疑い」がついて、レントゲン写真まで撮っているのか。かなり不自然。

千代鳳 兄・千代丸は「熱が下がらない」16日朝は40度に上昇 PCR検査へ
3/16(月) 15:50配信 高熱が治まらない幕内千代丸の実弟、十両千代鳳(ともに九重)が「元気は元気みたいなんですが、熱が下がらない。40度出て1日で治ったらそれこそ化け物」と心配した。
 千代丸は14日夜に38・6度、15日朝に39・7度、この日朝は40度に熱が上昇。新型コロナウイルス感染を判定するPCR検査を受けることになった。

 大阪市内の宿舎で現在、千代丸は2階の個室に隔離。トイレに行くくらいしか部屋からは出ない。千代鳳は自室が1階で出会うことは全くないという。
本当に蜂窩織炎ならば、病院に入院して抗生剤の点滴が始まっているはずです。これで、蜂窩織炎ではないことがはっきりしました。それにしてもこんな高熱でも、病院に入院せずに宿舎にいるんですね。いくら何でもかわいそうじゃないでしょうか。

 力士はちゃんこ鍋をみんなで食べます。宿舎でもおそらく、そんな感じで食事をしているはずです。関東軍の本拠地でコロナ肺炎にかかって、大阪場所が休止となることは許してもらえませんから、おそらくコロナ肺炎ではなかったと「公式」発表されるでしょう。しかし、相撲は誰がどう考えても「濃厚接触」です。取り組んだ力士、宿舎が同じ力士などが「けが」と称して、休場となる予感がします。

 維新による「日本浄化計画」は、着々と進んでいるようです。
posted by いんちょう at 21:25| Comment(1) | 新型肺炎
この記事へのコメント
先生のツインター見て湯川れい子さんのフランスの情報に間違い書かれてます。
新型コロナウイルスの患者にイブプロフェン、ケトプロフェン、非ステロイド性抗炎症薬、コルチゾンは使わないようフランスでは言われてます。免疫力が落ち重症化するそうです。熱があるときは、アセトアミノフェン (パラセタモール)の分類を飲むよう勧めてます。湯川れい子さコルチゾンいいと書かれてますがNGです。ツインターしてないのでここに書かせていただきました
Posted by ゆき at 2020年03月17日 02:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。