2020年04月06日

外堀を埋められて「緊急事態宣言」

 ついに明日、緊急事態宣言が発令されることになりました。
緊急事態宣言、7日発令=1カ月程度、7都府県
 2020/04/06 19:40
 東京都内などでの新型コロナウイルスの感染者急増を受け安倍晋三首相は6日、改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を7日に発令する方針を表明した。実施期間は1カ月程度。東京など状況が深刻な7都府県が対象となり、一定の私権制限が可能となる。感染症専門家や弁護士でつくる「基本的対処方針等諮問委員会」の議論などを経て、正式に発令する。

 同法に基づく緊急事態宣言は初めて。首相は当初、経済的な打撃への懸念から宣言に慎重だったが、東京都などの医療体制が逼迫(ひっぱく)してきたことから、発令は不可避と判断した。東京のほか、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡の6府県が対象となる。

東京都で5日に140人以上の感染者が新たに確認されるなど、大都市部での感染者が急増。小池百合子都知事は「国家としての決断が求められる」と首相に宣言発令を迫っていた。首相は7日に衆参両院の議院運営委員会に出席し、発令について国会に事前報告する。 


 決断力のない「危機管理」内閣が、ようやく決断をするようですが、これは、もう外堀を埋められてしまって、もはや仕方なく発令したことは、これまでの経緯を知っている人には明らかです。


【非常事態】東京都医師会が医療的緊急事態宣言を発令 / 新型コロナウイルス緊急記者会見で断言
2020.04.06
東京都医師会の会長である尾崎治夫氏が、現在の新型コロナウイルスの状況をふまえ、2020年4月6日(月曜日)に医療的緊急事態宣言を発令した。
・公式に医療的緊急事態宣言を発令

尾崎治夫会長は2020年4月5日(日曜日)に自身の公式Facebookにて緊急事態であると断言するコメントを掲載し、さまざまな自粛を要請していた。今回は東京都医師会として公式に医療的緊急事態宣言を発令したことになる。


 医師会(専門家)の危機感に反して、政治家はのんきなもの。したくないという姿勢が見え見え。諸外国の危機感とは全く違います。コロナ?なに、それ?のレベル
緊急事態宣言の発令はいつ? 政府は何を見ているのか
2020.3.31 19:04
 新型コロナウイルス感染症をめぐり、地方自治体をはじめ各方面から、政府は緊急事態宣言を発令すべきだとの要求が強まっている。私権の制限を含み、国民生活や経済に大きな影響を与えるため、政府は慎重に判断する構えだ。発令に踏み切るには、病院が患者を収容できる余力▽感染経路を追えない新規感染者数▽海外から入国後に感染が確認される「輸入症例」−などが主な指標となる。

 ただ、定量的な基準は明らかではない。政府関係者は「宣言を出すと経済が死んでしまう可能性がある」と慎重な見方を示し、別の政府高官は「感染者が200人、400人と倍々に増えてからだ」と述べた。
 経済が死ぬ前に、人が死んでしまいますけれども。人さえいれば、復興はどうにでもなるりますが、人がいなくなったら国家として成立しません。やんごとなき人だけが残っても、それは国家ではありません。

結局外堀を埋められる形で、明日発令せざるを得なくなりました。PCR検査件数があまりにも少ないことに対して、
安倍総理、PCR検査体制「1日2万件」への倍増を明言 人工呼吸器や治療薬アビガンの増産も
4/6(月) 19:03配信
 安倍総理は6日、新型コロナウイルスに関する感染症政府対策本部の会議において、1日のPCR検査体制を2万件へ倍増させるなど、さらなる感染拡大防止に向けた新たな対策を明らかにした
一ヶ月遅すぎます。そもそも、なぜ未だに保健所が主力になってPCR検査を牛耳っているか、よくわかりませんでしたが、これは厚労省の「利権」が絡んでいるのではないでしょうか。これで、保健所の人員を増強する立派な口実がつくからです。公務員にこれほど大量の検査を処理させることは酷。なぜ、民間に依頼しないのでしょうか。あるいは、最新のPCR検査機器がほしい研究室は山のようにあるはずですから、そこに依頼すればあっという間に1日10万件も簡単にできるはずです。
 それをあえてしないところを見ると、厚労省がこの疫病を勢力拡大のチャンスとみて、最大限利用としているとしか考えられません。専門家会議は、自分たちの経験からしか学ばず、海外の優れた方式に全く目を向けようとしていません。
 優秀な人材がたくさんいるのに、一部の縦割り行政でつぶされていく。もし、本当に厚労省が権益確保のために保健所検査を維持しているとすれば、許されない話です。ただちに、健康保険を用いた民間検査が医者への委託に舵を取ってください。今からでも遅くはありませんから。

 なぜ、無自覚の陽性者が病気を拡散していることに気がつけないのでしょうか。全く信じられません。このままでは、社会のインフラ自体が壊滅してしまいます。早急な改善を求めます
posted by いんちょう at 20:47| Comment(3) | 新型肺炎
この記事へのコメント
民間だと結果が出るまで1週間かかると言われました。
Posted by sato at 2020年04月06日 22:10
指定医療機関にPCRを何台かずつ導入し、保健所をパスさせたい。
Posted by sato at 2020年04月06日 22:22
アビガンは、有用だとされる中国の論文が撤回されていたりします。
Clinical Trials Arena などの臨床試験記事を眺めても現時点ではうーん…って感じです。
少なくともデータはもっと必要な気がします。
https://www.clinicaltrialsarena.com/comment/influenza-favipiravir-covid-19/

一方、レムデシビルは 米国と中国で Phase III まで進んでおり、
早ければ4月中にも結果が出る見込みです。WHOもレムデシビル推しらしいです。
https://nk.jiho.jp/article/150372

コロナに掛からないことが1番なのですが、
もしも万が一のことがあれば、
順調にフェーズを進めているレムデシビルを個人的には利用したいです。
Posted by 庶民 at 2020年04月07日 02:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。