2020年04月22日

ついに起きた小学校のでのクラスター感染

 皆が恐れいていた事態が現実のものとして起きてしまいました。

小学生と教員、4人感染 陽性児童と同級―富山
2020年04月22日11時05分
 富山市は22日、市立神明小学校の児童3人と教員の計4人が新型コロナウイルス陽性となったと発表した。同校では15日に児童1人の感染が判明し、同じクラスの児童らについて検査を進めていた。
 市によると、新たに感染したのはいずれも10歳未満の女児2人、男児1人と、クラス担任の20代女性教員。児童3人は無症状で、教員は一時発熱したが今は症状がないという。最初に感染が確認された児童は4月8〜10日に登校し、その後同居家族の陽性が判明。検査の結果、15日に陽性となっていた。


こちらのブログが経緯については詳しいです。
【コロナウイルス】富山市立神明小学校でクラスター、児童4人・教員1人が感染、体育館の学校行事で大合唱

では、富山の学校はどのような状況だったか。

富山市の小中学校30日まで休校
04月15日 23時09分
富山市教育委員会は、市内で新型コロナウイルスの感染が急増していることから、小中学校の臨時休校を4月30日まで延長することを発表しました。
富山市教育委員会では、4月13日から24日まで臨時休校にするとしていましたが市内で感染者が急増していて、危機的状況となっていることや市内の施設が4月末まで臨時休業の措置を取ったことを受けて、小中学校の休校期間を4月30日まで延長することにしました。
再開は5月1日の予定としていますが、今後の感染状況を見て、休校期間をさらに延長する可能性もあるということです。
また公立の幼稚園について、4月17日から30日まで臨時休園するほか、市内の保育所などについても、30日まで利用の自粛を呼びかけています
 手遅れでした。なお、上で紹介したブログによりますと、全校生徒を体育館に集めて、始業式、入学式を行ったようです。これで、生徒を通じて家庭内に逆感染が起こり、もし両親が亡くなったりした場合には、いったい誰が責任をとるというのでしょうか。そういったことが海外では起きているのです。首相による3月の学校閉鎖は唐突でしたが、あれだけは正しかったといえます。

 なお、専門家会議は次のように発言しています。
新型コロナ、子供は学校で感染せず
2020.4.1 22:34ライフからだ
 政府の専門家会議が1日に示した提言では、子供は新型コロナウイルスの感染拡大の役割をほとんど果たしていないとの見方が明らかにされた。インフルエンザと異なり、学校内で感染拡大が生じた事例が確認されておらず、子供への感染の多くは家庭内で起きているという。
インフルエンザでさえまん延するのに、専門家会議は、知見がないから大丈夫と太鼓判を押しているのです。こんな専門家会議に存在価値などありません。直ちに責任をとり、全員辞表してください。無能な人たちに指示を受けたら、救えるものも救えなくなります。
 今回の富山の集団感染が、これ以上広がらないことを強く願うばかりです。誰もがわかっていることが、誰もがわかるとおりに実現化されただけ。本当に情けないです。
 学校再開は、発熱した児童を保健室である程度安心して預かれるようになってからでしょう。今の状況では、どれだけ立っても不可能です。ただちにオンライン授業に切り替えるべきです。また、塾も強制的に閉鎖してください。せっかく学校が閉鎖されても、塾経由で伝搬したら何の意味もありませんから。

文科省は、現実を見据えて、古くさいカビの生えた理論を振りかざすのはやめてください。

対面指導」崩さぬ文科省 オンライン授業に壁
2020/4/21 22:13 (2020/4/22 4:33更新)
新型コロナウイルスの感染拡大による休校が長期化する小中高校で、学習の遅れを防ぐオンライン授業の導入が進んでいないことが、日本経済新聞の調べで分かった。対面指導なしでは原則、単位として認めない文部科学省の規制が高校側の消極姿勢につながっている。一部の自治体が実施を計画していることから地域による学力差も生じかねず、生徒や保護者らが教育機会の均等を求める声は切実だ。


学校再開は、愚者の思考だ2020年04月05日

  
posted by いんちょう at 14:28| Comment(2) | 新型肺炎
この記事へのコメント
知り合いのお孫さん2名の通う学校
新幹線の富山駅近く 富山大近く高級住宅街

熊大 検査業者フル回転で
全市民PCR検査出来ると良いですね
Posted by 農家 at 2020年04月22日 18:07
もうこの国のコロナ対策の責任者は切腹ものでしょう、もう収束は夢の夢。

新型コロナ対応の「優等生」は「台湾・韓国・ドイツ」
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00122/00066/

台湾の対応

4月14日と4月16日は新たな感染者が1人も確認されなかった、そのプロセスは以下の通り

武漢市が混乱時に台湾は年明け5日には、指揮センターを設置。21日に初の感染者が台湾で確認されると、翌22日に蔡総統は全力での防疫を国家安全会議で指示した。

1月下旬には台湾全土のマスク工場に予算を投じて生産ライン増設に着手し、人員の不足に対しては軍人も動員して、現在では1300万枚の製造能力がある、2月6日に政府がマスクを管理し全量を買い上げてマスク不足に対処し4月1日に他国にマスク計1000万枚を寄贈すると表明した。(布マスクを手配した馬鹿総理とはえらい違い)

韓国の対応
台湾と比べて初期対応で出遅れたが、ドライブスルー/ウオーキングスルー方式の検査で隔離し、3月中旬から徐々に減少していった。

台湾や韓国が封じ込め成功したのは徹底的な検査と隔離、そして休業補償があり迅速な対応の成果で日本とは雲泥の差

ドイツの対応
ウイルス検査を大規模に実施する手法を採用し、多くの感染者がでたが、充実した医療設備で医療崩壊にならなかった、全土で1万以上の集中治療病床が感染者用に確保されそれは死亡率に表れ他国より小さく徐々に収束に向かっている(ここが日本と大きな違い)

新たな感染者数
https://www.google.com/search?client=firefox-b-d&sxsrf=ALeKk01S3MoOvEE7G4qSOlpVQKvVVOD6pg%3A1587561913653&ei=uUWgXpWZJ9jW-QbO7pXoAQ&q=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E6%84%9F%E6%9F%93%E8%80%85%E6%95%B0&oq=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A&gs_lcp=CgZwc3ktYWIQARgGMgQIIxAnMgUIABCDATIFCAAQgwEyBQgAEIMBMgUIABCDATIFCAAQgwEyBQgAEIMBMgQIABADOgQIABAEOgYIABAEEAo6AggAOgQIABBDOggIABAEEAoQKlCpFFjWOmDKbGgAcAB4AIAB9AGIAdoSkgEGMC4xNC4xmAEAoAEBqgEHZ3dzLXdpeg&sclient=psy-ab

コロナ感染経路
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-germany-defences-idJPKCN21T00Z

一人の武漢在住の女性が感染し、その感染者第4号の後ろに座っていた同僚が振り向いて塩を取ってもらった瞬間その社員は感染者5号になったと結論した、新型コロナは一瞬で感染するリスクがある。

この国の首脳陣は嘘と偽りばかりで、収束は夢の夢だろう。
Posted by いつもROMばかり at 2020年04月22日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。