2020年04月25日

8割削減では状況は何も改善しない−コロナのイケメンを隔離せよ

8割おじさん とよばれて、自己満足に陥っている西浦博教授(北海道大学社会医学分野教授)彼の理論によれば、8割移動を削減すれば劇的に状況は改善すると主張。
2020032401.jpg

彼の主張は、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年4月22日)に書かれていますので、少し見てみましょう。彼の理論は、Ro(1人の人が、何人に感染させるか)を2.5人として、組み立てているようです。この数値がどうか、そして数式には全く興味がありませんので、彼の根幹である予想グラフを見てみましょう

2020042502.JPG

えらくきれいに、下がっていますよね。8割削減程度でこんなに簡単に下がれば、各国苦労しないはずですが・・・さて、実態はどうか。Finansial Timesより
2020042501.jpg
 星が各国のロックダウンの日です。ロックダウン後もなすすべもなく、感染者が増加していることがわかります。つまり、彼の理論はウソは百であることは、すでに証明されているのです。日本よりも厳しいロックダウンを各国がしていることは周知の事実です。それなのに、全く感染を抑えきれず、結局「検査、検査、検査」で隔離を行ってようやく、感染者数が減ってきています。


自宅隔離は感染広げる、武漢の轍を踏まぬよう−中国がイタリアに警告
Bloomberg News 2020年3月31日 3:04 JST
イタリア、症状の軽い患者を施設で集団隔離するべきだ−専門官
イタリアを訪問した中国の専門家チーム、インタビューで発言


研究が明らかにした「新型コロナ感染者の17.9%は無症状」
もし自分が新型コロナウイルス(SARS-CoV2)を運んでいてそれに気づいていないとしたら? 知らぬ間に、ウイルスを他の人に移していたらどうだろう?

「無症状比率」とは、新型コロナウイルスに感染していながら、症状が表に出ないまま、無意識にウイルスを拡散している可能性のある人々の割合である。もしその数字がわかればおおいに役立つはずだ。ウイルスがどこまで広がっているのか、感染拡大をどう防げばよいのか、致死率はどの程度なのかを教えてくれるからだ。
2つのことを考え合わせると、感染拡大防止には、
・無症候性の人を拾い出して、隔離
・自宅隔離は行わず、軽症者用施設に移動
・PCR陰性を確認して、退院

として、初めて感染の拡大が終わります。日本はいったい何をしているでしょうか?上記で述べたことは一切していませんから、感染が減るはずもありません。8割おじさんの謎理論のどこがまちがいか、感覚的に説明してみます。

 空気で感染する病気ではぴんときませんから、仮定の話として性病とします。性病ですから、SEXをしたときに感染します。そして、それは1:1でおきます。この場合、感染の拡大を防ぐにはどうしたらよいでしょうか。簡単ですね、その病気を持った人を封じ込めてしまえばよいわけです。ここで、イケメンくんとオタクを考えてみましょう。イケメンくんは、気に入った女性をいくらでもものにできます。しかも、自分で努力することもなしに(源氏物語の主人公のように)手当たり次第にです。かれが性病を持っているとしましょう。そして、オタクは努力しても女性をものにできません。もし、イケメン=1 オタク=9 の割合で組織が形成されているとしますと、1人が女性にうつす人数は、1日あたり0.1となります(イケメンだけが女性にうつす)。では、感染を制限するために異性との接触自体を禁じるとします。それも80%削減とお触れが出たとしましょう。残るのは、イケメン:オタク=1:1 となります。(オタク8人だけがそのお触れを守った)しかし、相変わらず伝搬は止まりません。今までと同じように患者は増加します。
 当たり前ですね、いくら制限してもイケメンは以前と変わらない行動をとっているのですから。つまり、このイケメンを捕まえて、隔離してしまえば、残り9人のオタクは隔離する必要は全くありません。そもそも彼らは感染には全く関与していなかったのですから。

 コロナ肺炎も同じです。結局、無症候性の人がいて、その人が動き回っている限り、感染が減ることはありません。コロナ肺炎のイケメンを探し出して隔離する手法が、ロックダウンであり、検査、検査、検査なのです。そのいずれもしていないニッポンが8割おじさんの机上の空論のごとく感染者数が激減すると考えること自体が大きな間違いです。もはや、大本営もびっくりのウソ。

 日本のイケメン野放し8割削減には何のメリットもありません。感染は相変わらず増加しますし、経済的にはもう果てしない犠牲を払うしかありません。8割どころか、大都市はロックダウンし、無症候の人も含めて検査、検査を行い、PCR陽性患者は徹底的に隔離する。つまり、各国のとった政策以外に道がないことは明らかでしょう。

 まさか、8割おじさんの「理論」を証明するためにPCR検査を絞りまくるようなことはしないですよね?

無症候者でもコロナウイルスを排出する020年04月09日
コロナ肺炎−傾向と対策2020年03月31日

  
posted by いんちょう at 17:59| Comment(3) | 新型肺炎
この記事へのコメント
いつも鋭い分析ありがとうございます。
FTのグラフとの比較は説得力あります。
Wikipdiaですが世界各国の推移をまとめた記事がありました。国別の記載ページもあります。ご参考まで。
https://en.wikipedia.org/wiki/National_responses_to_the_2019%E2%80%9320_coronavirus_pandemic
Posted by 山崎吉高 at 2020年04月25日 19:16
https://www.city.funabashi.lg.jp/kenkou/kansenshou/001/p076863.html#information

船橋市福祉施設 職員家族 PCR総検査
28.1%陽性
無症状は怖い
発熱感染者いくら
入院させても終わりません
毎晩ご苦労様です
Posted by 農家 at 2020年04月26日 02:37
小野俊一先生讃

 小野先生は、いつも、お話が具体的、実際的で、ペーパー博士やマスコミ医者の観念論をきらひ、自から工夫して最良の方法を考へられる、まことにエンジニア的な(医師)医療技術者だ。
 本物の技術者は、原理から実際までを知り、どんなもの(物・モノ・者)でも修理(恢復)させる。
Posted by 渡邉 建 at 2020年04月26日 14:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。