2020年04月28日

熊本市で医師会が5月にPCR検査センター立ち上げ

 熊本市で5月から、保健所のトリアージが入らないPCR検査が開始されることになりました。

PCRセンター5月開設へ 熊本市と市医師会、市有地を活用
2020/4/25 6:00 西日本新聞 熊本版 古川 努
 新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、熊本市と市医師会が協力して開設準備を進めているPCR検査に特化した「地域外来検査センター」(仮称)の概要が明らかになった。市によると、建設予定地は市所有の「食肉センター跡地」(中央区)。5月中の運用開始を目指すという。

2020042801.JPG

 新たな仕組みでは、患者はかかりつけ医に電話相談し、診察で感染の疑いがあると判断すれば検査センターを紹介。同センターで速やかに検体採取とPCR検査ができるようになる。車に乗ったまま検体採取ができるドライブスルー外来の運用も検討している。

 検査センター開設によって、かかりつけ医の判断で保健所を通さずにPCR検査が可能となる一方、感染者数の増加も見込まれる。大西一史市長は「県と協力、調整しながら、病床確保や無症状や軽症者の受け入れ先の確保を進めたい」と話した。


 そもそも、地域全体の発熱患者を保健所でトリアージするのが無理なのは最初からわかっていることです。数人で対応出来るのならば、地域の小児科、内科は不要と言ってもいいくらいです。風邪の季節になれば、当院のような規模の小さなところでも10名近くの方が来られることもあります。なぜ、このような検査の流れになっていたか、最初から理解出来ませんでした。

 発熱があっても、4日間自宅で様子を見ておけとは、江戸時代の医療だ とかいたところ、とある方から、江戸時代だってそんなことはしていませんよ。と指摘を受けました。たしかに風邪の引き始めの葛根湯など、漢方薬には感冒の薬が多数あります。症状に応じて使い分けるのですから、確かに4日間も放置していたはずはありませんね。しかも、この4日間の様子見とは、4日間で治らなければPCR検査をしてやってもいい などというふざけた話なのですから、患者に施す医療とはそもそも真逆の発想です。
 「風邪で休めない人のために」とか、「インフルエンザは早めの受診を」などと「宣伝」していたのに、まるで正反対のことを平気で医療界が言い始めたので、最初は非常に驚いて、こんなことが許されるのかと憤りを感じていたのは、ブログに書いたとおりです。(敵前逃亡した医師に未来はあるのか2020年03月17日

 今回のこの仕組みは、保健所を外して、かかりつけ医の判断で検査ができるようになったことが、一番大きいのです。これは、群星沖縄臨床研修センター長の徳田安春医師の提言がそのまま実現されたと言っていいでしょう。
 なお、神奈川県医師会もウォークイン検査を開始していますが、こちらの検査対象は保健所が認めた人たちだけ。これではあまり意味がありません。臨床を知らない保健所の職員になぜPCR検査の適否が判断出来るのか、さっぱりわかりません。このままでは、保健所が損害賠償請求裁判をおこされても、全く不思議ではありません。なぜ、こんな危険な運用を続けるのか、理解に苦しみます。
 無症候の方もいるわけですから、発熱患者は全員、そして、濃厚接触者、および調子の悪い方もすべてにPCR検査をおこない、どんどん隔離していかないと、この感染症は治まりません。なお、医師の掲示板では、最初から感染症と闘うことをあきらめている人たちが多いことは指摘しておきます。医師という資格を持っているだけで、このコロナ肺炎に関しては不勉強な人が多いのです。自分たちの尻に火がついているのに、全く勉強もせずに、楽観論にまみれている医師が多いことをきちんと知ってください。自分自身で情報を収集し、自分の頭で考えて行動してください。政府、医師の言うことを鵜呑みにしていては、自分の命を守れません。
 天は自ら助くる者を助くHeaven(God) helps those who help themselves. のです。

敵前逃亡した医師に未来はあるのか2020年03月17日
神奈川県が最新鋭の検体ブース採用2020年04月18日

  
posted by いんちょう at 16:43| Comment(4) | 新型肺炎
この記事へのコメント
素晴らしいですね!今後益々の発展を祈願致します。
Posted by ハマの住人 at 2020年04月28日 17:21
一匹「アブ」を殺しても、後からまた「アブ」はあらわれます。
                   先生より小さいアブより。
Posted by 癘{俊夫 at 2020年04月28日 17:56
ご苦労様です
院内感染 施設内感染 防止に
出入り関係者 2日一回 PCR検査

となると、熊大コバス フル稼働ですね

プラス 発熱咳を、早めの医師会検査
Posted by 農家 at 2020年04月29日 11:18
田中宇(さかい)氏が、
「都市閉鎖 vs 集団免疫」と題した論考をだしてゐますが、先生はどう思はれますか。

田中宇の国際ニュース解説 無料版 2020年4月28日 http://tanakanews.com/

Posted by 渡邉 建 at 2020年04月29日 11:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。