2009年05月17日

聴診器の修理

 医者になってから購入した<Littmann> Cardiology III が下の写真の通り、壊れてしまいました。当時3万円くらいしたと思いますが、出入りの会社に聞いたところ修理代2万円といわれてしまいました。
 この価格ですと、もうちょっと出すだけで、新品が買えてしまいます。参考価格

 ネットで検索すると、この補修部品は、バイノーラルというようです。いろいろ検索して、こちらに頼みました。
 土曜日に無事についてこの通り。チューブの手触りが良くなり、聴診性能も向上している感じがします。これからも長く活躍してくれることでしょう。F1000017.jpg
posted by いんちょう at 22:08| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
>修理代2万円
>
安物のLittmannを、学生時代から愛用しています。
同じように、ばねが折れること数回。
毎回、出入りの医療器械の業者に頼み、先端の聴診部分以外を交換していますが、2−3千円くらいです。
2万って、よほどいい聴診器なんですね。
Posted by endoscopist at 2009年05月19日 12:09
 コメントありがとうございます。
今の今まで、承認のしかた知りませんでした。

それほど高いものではありません。
3万円くらいでしょうか。

最近は、録音機能付きのものを買いたいと思っています。
Posted by いんちょう at 2009年09月19日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。