2009年10月10日

プラリペア

 このようなところを壊したことはないでしょうか?

09101001.jpg

これは、10年近く使っているCanonのパーソナルコピー機の紙送り部です。FC-20(まだ現役商品のようで、びっくり)
 瞬間接着剤でくっつけても、荷重がかなりかかる場所ですので、補修は不可能といって良いかと思います。

そこで、 以前より気になっていたプラスチック修理用接着剤プラリペア
http://www.plarepair.net/
を購入してみました。

09101002.jpg

この時点では、セット商品を購入したつもりになっていました。

付いている説明書の通りに、部品の一部を削ってV字型とします。

09101003.jpg

さて、ここに接着剤をつけようとして、困りました。
ニードルも、何もありません。





仕方ない次の代替用品を使いました。

09101005.jpg

耳かきはどこにでもあるとおもいますが、注射器は厳しいです。
購入時にセット商品を購入されることをお勧めしておきます。

さて、完成。

09101004.jpg

まだ、試してはいませんが、一度プラスチックを溶かして、接着しますので、十分な強度が保持されているはずです。プラスチックの半田付け補修という感じでしょうか。

ちなみににおいは、歯医者さんで補修の時に使うにおいと同じでした。(同じ成分らしい)

プラリペア・・・おすすめです。
posted by いんちょう at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32823023
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック