2011年01月11日

電灯のLED化

 LED(発光ダイオード)照明が安くなってきました。

今回は、2カ所交換

まず、火災報知器用の非常ランプ

2011011102.jpg

もともと、35V 5Wの豆球でした(交換時は、切れていました)このLEDは0.5W。

火災報知器は、24hrつけっぱなしですので、

5W x 24hr x 365日 = 43.8kwhr (963円/年)

0.5w x 24hr x 365日= 4.38kwhr (96円/年)

と1年分の電気料金で元が取れてしまいます。しかも、交換は不要と言って良いでしょう。

 次は、トイレの補助照明
2011011101.jpg

左側が、今まで。右が今回つけた豆球。

消費電力がこれは大きく違います。通常のクリプトン電球が、40W, LEDが0.7Wです。

ためしに、電力料金を計算してみましょう。1日8時間つけるとしますと、

40W x 8hr x 300日 = 96kwhr ( 2,112円/ 年)

0.7W x 8hr x 300日 = 1.68kwhr ( 37円/ 年)

とかなり違います(1年の開業日を 300日と仮定しています)

つけっぱなしたとしても、大した金額にはなりませんので、この電球は昼間でもつけっぱなしとすることにしました。(さすがに夏期は、消そうかと思っています)

 これらの発光ダイオードは、ご覧の通り金額も安く、おすすめです。

 熊本では、ハンズマンで入手できました。

 このほかに、常夜灯であるナツメ球もLEDが出ています。(400円程度)これも、消費電力が1/10になります。

 最近は、信号機も発光ダイオードが増えています。

・長寿命
・低消費電力

で消費者にはいうこと無しですが、信号のメンテナンス業者にとっては、非常に厳しい時代になった気が致します。
posted by いんちょう at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42506130
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック