2011年03月31日

福島第一近くの海から3355倍放射性物質

< 2011年3月30日 14:39 >
 福島第一原子力発電所では、汚染された水を取り除く作業が続けられているが、こうした中、第一原発近くの海から、国の基準の3355倍という高濃度の放射性物質が検出されたことがわかった。

 第一原発では、タービン建屋の地下に放射線量の高い水がたまっていて、電源の復旧作業ができない状態となっている。「東京電力」によると、1号機では、汚染された水を建屋内にある復水器に移す作業が進められていたが、29日午前7時半に復水器がいっぱいになり、作業は止まった。復水器の水をどこに移すかはまだ決めていないという。

 こうした中、経産省の原子力安全・保安院は30日、第一原発の放水口付近の海水から、これまでで最も高い濃度の放射性物質が検出されたことを明らかにした。放水口付近では、25日に採取した海水から、国の基準の1250.8倍の放射性ヨウ素131が検出されていた。今回新たに、29日午前に採取した海水から、放射性ヨウ素131が国の基準の2572倍、29日午後に採取した海水からは、これまでで最も高い、国の基準の3355倍検出された。

 原子力安全・保安院は「周辺の住民に直ちに影響はない」としている。一方で、高い濃度の放射性物質が29日も検出されたことで、施設内にある汚染された水が海に流れ出ている可能性が高まっている。

以上が昨日流されたプレス発表です。

ここで、注意したいのが絶対値が出ていないこと。何ベクレルかも表示しないと、国が基準値を変更した場合に、実際にどうなのかが全く分からなくなります。

21日の時点では、
http://d.hatena.ne.jp/raspy/20110324/p1
などによると
40Beq/kg

だとすると、

40Beq x 3355 =13万4200 Beq/kg

となります。こんな報道ではダメです。きちんと数字を書かないと、比較ができませんし、基準値を変えてきた場合に、さっぱりわからなくなります。

 正確な報道を望みます。
タグ:P
posted by いんちょう at 10:02| Comment(8) | TrackBack(1) | 原子力
この記事へのコメント
前略、米国のEX−SKF−JP(ウルトラマンがんばれにっぽん)から先生を知りました。
医学には無知ですが核汚染はかなり、やばい状態ですよね。 微力ながら警報出してます。
 先生もお忙しい中ご苦労様です。
参考までに
信じがたいでしょうが、西日本への移動制限がかかるのは時間の問題・・・かも(2011 05/20 09:20)警告はしました、ご自分の判断でお逃げください。m(__)m

東電の溶融詐欺の無罪放免
4000万人の被曝隠しSPEEDI非公開
4万個の線量計は配るな
土は計るな空中を計れ
汚染地域の線量非公開
汚染校舎で授業再開
汚染田で田植え
汚染野菜の産地非公開
汚染家畜の産地隠し(宮崎移動)
カタワモンが産まれようとも今の金だ(敦賀市長)
瀬戸内海に原発を!(山口県)
福島作業員被曝予防60万円は無用
、、、、、、、この国にまともな政治が有るとは思えない。

 だが心ある有志は居る
一目瞭然
東京もアウト 南青山空中で1μSv(土は6倍〜)
http://geiger.sblo.jp/
http://www.ustream.tv/channel/geiger-counter-creature
国立癌センターは0・6μSv(土は6倍〜)
http://www.ncc.go.jp/jp/information/sokutei_ncce.html
フィリピンに逃れたお医者さん 日本人が放射化している!
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/64ed7503a5c123edfa22c5ad49a86447
http://quasimoto.exblog.jp/
4000万人は夏目雅子並被曝済み
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/futofutomomo/diary/d672
Posted by futofutomomo at 2011年05月20日 10:40
もう、どこまで本当かわかりません。

東京壊滅は、大規模爆発が起きたときと思っていたのですが・・・

情報ありがとうございました。
Posted by いんちょう at 2011年05月20日 12:03
被曝写真87日で死亡
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/04/jco_3a4c.html
連動地震M8 浜岡、福井原発溶融事故では
京都、名古屋、東京が10Sv以上でこうなりますよね。
Posted by futofutomomo at 2011年05月21日 14:28
情報ありがとうございます。

 ご紹介いただきましたフィリピンの治療の話・・

 若干眉唾ではないかと今の所は思っています。放射線被曝の医療は一切やっていませんが・・・

 放射化するのは、中性子照射を受けたときで、内部に取り込んだからといってこのような変化が出るのでしょうか。

 もし、そうだとすれば、広島、長崎の原爆の時にもう少し簡単に医学的検査が進んだはずです。

 この話は、もう少し精査する必要があると思います。

 また、ご呈示いただきました写真は、中性子照射を受けた場合の変化です。内部・外部被曝ともガンマ線だけで、このような状態になるのでしょうか?

 私は今のところ疑問です。(もちろん、正しいのかもしれないです)
Posted by いんちょう at 2011年05月21日 16:12
5/16記事「浜岡5号機の海水リーク(細管破断?)」について

ツイッターから貴ブログにたどり着きました。いろいろとためになる記事を読ませていただきましたが、表記の記事に関して少し事実誤認をされていると思いましたのでコメント差し上げます。(当該記事でのコメント方法がわからなかったので、失礼ながらこちらにコメントさせていただきます。)

中電がリークの件をHPのプレスリリースに掲載していないということですが、一応HPには掲載されています。(報道を見た当日にチェックしましたが、掲載されてました。)

【運転情報】浜岡原子力発電所5号機 原子炉停止後の主復水器の導電率の上昇について
http://www.chuden.co.jp/energy/hamaoka/hama_info/hinf_unten/__icsFiles/afieldfile/2011/05/15/230515douddenritu.pdf

中電はトラブル情報などを次の基準で仕分けして公開しているようで、

<公開している情報について>
http://www.chuden.co.jp/energy/hamaoka/hama_info/hinf_about/index.html

今回ののトラブルは軽いトラブルの扱いで「運転情報」に掲載されています。
運転情報はHPに掲載するだけで記者発表はしていないようで、ここに書いていない400tといった数字は記者が取材で聞き取ったものでしょうか?

開けてみたらピンホールどころか、大きく破断しており、貴ブログでも指摘されていたように原子炉水が海水側にいくらかリークした可能性もあり、軽いトラブルではなかったわけですが。それにしても、(多分)溶接してあったエンドキャップがきれいに吹っ飛ぶなんて、聞いたことがありません・・・。
Posted by 名古屋人 at 2011年05月28日 01:31
名古屋人 様

コメントありがとうございます。
本日のブログ記事にさせていただきました。

 だんだん暴かれる新事実・・・
Posted by 院長 at 2011年05月28日 06:39
緊急執筆お疲れ様です^^;
60万Bq/m2以上被曝120万人http://twilog.org/HayakawaYukio
浜岡の配管、やはり厚さ2mm以下でした。
しかも熱交換機以外は錆びる鉄。
★Pu,Sr核種だけは隠されている高崎CTBTとんでもない量では?体内被曝倍率は40万倍。
もんじゅ関連 ご参考までに。
もんじゅ 原子炉直近に白木―丹生(にゅう)断層M6・8
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-04-01/2008040101_02_0.html
美浜大飯の直近にも
美浜原発は花折断層の真上にある。
http://www.jishin.go.jp/main/yosokuchizu/katsudanso/f073_mikata_hanaore.htm
701年5月12日 丹波で地震、若狭湾の冠島と沓島が海没したと伝えられる。
若狭湾津波 1586年の天正大震災M8・2の余震で?ルイスフロイス神父
1662年 寛文近江・若狭地震 花折断層 琵琶湖から北日本海まで倒壊家屋約4800軒。
直下型M7・5花折断層3〜5m動く 北近畿に50km 震度5+
http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_22/P025-043.pdf
2011年3月 若狭直下大深度微動開始
2011年5月 若狭中深度M2初動 若狭沖200km日本海30kmM2・5初動
2011年?月X?もんじゅ爆発(啓示:3月20)
▲17基のうち1個が爆発すれば汚染により緊急対応が・・・
▲耐震補強は終わったが金具を増やしただけ
▲理論上は600ガルに耐えるがコンクリ自体が1mはしなるので暑さ1・27mmの配管は割れる。
▲原発は止めても燃料は動かせないのでいずれ核汚染する。
▲もんじゅ、他半数の配管寿命(最大30年)は過ぎている。
▲よくもまあこんないいかげんな建築がどうどうとやられてた・・・唖然
金でもみ消してきたマスコミの責任も重大
配管割れによる爆発は無論ですが・・・
原子炉構造
http://www.jaea.go.jp/04/monju/category03/mj_setubi/genshiro.html
福島1〜3号と異なり、上から下に制御棒、なので底が抜けて漏出はしにくい構造。
逆に暴走時、制御棒は600度で溶けて大穴が開きチェルノブイリ並の爆散が起こる。規模は福島1号並の78万Kwで福島市内濃度が即死レベルになる。

図、、、底の円筒形鋳鉄はわずか3mmの床面ひずみで割れる、直下1000mに活断層。
また高温Naや高レベル中性子線による応力腐食割れが自然発生する。
霊視では中央燃料体が4割消滅する状態だった。
 茨城県東海村の常陽14万kw?では同様の6角形構造で、燃料体破損状態で運転!幸い大事故にはならなかったが、わずかな部品や破片が落ちていても、Na金属で塞がれている為に見えない、高速運転ではソレが燃料体を激しく破壊する。
Na漏れ爆発では、放置して逃げる以外の対策は無い。
 17基の若狭湾原子炉のすべてが、核汚染で管理、緊急対応できなくなる、誰が原爆症になってまで非常電源を繋ぐと言うのか。
強制避難エリアhttp://livedoor.3.blogimg.jp/ko_jo/imgs/d/2/d20f3305.jpg
警告http://getnews.jp/archives/109213
Posted by futofutomomo at 2011年05月28日 15:22
「原発依存は日本の現実」と米紙 補助金頼りの構造指摘

ほんじゃあ米国は「
戦争依存症は米国の現実」国防予算頼りの構造指摘

ナドと毒づいてみても 慰めになりませんね。
Posted by tomatosuki at 2011年06月01日 22:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44057688
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

福島第一原子力発電所 避難範囲
Excerpt: <お買い得情報> 一番肌触りがよいとされるバスタオルは今治製である?○か、×か?答えはこちらから 今なら楽天カード作成で、実質無料〜2000円引きで、商品が購入できちゃいます! 超お得!楽天で20..
Weblog: 新聞を読んでもわからない人のための最新ニュース
Tracked: 2011-03-31 10:37