2011年05月22日

株価からみる原子力災害の影響

まず、3月11日の株式欄から
2011052202.jpg

地震が起きたのが、マーケットの閉まる15分前。嵐の前の静けさ。

5月20日の株式欄から
2011052204.jpg

電力株だけ、黒くなっている(年初来安値)のがわかります。

では、電力だけみてみましょうか。

3月11日
2011052203.jpg

5月20日
2011052205.jpg

 もし,かり3ヶ月前に私がこの株価を見る機会があったら、こう考えるでしょう。
・ガス会社に取り立てて変動がないところをみると、戦争などの要因は考えられない。ある地域で何かがあったに違いない。
・東京電力の株価は、間違いではないのか?もし、間違いでなかったとしたら、会社存続に関わる問題が起きたと考えられる。沖縄電力だけ、低下が激しくないことを考えると、それは原子力災害だろう
・東北電力も1000円を切っている。逆に北陸電力は1300円台であることを考えると、北陸電力管轄の柏崎刈羽原子力発電所ではなく、東北電力管轄の福島第一あるいは、第二原子力発電所で大規模な放射能漏れが起きたのだろう。
・中国電力もかなり下がっていることは、東電、中部、中国、東北が持っているの沸騰水型原子炉でおきたことのサポートとなる

 事故を起こしていない電力会社の経営も急速に悪化しています。なにかおきたら、すべてだめになってしまう発電所をこれらかも運営を続けたいと思っているのでしょうか?起債、銀行借り入れなども困難になっているという報道もあります。(老後の資金を預けられますか?)

 断片的なピースから、未来を予測するおもしろい映画があります。

http://www.chou-jimaku.com/pc/titles/products/chj_pa_00055/
ペイチェック 消された記憶
19個のアイテムの謎を解き、消された記憶を取り戻せ!
情報化社会が進んだ近未来。コンピュータ・エンジニアのマイケル・ジェニングス(ベン・アフレック)は、数々のハイテク企業の極秘プロジェクトで荒稼ぎをしていた。
しかし、報酬の代償は記憶の抹消。機密保持のため、仕事が完了する度にその間の記憶は消去される契約だった。そんなある日、ジェニングスはケタはずれの高額報酬である巨大企業の仕事を引き受ける事になる。――そして3年後。仕事を終えた彼が手にしたのは、報酬を辞退する自筆サイン入りの誓約書と、19個のガラクタだけだった。いったい何があったのか? 19個のアイテムを手に、消された記憶をたどるジェニングスの戦いが始まる――!


 謎解きの過程が、非常におもしろくはまりました。
タグ:O
posted by いんちょう at 10:29| 原子力