2011年06月12日

1F-3号機 続報 高線量のがれき

ガンマカメラの単位 CPS(Count per second) ではないかと指摘をいただきました。お詫びをして訂正させていただきます。

 前回の写真(たとえば)これでは、単位が明記してあります。余計な誤解を呼ばぬよう単位表示をお願いいたします。

ちょっと報道が多すぎて、追いつけません。まず、3号機1階の続報

以前も紹介しましたページに大量の写真がアップされました。

本日のブログの続報

放射線量の測定結果が発表(なぜ、同時に出せないのか?)

まず、場所はここ
2011061117.jpg

@大物搬入口付近のガンマ線量
2011061118.jpg

なんと、max 1,820mSv/h(たぶんこの単位でしょう) 1.8Sv/hr ととんでもない線量が床に転がっています。CPS(count per second ではないかと、指摘いただきました。)

A計装ラック付近
2011061119.jpg

ここもmax 953.2mSv/h(CPS) この写真で、はしごの状況がよくわかります。やはり、上部が画面左側に飛ばされたのでしょう。はしごは上部が固定され、下部が画面右方向に変形しています。私の爆風の想定とは、反対方向です。うーむ・・・

ブログの記事1000mSv/hrのがれきを連想しました。

 これはとんでもないことなにかが起きているのは間違いありません。

There must be something!
タグ:1F
posted by いんちょう at 00:01| 原子力