2011年06月12日

1F-4 廃墟? Yahooに再度引用

写真はすべてクリックで拡大されます。
今、現在のYAHOO! 画面(2011.6.12 0:20)
2011061120.jpg

右上に廃墟のような写真が見えます。

このリンク先
2011061114.jpg

さらにその下
2011061113.jpg
一番下に私のブログが引用されています(2回目)

しかも、今回は4号機プールについてほかのニュースはありません。どうして私個人で作成しているブログだけしか、言及がないのでしょうか。大変不思議です。(誰でも手に入る素材です)

Yahoo!のこの写真に対する記事
<福島第1原発>4号機の原子炉建屋内の写真を公開…東電
毎日新聞 6月11日(土)19時51分配信
 東京電力は11日、福島第1原発4号機の原子炉建屋内の写真を公開した。大量のがれきが床に散乱し、発電機周辺の配管や壁が真っ黒にこげている。4号機では使用済み核燃料プールの水温を遠隔操作で測る様子などが公開されているが、それ以外の建屋内が公表されるのは初めて。
 4号機では3月15日に水素爆発が起き2度にわたって火災があった。発電機は原子炉再循環ポンプ用で、出火元とみられている。【酒造唯】


 再循環ポンプ用のMGセット(Motor-Generator Set)一瞬の停電も起こさないように、電力でモーターを回して、発電するという考えようによっては非常にばからしい装置−ですが、出火元というには、それほど焦げていません。この理由は納得いきません。

さて、東電ホームページから、この写真をとりだします。
2011061115.jpg

・・・・

2011061116.jpg

 もう、何十年間かうち捨てられた工場のような雰囲気さえ漂います。しかしながら、3号機とは違って、ススのようなものは見あたりません。比較的きれいです。燃料プールからの水漏れなども見あたりません。

 このあたりの空間線量はどのくらいなのでしょう?

(追記)
4号機プール、代替冷却難航か=配管の曲がり見つかる―福島第1
時事通信 6月11日(土)21時35分配信
 福島第1原発事故で、4号機原子炉建屋内の使用済み燃料プールに代替循環冷却装置を設置する際、接続先として検討していた配管が3月の水素爆発の影響で曲がっていることが分かった。東京電力が11日、社員らが10日に内部調査を行った際に撮影した写真を公表した。
 1〜4号機の同プールでは、2号機で5月31日に代替循環冷却装置が稼働。1、3号機も今月中の稼働を目指す。しかし、4号機は配管を修理するか、別の接続ルートにするかの調査で時間がかかるため、7月になる見通し。1、3号機のプールへは現在、内部配管を使って注水しているが、4号機はまだコンクリートポンプ車で放水を続けている。
 4号機のプールは4〜5階にあり、4階にはさまざまな配管や機器がある。水素爆発で壁に大きな穴が開き、代替循環冷却装置を接続するはずの「残留熱除去系」配管が曲がってぶら下がっていた。発電機の周波数を制御する大型機械も大破して黒くなっており、内部にあった大量の油が水素爆発後に燃えたのではないかという。


どう考えても、4号機の爆発の原因がはっきりしません。3号機でさえ健全だった配管がなぜ損傷してしまっているのか、また、なぜ建屋の壁が崩壊してしまっているのか?
建屋内部に3号機からの水素が充満して、一挙に爆発したのでしょうか?

判断するには決定的な材料がなにか不足しています。・・・それにしても、3ヶ月目もたくさん発表がありましたが、本丸は6月17日の工程発表でしょうか?
タグ:s 1F
posted by いんちょう at 00:32| 日記