2011年06月17日

女性を蔑視する報道(安全デマ)

立ち上がる日本の母親たち−原発事故受け
2011年 6月 17日 15:14 JST
 【柏市】福島第1原子力発電所の事故を受けて、全国レベルでも地域レベルでも、日本の母親たちによる、子どもを事故の影響から守るための対策を当局者に求める動きが活発化している。
母親たちは、ミクシーなどのソーシャル・ネットワーキング・サービスなどで賛同者を集め、当局に圧力を掛けている。こうした母親たちの小さな団体は16日に都内で抗議活動を行い多くのメディアの注目を浴びた。こうしたデモは他の地域でも発生している。また、ネットを通じた母親同士の情報交換や、地方自治体に対策を要求する請願書の署名集めもさかんに行われている。
 政府は16日、いくつかの下水処理施設周辺の放射線量が高いとの苦情が1件寄せられたことを受けて、それら放射線量が基準値を下回るようにすべきだと述べた。政府当局はここ数週間、福島第1原発からかなり離れた場所にあるホットスポット(局所的に放射線量が高い場所)の放射線量を公表している。原発から約300キロ離れた神奈川でも最近、茶葉から放射性物質が検出されるなどホットスポットが確認されている。


題名、書き出しだけ読みますと、まともな記事のようです。ここまでは、私もその通りだと思いますし、読んだ方も記事に引き込まれ、さすがWSJだと思われるでしょう。が・・・

 専門家の一部は、母親たちによる抗議活動が国民全体に過剰反応を引き起こす可能性を懸念している。近畿大学原子力研究所の講師、若林源一郎氏は、「放射能の人体に与える影響については、線量が高い場合を除いて確定的なところは分かっていないのが現状年100ミリシーベルト以下については、飲酒、タバコ、ストレスなどの影響と区別するのが難しい年1ミリシーベルトは法律上の規制値で、超えたら健康に被害がでるというものでもない。放射線を気にするあまり、子供を外で遊ばせなかったり、夏でも長袖やマスクを付けさせていたら、どちらが健康に悪いのか分からない」と話す。 (後略)
記者: Mariko Sanchanta and Mitsuru Obe


トンデモ発言です。この方は、下図の線量図を念頭にお話しされているのでしょう。
http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/04/post_2050.html より抜粋
2011061703.jpg

これには、注意点があります。100mSvとは書いてありますが、期間がありません。

原子力安全委員会も100mSv安全宣言を出していますが、記事にあるように

・100mSvについては、特に期間を定めない = 100mSv/生涯

なのです。

まだ、納得いかない方のために

放射線従事者でさえ、

・50mSv/ year
・100mSv/ 5year

となっているのに、どうして、 100mSv/year が安全だといえるのでしょうか

残念ながら、この専門家の意見が間違っているか、あるいは記者が勝手に mSv/生涯 を mSv/yearと間違って解釈しているかのどちらかです。100mSv/year を毎年浴びても大丈夫というのであれば、放射線従事者の管理値自体が大変ナンセンスになります。

 こういった間違った報道は許されません。いったい、どこにそういった記述があるのか、丹念に調べてください。また、この報道を元に近くにおられる女性の懸念を「キチガイ」扱いするとすれば、そういったことを言う人こそ、本当の キチガイ だと思います。

 女性の皆さん、こういった女性蔑視とも思われる故意にねじ曲がった報道に左右されることなく、ご自分の正しいと思われることを実行してください。

 記者を書かれた方。早急に訂正をしてください。一見冷静に書かれている記事だけに、大変たちが悪い。

追記(原文を読者の方に指摘いただきました) 2011-6-17 21:15
Moms Turn Activists in Japanese Crisis
Still, some experts worry that groups like Ms. Osaku's could cause the Japanese public to overreact. "There is no conclusive evidence about the effects of long-term exposure to low-level radiation on human health," says Genichiro Wakabayashi, lecturer at Kinki University's atomic-energy research institute. "It would be more harmful for children if they had to wear masks and long-sleeved shirts and to stay indoors in the middle of summer."
一言も具体的な線量のことは触れられていません。これは、記事をねつ造したのでしょうか?だとすれば、さらにたちが悪い。(もちろん、英文で100mSv/year で大丈夫と書いたら、避難殺到でしょうけど)

 いったいどういうことですか?きちんと説明してください

【柏市】福島第1原子力発電所の事故を受けて、全国レベルでも地域レベルでも、日本の母親たちによる、子どもを事故の影響から守るための対策を当局者に求める動きが活発化している。
Kyodo /Landov

文部科学省の担当者に会いにきた福島県の母親たち(6月)

 母親たちは、ミクシーなどのソーシャル・ネットワーキング・サービスなどで賛同者を集め、当局に圧力を掛けている。こうした母親たちの小さな団体は16日に都内で抗議活動を行い多くのメディアの注目を浴びた。こうしたデモは他の地域でも発生している。また、ネットを通じた母親同士の情報交換や、地方自治体に対策を要求する請願書の署名集めもさかんに行われている。

 政府は16日、いくつかの下水処理施設周辺の放射線量が高いとの苦情が1件寄せられたことを受けて、それら放射線量が基準値を下回るようにすべきだと述べた。政府当局はここ数週間、福島第1原発からかなり離れた場所にあるホットスポット(局所的に放射線量が高い場所)の放射線量を公表している。原発から約300キロ離れた神奈川でも最近、茶葉から放射性物質が検出されるなどホットスポットが確認されている。

 専門家の一部は、母親たちによる抗議活動が国民全体に過剰反応を引き起こす可能性を懸念している。近畿大学原子力研究所の講師、若林源一郎氏は、「放射能の人体に与える影響については、線量が高い場合を除いて確定的なところは分かっていないのが現状。年100ミリシーベルト以下については、飲酒、タバコ、ストレスなどの影響と区別するのが難しい。年1ミリシーベルトは法律上の規制値で、超えたら健康に被害がでるというものでもない。放射線を気にするあまり、子供を外で遊ばせなかったり、夏でも長袖やマスクを付けさせていたら、どちらが健康に悪いのか分からない」と話す。

 空間放射線量は、日本のほとんどの地域で震災前の平均的範囲内にあり、福島県とその周辺地域の一部の市町村でも憂慮すべきほど高い水準にはない。例外は福島市だ。同市の15日の空間放射線量は毎時約1.5マイクロシーベルトで、通常平均の30〜40倍。

 政府が定めた、原発やその他の人工放射線源による公衆被ばくの上限は年間1ミリシーベルト。日本の当局によると、一般の人が1年間に浴びる放射線量は世界平均で2.4ミリシーベルト(1ミリシーベルトは1000マイクロシーベルト)で、これには自然源やラドンなどによる被ばくが含まれるが、X線や航空機での飛行による被ばくは含まれていない。

 福島第1原発から約200キロ離れた千葉県柏市は、市当局によると空間放射線量が毎時約0.3〜0.4マイクロシーベルトと通常レベルを上回っており、首都圏で空間放射線量が最も高い場所の1つだ。そのため、子どもを持つ住民の中には引っ越しを検討し始める人も出ている。

 柏市当局と調査員は、高い放射線量が検知された理由について、福島第1原発の初期放射線によるものなのか、下流の汚泥処理施設からの2次放射線によるものなのか、あるいは両方によるものなのかは不明だとしている。

 米小児科学会(AAP)の放射線災害と子どもに関する一般的な方針説明では、大人よりも子どもの方が放射線被ばくによる悪影響を受ける危険性が高いとしている。その要因の1つは、子どもは1分間に吸い込む空気の量が大人よりも多いため、放射性ガスを吸い込みやすいことだ。

 また子どもは地面に近いため、より高濃度の放射性降下物にさらされる可能性が高いことも一因だ。AAPの環境衛生に関する委員会のリポートは、たとえ同じ放射線量にさらされたとしても、大人よりも子どもの方が放射線誘発がんなどの健康被害を受けやすいようだとしている。

 柏市では、母親らが中心となってネットを通じて1万人の署名を集め、子どもを放射線から守るために一段の対策を求める請願書を柏市役所に提出した。2日に柏副市長に会い、学校で毎日放射線量の測定を実施するよう要請した。だが、以来ほとんど進展はないという。

 柏市役所は6日から8日にかけて、管理下にある保育園、幼稚園、小・中・高等学校すべてで放射線量を測定し、高い放射線量を検知した。

 柏市広報担当者は、市役所には放射線の専門家がいないため専門家会議を設けたと述べた。その上で重要なのは冷静さを保ち、適切な情報を入手することだと述べた。

 東京都江東区では、3人の子どもを持つ石川綾子さん(33歳)が他の母親とともに「江東こども守る会」を結成した。同グループが先月実施した調査では、都内の汚泥処理施設の1つ「東部スラッジプラント」の周辺で、放射線量が毎時0.2マイクロシーベルトを超えていることが判明した。

 東京都大田区の東京湾一帯に位置する他の汚泥処理施設周辺の放射線量も高いことが判明した。これら施設では、都内の下水処理場で発生した汚泥を集めて焼却している。石川さんは、下水に流れ込んだ放射性降下物が汚泥処理施設に集められ、再び大気中に放出された可能性を疑い、江東区に問い合わせた。同区では、汚泥処理施設から放射性物質が放出されているとは考えていないという答えだった。

記者: Mariko Sanchanta and Mitsuru Obe

以上、日文

By MARIKO SANCHANTA And MITSURU OBE
See Corrections & Amplifications below:

KASHIWA, Japan−Yuki Osaku worried about the welfare of her 1-year-old and 3-year-old boys after a series of explosions rocked Japan's Fukushima Daiichi nuclear-plant complex in mid-March. But her parents and husband told her she was overreacting−their suburb of Tokyo is 124 miles away from the stricken plant.

Kyodo /Landov

Mothers from Fukushima prefecture met with an education ministry official in Tokyo this month.

"I felt like I was alone and no one felt the same way that I did. The Japanese media kept saying that everything was OK," says Ms. Osaku, 33 years old.

"I finally put out a message on Mixi and got so many responses," she added, referring to a Japanese social-networking site.

Fueled by online networking, mothers like Ms. Osaku are now putting increased pressure on Japanese officials at the national and local level to better protect their children. On Thursday, one small group gathered in Tokyo to protest−the latest in a handful of similar demonstrations by mothers−attracting considerable media attention.

Also on Thursday, the government, in an acknowledgment of one complaint that radiation around wastewater-processing facilities is too high, said levels there should be brought down to meet official guidelines. Government officials in recent weeks have disclosed elevated levels in hot spots a considerable distance from the plant. Elevated radiation was discovered recently in Kanagawa prefecture, about 186 miles south of the plant, in the form of contaminated tea leaves.

Still, some experts worry that groups like Ms. Osaku's could cause the Japanese public to overreact. "There is no conclusive evidence about the effects of long-term exposure to low-level radiation on human health," says Genichiro Wakabayashi, lecturer at Kinki University's atomic-energy research institute. "It would be more harmful for children if they had to wear masks and long-sleeved shirts and to stay indoors in the middle of summer."

Japan Real Time
The Geiger Club: Mothers Bust Silent Radiation Consensus Fukushima School Rule: Dosimeters for Kids Japan Bows to Parent Pressure Over Radiation Concerns Airborne radiation levels are within their average prequake range in most of Japan and at elevated but unalarming levels in some communities in Fukushima prefecture and the areas immediately surrounding it. The big exception is the city of Fukushima, 37 miles from the stricken plant, which on Wednesday had airborne radiation levels of about 1.5 microsieverts per hour, 30 to 40 times the usual average.

For the general public, the government sets a limit of one millisievert a year for exposure to nuclear plants or other man-made sources of radiation. The average person world-wide receives radiation totaling 2.4 millisieverts per year, or 2,400 microsieverts, from all sources− from natural sources to radon, but not from exposure from X-rays and airplane flights, according to Japanese officials.

Agency France-Presse/Getty Images

A Tokyo girl holding a petition asking the education ministry to protect children from radioactive contamination in May.
Akiko Matsuoka, a mother of two girls, lives in Kashiwa, which has higher-than-normal airborne radiation levels of around 0.3 to 0.4 microsieverts per hour, according to city officials, one of the highest in the Tokyo metropolitan region. "I was very concerned about the situation and I didn't have anyone to talk to," she said. "I found people online. They wanted to create an online petition; I volunteered to do it."

Ms. Matsuoka, who works in the computer industry, says she aims to leave the country this summer with her family, to work in Australia.

Local officials and researchers say it is unclear whether the elevated radiation is due to the initial radiation leaks from the Fukushima Daiichi, to secondary radiation from a downstream sludge facility, or both.

Ms. Osaku hasn't let her sons, Takuma and Yuuma, play outside since mid-March because of radiation levels. She bought a $600 personal dosimeter last month. Her boys have stopped drinking milk and the family buys imported food. She said her friends do the same, causing friction between them and other mothers who think they are overreacting−and making them and their children social outcasts in a society that values conformity.

"They think I am a monster parent," says Ikue Sakai, 27, who has two sons ages three and six, and also bought a dosimeter. "I keep getting asked by other parents, 'Why don't you just move? What do you want?' "

"This is what it's like in Japan," says Ms. Osaku. "If one person does something different, everyone else looks at us like we're strange."

The American Academy of Pediatrics' general policy statement on radiation disasters and children states that kids do have a greater risk of harm after radiation exposure compared with adults. One factor is that they inhale a greater volume of air per minute than adults, so are likely receive more exposure to radioactive gas. Also, because nuclear fallout settles to the ground, children may be exposed to a greater concentration of radioactive particles in their air space. They appear to experience more health problems, such as radiation-induced cancer, when exposed to the same dose of radioactivity as adults, according to a report by the AAP's committee on environmental health.

Ms. Osaku and her friends circulated an online petition, which garnered 10,000 signatures, demanding the local government take more action. They met with the Kashiwa City deputy mayor on June 2, and have asked that radiation levels in school be measured daily. But they say there has been little progress. "They just listened to us and made no commitment," says Ms. Osaku.

The Kashiwa City government measured radiation levels at all schools and pre-schools in their district over three days, from June 6 and 8 and found the elevated readings.

"We don't have radiation experts here, and we have convened a panel of experts now," says Tsutomu Komiyama, the spokesman for Kashiwa City government. "The important thing is to stay calm and to make sure we have the proper information. I have a small child. too. I understand how they feel."

In Koto ward in eastern Tokyo, Ayako Ishikawa, a 33-year-old mother of three formed a citizens group, Protect Children in Koto, with other mothers. A survey the group conducted last month showed that radiation levels exceeded 0.2 microsieverts per hour near a sludge-treatment facility, one of two such facilities in the city of Tokyo.

Radiation levels around the city's other sludge-treatment facilities, located across the Tokyo Bay in Ota, also were found to be elevated. These facilities gather and incinerate solid waste from wastewater-treatment plants all over the city. Ms. Ishikawa suspects that radioactive fallout was washed away into the sewage, collected in the sludge treatment facilities, and then released back into the atmosphere. Koto ward officials don't believe radiation is being released from the plant.

Corrections & Amplifications
A previous version of this article incorrectly said the city of Fukushima on Wednesday had airborne radiation levels of about 1.5 millisieverts per hour.

Write to Mariko Sanchanta at mariko.sanchanta@wsj.com and Mitsuru Obe at mitsuru.obe@dowjones.com

−Shirley Wang in New York contributed to this article.
タグ:P O
posted by いんちょう at 17:07| 原子力