2011年08月17日

コメの状況とふくしま農産物

8月14日毎日新聞より
2011081702.jpg

福島 1,600-2,000箇所
宮城 400箇所
茨城 400箇所
新潟 74箇所

(失礼いたしました。調査地点の数でした。まだ、調査自体は行われていないようです)

農産物の安全性アピール=専用サイト立ち上げ−福島県
 福島県は17日、同県産の農産物や水産物などの安全性をアピールするためのプロジェクト「ふくしま新発売。」をスタートさせた。第一弾として、放射性物質の検査を行った県内産品約250品目について、最新の検査結果を調べられる専用サイトを開設。東京電力福島第1原発事故で受けた風評被害の払拭(ふっしょく)を目指す。
 サイトでは、モモやナシ、キュウリなどの農産物のほか、牛肉、魚介類など、品目や地域別に最新の検査結果を検索できる。また、生産農家の声や応援メッセージなども動画で配信していく。
 同日都内で記者会見した同県の佐藤雄平知事は「原子力災害に伴い、安全であるにもかかわらず風評被害による買い控えが起こり、大変深刻な状況となっている」として、福島産品の安全性に理解を求めた。(2011/08/17-17:20)

福島県農産物復興プロジェクト「ふくしま 新発売。」始動地域ニュース / 東北 | 2011年8月17日 水曜日
福島県は、東日本大震災からの復興に向けて、「がんばろう、ふくしま!」運動を、県と県民が一体となって行っている。その一環として、福島県の農産物復興プロジェクトとして「ふくしま 新発売。」プロジェクトを8月17日に新たに立ち上げた。
このプロジェクトでは、福島県が県産農産物や関連した観光などの最新情報を首都圏等の消費者に提供するほか、消費者を招いての収獲ツアーや今後の本県農業を考えるシンポジウムの開催、農産物の放射性物質の検査結果を検索できるホームページを立ち上げるなどして、本県農産物の安全性を広く発信するものである。

女優の三田佳子さん、料理人の野崎洋光さん、スポーツジャーナリストの増田明美さん、みちのくボンガーズらがサポーターとして加わり、プロジェクトを盛り上げる。

詳細は、当該プロジェクトページまで。



ふくしま新発売
2011081703.jpg

きのこでは基準値以上のセシウムが検出されています(出荷停止中)が、それ以外はほとんど検出されていません。
2011081704.jpg
タグ:P
posted by いんちょう at 20:42| Comment(4) | 原子力
この記事へのコメント
毎日拝見しています。貴重な情報や分析をいつもありがとうございます。
毎日新聞にある一覧表の数値ですが、「汚染調査地点数」(予定数?)であって「汚染値」ではないですね。計測はこれからだと思います。個人的には、東京、神奈川、静岡、山梨あたりはもっと調査地点を増やした方がいいような気がします。このコメントは承認せず、記事の訂正だけなさってくださればかまいません。
Posted by roma at 2011年08月17日 23:04
そそっかしいところが出ました。

ご指摘ありがとうございます。訂正させていただきました。
Posted by いんちょう at 2011年08月18日 05:29
特に魚介類はストロンチウム-90のデータも出してもらわないと安心できない気がしますね。>福島県

Posted by 90sr at 2011年08月18日 10:19
新潟県の「74ヶ所」を勝手に検証してみました。(数字は5年前の県の資料ですが。)
- 新潟県のコメ収穫量約65万トン、北海道に次いで全国第二位。
- 1反(10a)あたりの収量が約9俵で約542kgs。
- 作付面積が120,000haで、農家の数が約8万戸(平均1.5ha/戸)。
- これを74検査地点で割ると、約1000戸=16.22平方キロ に一検体。
- 新潟県指定の検査機関は長岡市の(社)新潟県環境衛生中央研究所で、一検体あたり費用が2万円。1地点で10回検査したとして、74ヶ所x 10 x 2万円で合計1,480万円。
(各検体1回だけの検査ならたったの148万円。)

疑問点:
a) 予算はたったの1,480万円? 新潟県の農業生産額の6割は米作なのに?
b) 早生を45点、中生(=コシヒカリ中心)を29点て、地域が偏らない? かつては、稲刈りの時期が重なると、人手が足りないので、一軒の農家が早生、中生、晩生と栽培していたが、今時早生を作っている農家は何%ある? ほとんどコシヒカリじゃない?
c) 1000戸に一検体では、私の実家のある地域(人口7000人)のようなところでは、せいぜい1地点の検査。これで町全体が出荷できるかできないかを判断されるのは無茶でしょう? (因みに魚沼コシヒカリと同等のランク付けされている地域。)

尚、県から検査を請け負う「(社)新潟県環境衛生中央研究所」を調べてみると、幹部は下記。
会長: ブルボン社長(ホワイト・ロリータみたいな変なお菓子もありますが、おかきも作ってます。)
理事: 朝日酒造社長(日本酒の万寿、碧寿の醸造元)
理事: 岩塚製菓社長(せんべい・おかきの最大手の一つ)
などが名を連ねており、コメに関わりが深いので、変なことはしないと思いたいです。
Posted by isaac at 2011年08月18日 14:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。