2011年11月28日

吉田所長、病気療養のため移動、後任は高橋毅氏

他の記事も読みたくなったら道案内
なにか知りたいことがあるならば右側の検索ボックスを。(Googleは複合検索可能)
ブログ記事は、引用元リンクを明示の上ご自由にお使いください。

 衝撃的なニュースが流れました。

吉田所長が入院、退任へ=「断腸の思い」作業員に−東電、病名など非公表・福島第1

 東京電力は28日、福島第1原発事故の収束作業に当たってきた吉田昌郎所長(56)が体調を崩して入院し、12月1日付で所長職を退任すると発表した。後任は高橋毅・原子力運営管理部長(54)で、吉田所長は本社の原子力・立地本部付となる。
 東電によると、吉田所長は今月14日まで同原発に勤務。検診で中旬に病気が見つかり21日に社長に報告、24日に入院した。東電は吉田所長の病名とこれまでの被ばく線量について、プライバシーを理由に公表していない。
 東電の松本純一原子力・立地本部長代理は28日の記者会見で、「医師からは被ばくとの因果関係はないと聞いているが、確定した診断ではない」と述べた。
 吉田所長は同原発の作業員に向けたメッセージを出し、「医師の判断で急きょ入院治療を余儀なくされました。このような状況で発電所長を続けることはできず、残念ながら重要な時期に免震棟を去らざるを得ません」と説明。「震災以来一緒に仕事をしてきた皆さんとこのような形で別れることは断腸の思いですし、ご迷惑をお掛けすることになり心よりおわびします」とした。(2011/11/28-18:43)

NHKニュースより
病名やこれまでに浴びた放射線量は、個人情報のため公表できないとしています。

 何も公開されていないようですが、これだけで十分わかると言って良いでしょう。重要な点は、
・健診で異常が発見された
・15日に診断で、24日に入院(即入院と言える)

 健診ですぐにわかる病気でなければなりません。もう20年以上の前の原発での検診結果を白血病入門(2)初期症状と血液データの読み方で紹介しています。この程度の血液検査しかしていないはずで、結果がわかった途端に一週間で入院しなければならない病気。もう、目の前に病名はぶら下がっていると言っていいでしょう。これ以上は論評しませんので、各人お考えください。

 さて、後任の高橋毅氏。NHKのテレビで流れた写真は、瓶底めがねの疲れ切った表情の写真でしたが、実際はコンタクトレンズをしている眼のぱっちりした方です。(写真持ってません)
 ツイートをしていますので、ここで紹介しておきます。私が東電に勤めていてあった人の中でもっとも切れますし、もっとも尊敬していた上司でした。

高橋 毅 さんか・・・最後の切り札の気がする。この人に全て任せて欲しい。お金も、やり方も何もかも。この人の後任になれる人はさすがに知らない。

 今度の1F所長は、東大機械工学科を一番で卒業したという逸話のある人。部下にも優しく、本当に頭が切れた。有給休暇を全て取得し、余裕綽々。バスケットをやっていたか何かで、華奢に見えるが、体力もすごくある。50代前半か。つねに「小野ちゃん、これ教えて?」と言って、宿題を投げかけた

私が答えると、だいたい、「うん、それはおかしいんじゃないの?」と言う。一生懸命説明すると、最終的に必ず私が間違っていた。いろいろな人と、意見が食い違うことがは何度もあったが、全て自分が間違っていたというのは、この人しかいない。今後もそんな人はいないだろう。

だんだんと自分がバカに思えてきて、自信をなくして、一度先輩社員に相談したことがある。そうすると、そりゃ、おまえ、当たり前だよ。あいつは、頭の切れが違う と慰められた。彼のまわりにいる人全員が、そう感じていた。 笛木−武藤−高橋 のラインでシビアアクシデントを当時やっていた

http://onodekita.sblo.jp/article/43823905.html に書いた原子力管理部長が 高橋さんだ

 まあとにかく素晴らしくできる人なので、この方に信用して任せてもらいたいと思う。事故当時の武藤副社長、そしてこの高橋所長、私の1年上だったT氏が、このシビアアクシデントマネジメントをやっていた。そして、この時の発電部長が笛木さん、そして建設部長が榎本さんだ。(いずれも、昨日のNHKスペシャルに出てきた)

 武藤さんも、高橋さんも非常に尊敬していた上司だった。私が会社を辞めることができたのも、この2人が95年の4月頃に転勤になったから。どちらかがのこっておられたら、人情的にやめられなかったと思う。そのくらいお世話になったし、鍛えてもらった。二人とも、私のことをできの悪いやつだと思っていただろうな。

 シビアアクシデント対策、原子力安全問題、すべてを高橋副長、T氏、そして私の3人だけでやっていた。東京電力の全てのプラントは優に及ばず、全ての電力の総まとめをするのが、東京電力会社の役割だから、忙しかったはずだ。今振り返ると、一応こなせていたのが不思議なくらい。たまの息抜きには新町東友クラブ(東電社員専用のアルコールが出るラウンジ)か、銀座ライオン、そしてガード下の会津(喜多方?)ラーメンを食べていた。いつも終電近くにかえっていたなぁ。。もちろん、メーカーなどの接待はほとんどなし。そんなにお金が動く場所ではなかったから。高橋さんには、健康に留意して、是非この事故の収束を行ってほしいと思う。そして、まわり(特に本店)は邪魔をしないで欲しい。英語は、通訳なしでもぺらぺら話せるくらいなのだから。

■関連ブログ
白血病入門(2)初期症状と血液データの読み方2011年08月23日
私のバックグラウンド−30万アクセス2011年07月02日
タグ:1F
posted by いんちょう at 20:15| Comment(25) | 原子力
この記事へのコメント
ついに来てしまったというのが、このニュースを聞いたときの第一印象です。
東電には本当に頭にきていますが、週刊誌等で拝見する吉田所長の頑張りにはあたまがさがりました。おそらく吉田所長は死を覚悟して頑張っていたのだと思います。退職金をもらって、さっさと辞めていった某社長には怒りを感じます。
Posted by 日本を憂う at 2011年11月28日 21:25
吉田所長、ずっと原発事故から陣頭指揮を取っていらして、心身共お疲れだろうと思っていました。
命懸けで戦っていらっしゃるご様子をテレビで拝見し、この方が倒れられたら現場はどうなるのかなと危惧していました。
今日のニュースでご病気のことを知りましたが、詳しいことは出せないほど、よほど大変な状態なんでしょうね。
天皇陛下でさえ、入院後、病名は伝えられましたものね。
新しく赴任される高橋さんが健康を損なうことなく、収束作業の指揮が行われますことを願わずにはいられません。
Posted by あきこ。 at 2011年11月28日 22:02
本日28日に第五回低線量被曝のリスク管理に関するWC会合がUSTで放送されました。
http://www.ustream.tv/recorded/18799593
お時間あれば見てください。
本日のゲストはICRP科学事務局長C・クレメント氏と主委員会委員J・ロシャール氏。
お二人に細野大臣が3項目の質問をしました。
1)避難区域において年20mSV基準を続けた場合、どの様に評価するか?
2)子供の基準を(学校の再開において)20mSVから下げることについてどの様に考えるか?
3)チェルノブイリ事故後、ウクライナでは5mSV/yを数年後に避難区域の線引きにしている。これについてどの様な解釈をしているか?

ここで答えを詳しく書きませんので、上記URLで見てください。
ICRPは20mSVについては政治的経済的なことも含めて日本が考えることです・と明言を避けました。
Posted by 長崎市民 at 2011年11月28日 22:20
震災後 当然の事とは言え 良いニュースがなく 吉田所長の退任は 心に一撃をくらった・・・・・と言う感覚を覚えます。だらしない 誠意のない経営陣の中 現場で動かれている 吉田さんに 不快感を持った方は 殆どいらっしゃらんなかったのでは ないでしょうか。悲惨な現場を目にしながらも 吉田さんが いて下さる。何とかしてくれる。日々そう思って過ごしていました。東電の経営陣 会見担当者を見ていると 良い生き方をしないと 誠実に生きていかないと いけないと お勉強も大切だけど 心の育ちはもっと 大切なんだと
教えて貰った気がしています。吉田さんは 理屈ぬきに きっと 現場職員一同に 慕われていたでしょうし その気にさせる プロで あられたろうと どうぞ 必ず元気になられて 遠くから 福島第一原子力発電所を 見つめていて欲しいと 思います。
Posted by kirokoro at 2011年11月28日 23:04

吉田所長を英雄視して今回の発病を「気の毒」という人がいるが 私はそうは思わない。

木村俊雄さんのようにフクイチの脆弱性を指摘して東電とケンカして辞めた人もいる中で 吉田氏はフクイチ責任者として 本当になすべき事をしてきたのか?
事故後の調査で10年以上点検してない機器があることがバレたのを どう言い訳するのか?
津波の危険性について考えたことはなかったのか?
菅が止めなかったら 事故後の現場を放り出して全員待避、つまり逃げ出そうとしたのは この人じゃなかったのか?
作業員たちの劣悪な環境を放置してきた責任は?

所長である以上 これら全ての責任は吉田氏にあるわけで 日本に壊滅的な被害を与えた責任者の一人として 生きているうちに全ての真実を語り 既に亡くなった作業員たちや住民、故郷を失った人や 将来病苦に悩まされるであろう国民に 真摯に謝罪すべきだと思う。
Posted by tottoko at 2011年11月28日 23:26
私は マスゴミの報道は 一切信用していません。
全員退避を 本当に全員がしようと していたのか も ?マークです。
勿論 吉田さんにも 大きな責任は 発生します。
私は 吉田さんが いつの日か 真実を語ってくれる事を 信じたいと思います。

すべての責任は 吉田所長だけでは 悔しいじゃないですか!! 私は そんなの 絶対許しません。我慢できません。
何か いやな書き方していますね。
ごめんなさい。
きっと こちらの先生のブログに共感して
集う人は tottokoさんの 気持ち 全部ではないけれど 少しはわかっているひとばかりだと 私は勝手に思ってます。
Posted by kirokoro at 2011年11月29日 01:02
私もtottokoさんに同感です。
所長である以上は、事故後の対応は当然しなければならないし、それが責務です。

>菅が止めなかったら 事故後の現場を放り出して・・・。
私が共感するところは特にここです。一度事故を放り投げてしまったはずなんです。じゃなければ菅はあんな顔色変えて止めないです。

事故後の対応だけを見れば、私も同情します。但し東電のだらしない経営陣と比較して。ということなので、私たちが働いている民間企業の中で考えると、当たり前といえば当たり前の話かもしれません。

Posted by えびぞう at 2011年11月29日 01:15

「しんぶん赤旗」によると 27日に3号機使用済み燃料プールの循環冷却塔の弁が閉まっていた、19日にも同じことがあった、弁を開けたら水温が下がった

とのことですが 自然に閉まるはずのない弁が 今月だけで2度も勝手に閉まったことについて また これと吉田所長が病名の公表もないまま病気を理由に現場から離れたこと との関係性について 院長先生は どのようにお考えになりますか?

私には誰かがフクイチを完全破壊しようとしているとしか思えないのですが…。

Posted by tottoko at 2011年11月29日 10:48
全ての責任は吉田さんじゃなくて、東電にある。そして責任をとるのが、その会社の代表だ。民間企業なら、それがあたりまえ。社長は、すべての責任をとるためのポジションなのだから。誰かさんはカネをもらって逃げましたけれどね…

吉田さんは限界まで、できることをすべてされたと思います。回復されることを心から願っております。
Posted by 都民 at 2011年11月29日 11:28
どのような病気であっても、吉田所長には回復していただきたいです。まずは回復をお祈りしたいと思います。

事故当時の現場の状況を知る人です。
証言者としてこれ以上の人がいるでしょうか。私には思いつきません。
Posted by 走れ!母ちゃん at 2011年11月29日 11:49
311地震で冷却機能停止した瞬間から第一原子炉はいかなる形でも復旧しない事がわかりきっていたのだから、自動緊急冷却装置の作動を二度も人為的に停止させるという絶対禁忌操作をして冷却に失敗しその日のうちにメルトダウンさせた現場責任者の過失責任は最大限重大である。

第一原子炉でメルトダウンすると大量の高線量中性子線が発生し原子炉周辺へ生物体が接近できなくなる、すなわち第一のみならず第二第三〜第六まで敷地内の他の原子炉の制御も不能になってしまいメルトダウンの連鎖が起こってしまうということ。現実の経過がそのとおり進行している。

老朽化が311以前の最初から自明の第一原子炉の地震発生直後緊急自動冷却廃炉処置は、一瞬の判断の迷いも遅れもなく達成されてなければならないミッションだったし、十分に達成可能なマニュアル化自動化された原子炉保安作業のひとつに過ぎなかったのである。
Posted by 通りがけ at 2011年11月29日 13:19
>菅が止めなかったら

菅は311以前(前年中)に中部浜岡原発で原発事故シミュレーション訓練を行っており、国家非常事態宣言に当たる放射能事故緊急事態宣言を発令すると言う首相の全国土危機管理の仕事をわきまえていたはずだが、現実のフクイチ事故にはまったく対処できていない。
これは原発事故であるから初期対応ミスと言う過失があれば必然的に拡大事故となり重大な被害をもたらすので、刑事責任上は一瞬の判断ミスが「重過失」と認定されても止むを得ない。菅首相の指揮を見る限り訓練もあらかじめ受けており情状酌量の余地なく重過失有罪である。
Posted by 通りがけ at 2011年11月29日 14:47
(゚_゚;)
佐賀県武雄市 樋渡市長が岩手・宮城・福島3県の瓦礫受け入れを表明。
RKBのサイトで報道されています。

http://rkb.jp/news/news/3920/
Posted by 長崎市民 at 2011年11月29日 16:38
チェルノブイリ事故当時でさえもいかなる誤操作が燃料棒溶融の原因になったかがはっきり究明されている。誤操作の当人が当時刑事責任を追求されたかどうか他国のことでもあり知らないが、わが国では核物質という超危険物を取り扱う運転手順も保安手順もチェルノブイリ他の教訓も取り入れてある程度以上に確立されておるので、過誤過失といえども専門家なら刑事責任が全く免責されるわけにはいかないだろう。

何よりも現場の専門家としては過誤操作があったらあったで正確に記録を残しておかないと、操作が悪いのか装置の欠陥か事故原因の九名ができなくなって以後の事故防止への教訓が全く得られないことになり、事故を起こしただけの全責任をおわねばならなくなるであろう。
それが最も懸念される情報隠しであり、最も人類の向上心に対して罪が深いと考えられる。

吉田所長はすべての事故現場情報を正確に報告書に仕上げて提出することで専門家としての責任をまっとうすることができると思います。
そして最終的な事故責任は都民さんのおっしゃるとおり
>全ての責任は吉田さんじゃなくて、東電にある。そして責任をとるのが、その会社の代表だ。民間企業なら、それがあたりまえ。社長は、すべての責任をとるためのポジションなのだから。<
であると思います。

人として院長さんと全く同様に吉田所長の健康のご回復を心よりお祈りします。。
Posted by 通りがけ at 2011年11月29日 17:31
私が吉田所長に証言してほしい事は311当日に菅首相から吉田所長へ「アメリカ軍が冷却剤の緊急提供を申し入れてきているが必要な状況かどうか」という直接連絡があったのかなかったのか。
もし事実としてあったのなら311の何時何分に連絡記録があるのか。

これは312爆発後に官邸が総力を挙げて東電保安院霞ヶ関と共謀共同して証拠隠滅のみ謀った棄民テロの、犯行動機を裏付ける重要証拠事実になると思われます。
Posted by 通りがけ at 2011年11月29日 18:08
kirokoroさんと同じ考えです。
立場上言いたくても言えないことがたくさんあるのでしょう。
たいていの会社は理不尽です。
所長レベルが正しいことを強く主張しても、上層部が受け入れない、そんなことしょっちゅうです。
社会経験がないと実感できないかもしれませんけどね。
私も、吉田所長がいつか真実を語ってくれると、その日を待っています。
そのためにも体を大切にしてほしいです。

それに、一生懸命仕事をした人を責めることがどうしてできるのでしょうか。
もちろん責任が全くないとは言えないかもしれませんが、最前線でやって来てくれた人です。
明らかにされていませんが、被ばく線量もかなりのものでしょう。
放射線についての知識はある人でしょうから、それがどんなに怖いことか、当人がよく分かっていると思います。

都民さんのおっしゃるとおり、責任を取るべきは代表者たちです。
Posted by プル at 2011年11月29日 20:13
吉田所長の会見ビデオでは首のリンパ腺が腫れてるように見えますが・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=wgqRB6QrwCQ

でも、この会見ってずいぶん前でしたよね。

吉田所長は公人といってもよい立場なので、病名は公表していただきたいです。ご回復を祈ります。
それから、現地で作業にあたっておられる方々や私たちひとりひとりが何とか無事に過ごせますように。
Posted by anon. at 2011年11月29日 23:06
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65777939.html

私は、吉田さんがここまでがんばった理由は、数年前の自分のまちがった判断から来た良心の呵責ではないかと考えています。つまり、この事故が起こった後においては、彼以外に適任者はいなかった可能性があります。
Posted by ピエール at 2011年11月29日 23:50
吉田所長の入院先は東電関係施設なのでしょうね。今でさえ病名すら明らかにされないのですから、病状経過も予後もすべて隠蔽されるでしょう。吉田さんがすべてを明らかにしないよう、治療という名目で何をされるやら。過労死(?自殺含む)は免れましたが。
嫌な世の中です。
Posted by rienrikiriki at 2011年11月30日 06:17
「維新とは不平等条約の破棄である」

>84年旧防衛施設庁入庁。那覇防衛施設局施設部施設企画課長、大臣官房広報課長、地方協力局企画課長などを経て、2011年8月15日から沖縄防衛局長に就任していた田中聡氏が28日夜、沖縄防衛局が呼び掛けて報道10社が出席した懇談の席(那覇市内の居酒屋)で、トンデモ発言が飛び出した。報道を前提としない非公式発言だが、一川保夫防衛相が米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画に向けた環境影響評価(アセスメント)の評価書提出時期を明言せず年内に提出できるよう準備を進めていると述べている真意を問われ、
「これから犯す前に、犯しますよと言いますか」
と、女性への乱暴に例える(女性を誹謗し、人権感覚を欠いた)発言をしていたことが明らかになった。
(>ttp://sacredplaces.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-6927.html腐れ親父の独り言さまから転載)

この霞ヶ関アメポチスパイ法匪役人の発言は琉球新報が言うような不適切発言ではまったくない。霞ヶ関官僚による犯行宣言である。

憲法に定める国民主権を防衛局はこれまで確信犯でレイプ常習犯同様に犯してきたしこれからも憲法違反行政を防衛局の独断で犯行を続けるぞと言う、憲法テロリスト宣言あるいは自白である。
国家公務員が憲法を無視する犯行根拠が地位協定治外法権であり、この田中防衛局長発言はそのまま合衆国軍法が定めるアメリカ軍の戦時軍事行動指針(交戦規定)そのものである。

霞ヶ関官僚組織は小泉政権以来国家叛逆憲法テロ組織に成り下がった。これを一網打尽にするには、テロ組織が凶器として用いる「地位協定」治外法権を破棄するだけでよい。

地位協定を破棄すれば、原子炉生成核物質と核兵器が同じ物質であるから原子炉事故被害が核兵器テロ被害であることになり、東電保安院菅内閣を棄民テロ罪で即時断罪できる。

また放射能汚染瓦礫は核兵器同様凶器となるので、汚染瓦礫を集めて処理する自治体は菅政府の棄民テロに共謀加担する凶器準備集合罪に問われるだろうね。

野田首相は菅内閣の財務大臣であり菅内閣の311放射能棄民テロの共謀共同正犯犯罪者であるから、これは首相の欠格事由となろう。直ちに罷免されるべきである。
Posted by 通りがけ at 2011年11月30日 06:33
いつも貴重な情報を有難うございます。
ぜひともご教示いただきたいことがあり、メールを存じませんので、この場をお借りしました。本日、3.5μSV越えの線量の人(雨どいではない)と遭遇してしまいました。
品川高輪口地下の食品売り場で、通常0.07-0.1μSVの場所です。歩行中にトートバッグポケットの線量計アラームが突然なり始め1.5μSV、数歩離れると0.55μSVに。二人の男性がお弁当を買っている場所にもう一度ゆっくり近寄ると、3.5μSV。まだまだ上がりそうですが、怖くてその場を離れてしまいました。
二人の小さな荷物にはクレームタグがついたままで、おそらく飛行機を降り品川乗り換えの人のようです。飛行機をおりても、しばらく高線量になることがありうるのでしょうか?
今後このようなケースに遭遇するなら、本人たちに知らせるほうがよいのか?お時間のあるときにご教示くださいますようお願いいたします。
Terra-Pplusで7月から身の回りの線量をチェックしていますが、このようなことは初めてで動揺しています。
Posted by 匿名希望 at 2011年11月30日 16:05
匿名希望さん

 貴重な情報ありがとうございました。

 この内部被曝人間(衣類からかもしれませんが)が、いるのは既に報道されています。
2011年05月21日
http://onodekita.sblo.jp/article/45389377.html
保安院によると、体内からの放射線を測定できる機器「ホールボディーカウンター」による検査で、東電が内部被ばくの目安としている1500cpm(cpmは1分当たりに検出された放射線量を示す単位)を上回った件数を電力各社から聞き取った。1人で複数回検査を受けるケースがあるため、件数で集計した。1万cpmを超えたケースも1193件にのぼった。

ですから、政府は知っています。知っていて何の手も打っていないのです。その人に何か言っても、無意味だと思います。逆ギレされるだけです。そして、治療法もありません。あなたは「エイズですよ」と宣告するような感じではないでしょうか。本人にとっては。

ガイガーカウンターを常時携行して、被曝しないように注意しなければならないですね。本当に。常時電源を入れておられる、危機管理に感心しました。

補足したいこともありますので、メールをいただけませんか?
a00@onodekita.com
記入されていたメールアドレスは、エラーで戻ってきました
Posted by いんちょう at 2011年11月30日 16:50
「内部被曝人間」
治療法がないからと野放しにされては困ります。
もし福島から他県に避難した内部被曝人間が 保母さんや小学校の先生だったら…周りにいる子供が被曝してしまうのではありませんか?

こういう事にキチンと対処しないと 結局 福島全域の人を避けるような風潮になってしまうのではないか? と思いますけど…。

そういう人たちはキレート剤を使っても駄目なんでしょうか? 癌や白血病で死に絶えるのを待つしかないんでしょうか?
Posted by tottoko at 2011年11月30日 21:23
このような資料を見つけましたが、由来の確かなものでしょうか?

>onodekita onodekita
~要保存RT @gmder: @onodekita
病気で退陣する福島第一原発の吉田所長が3/11から3/31まで経産省、福島県知事、大熊&双葉町長に送っていた異常事態連絡報告書。歴史に残る書類→ http://www.nisa.meti.go.jp/earthquake/plant/1/plant-1-3.pdf 11月29日<
Posted by 通りがけ at 2011年12月03日 05:03
以下をご紹介します。東電福一原発内部現場のデータと時相同期しての分析が必要ですね。

>南相馬市 大山こういちのブログ
http://mak55.exblog.jp/15044926/

>日本政府が公表していない、驚愕な事実が見つかりました。

http://www.youtube.com/watch?v=CH-zqp4CuW0

Posted by 通りがけ at 2011年12月03日 14:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。