2012年02月14日

血を吐いて亡くなった親方とはだしのゲンの類似点

田子ノ浦親方が死去…部屋で吐血 2012.2.13 20:40
 高校生として史上初のアマチュア横綱に輝いた大相撲元幕内久島海の田子ノ浦親方(本名久嶋啓太=くしま・けいた)が13日、東京都墨田区の病院で急死した。死因は不明。46歳だった。和歌山県新宮市出身。葬儀・告別式などは未定。
 13日午後4時45分ごろ、同親方が江東区北砂の田子ノ浦部屋で吐血して倒れたと警視庁に通報があり、病院に搬送された。事件性はないとみられる。


田子の浦部屋のホームページ
2012021403.jpg
きちんとドメイン名も取ってあり、英語のページまであります。

この近くには東部スラッジプラントがあります。
2012021404.jpg

2つの地点を地図上で表してみますと・・
2012021401.jpg
徒歩30分程度の非常に近接した地域であることがよくわかります。この東部スラッジプラントには、いぜんから、次のような報道が流れています。

東日本大震災、素人のための情報まとめサイト
から

東部 スラッジプラントの放射性物質について 2011.6.20
東日本大震災:江東の汚泥処理施設、0.2マイクロシーベルト放射線量検出 /東京
◇市民団体、周辺の除染作業要望 江東区の都の汚泥処理施設「東部スラッジプラント」周辺で、1時間当たり0・2マイクロシーベルト前後の放射線量を観測したことが7日、分かった。独自調査した江東区内の父母らでつくる「NO!放射能『江東こども守る会』」が同日、都庁で会見し、明らかにした。守る会は、都と区に対し、施設周辺の除染作業などを求める緊急要望書を提出した。
守る会は5月21、22の両日、神戸大の山内知也教授(放射線計測学)に測定を依頼、施設周辺の公園など延べ9カ所で大気中の放射線量を調査した。その結果、施設北側の亀戸中央公園などの地表で、1時間当たり0・09〜0・28マイクロシーベルトを観測した。また同25日、施設北側のグラウンドの土を調べたところ、1キロ当たり2300ベクレルの放射性セシウムを検出した。
山内教授は「下水を通じて集まった放射性物質が、汚泥処理工程を通じて再度大気中に放出され、2次汚染を引き起こしている可能性がある」と指摘している。
守る会は要望書で「子どもたちにこれ以上被ばくさせないことが重要」とし、汚染が確認された場所の土壌改良や除染を求めた。 東部スラッジプラントでは、3月下旬に採取された汚泥焼却灰から1キログラム当たり17万ベクレルの放射性物質が検出された。【田村彰子

 これ以降もこのプラントは稼働していたであろうことは容易に想像できます。

田子の浦親方の死因は、原因不明となっています。ネットで指摘されたのですが、「はだしのゲン」であちこちに見られる、「血を吐いて死ぬ」場面とつながります。

まず、はだしのゲンの紹介。


描写の正確性については、議論の余地はないと思っていますんが、一応、次のようなポスターを紹介しておきます。
2012021402.jpg
educomics の文字が左上にあります。

はだしのゲン第5巻
2012021405.jpg

同じく第10巻
2012021406.jpg
2012021407.jpg

 はだしのゲンでは、ありとあらゆるところで血を吐いて倒れるシーンが出てきます。情け容赦なく。

◆関連ブログ
若年死亡(20歳以下)のまとめ2011年12月14日
気になる症例のまとめ2011年09月11日
posted by いんちょう at 09:17| Comment(7) | 原子力
この記事へのコメント
『被曝とガンや白血病発症には時間的ずれがある、とICRPは指摘し続けてきた。この時間的ずれはICRPのリスクモデルでは5年以上としてきた。この仮説も、結局は「ヒロシマベース」を基にしている。原爆実験参加退役軍人(特にフランスとアメリカ)は様々な障害を発症している。湾岸戦争やバルカン紛争(これはユーゴスラビア内戦のことである)に参加した多くの軍人も劣化ウランの粉塵による内部被曝で様々な病気を発症した。この時もICRPの時間遅延仮説を使って、「こうした病気の発症はウランなどの核分裂物質の影響とは言えない。というのは発症するとすれば、そんなに早い時期であるはずがない」と主張した...ICRP派は仮説を絶対真実とみなして「事実」を否定するという、典型的な詭弁の一種を使っている。おそらく「フクシマ危機」で発生する様々な放射線障害についても同じ手を使って説明しようとするだろう』

http://www.inaco.co.jp/isaac/back/032/032.html

いわゆる晩発性の疾患が直後から出ていたり、その他の様々な症状があっても、放射線障害と無関係とされてきたのが、核開発推進に隠された事実なのでしょうか?ハイパーレスキュー隊が吸気被曝を一番警戒した話もありました。ICRPモデルが原発や核開発推進目的で作られたのではという疑いが、強くなるばかりです。

いつも貴重な情報をありがとうございます。田子の浦親方のご冥福をお祈りします。

Posted by がじゅまる at 2012年02月14日 11:34
田子の浦親方が亡くなられたというTVのニュースを見て、「あぁ、放射能の影響だ」とすぐに思った。
家族に言うと「ふうん」と、鼻で笑われた。
先生のこのブログ内容を見て、やっぱり!と思った。
家族に見せてやろうと思います。
いつもわかりやすい内容をありがとうございます。
Posted by korokokoroko at 2012年02月14日 13:59
小野先生、こんばんは。今回の記事でショックを受けたのは、わたしの場合、アップしてくださった現地の地図でした。
3年に一度程度しか上京しなかったのでしたが、過去2回、時間なく諦めて、2年前にやっと念願叶い 娘と共に訪れることができた 夢の島にある第5福竜丸展示館から目と鼻のさきにスラッジセンターが。

もともと夢の島といえば、大東京のゴミ埋立地でしたから、何も驚くことはないわけで、今でも京葉線新木場当たりのたたずまいは殺風景ではありますが、電車から見えた江戸川区の競技場では多くの住民がスポーツ大会に興じ、やはり東京ならではのエネルギッシュさが印象に残りました。

展示館での印象に残った展示は、南太平洋の国の方々の被害とその後の苦難のことと、
久保山愛吉さんが亡くなられたことを報じる読売新聞一面記事でした。驚いたことに、死亡検案書?の詳細がおそらくそのまま掲載されていました。あの読売なのに‼ それ位、原爆の被害から10年しか経っていない日本国民にとって、被曝死の衝撃は大きいものだったのだと思います。残念ながら、その翌年あたりには正力松太郎やアメリカの議員たちの思惑通りに核の平和利用、夢のエネルギー、原発導入が進められてしまった、そして、福竜丸も核による平和幻想に惑わされた日本国民も、今、逃げることもしらず最大級の放射能汚染にさらされてしまいました。
地図を娘と見ながら、あの景色を2度と目にすることができなくなっちゃったね、と寂しい会話をしました。
先生、現実をお示しくださってありがとうございます。
Posted by マツダマツコ at 2012年02月15日 20:52
こんばんは。
院長先生は「夕凪の街 桜の国」という漫画をご存知でしょうか?
平成16年度文化庁メディア芸術賞マンガ部門大賞、第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞しています。作家は、こうの史代という広島出身の人です。

http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102115759/subno/1

広島が舞台のオムニバス漫画なのですが、1話で、原爆被災者で、やはり急に体調を崩して血を吐き、亡くなる女性が出てきます。
「はだしのゲン」と違って、凄絶な場面はなく、画像もパステルタッチでふんわりと優しく可愛らしいですが、それゆえに哀しい、それでいてかすかな希望も感じさせる珠玉の名作です。このブログを訪れる皆様には是非読んでいただき、核について、日本という国について、真剣に考えて欲しいと思います。

映画にもなったようで、麻生久美子がその役を演じ、彼女の姪である被曝二世の少女を、田中麗奈が演じています。DVDも出ているようです。
「youtbe予告編」
http://www.youtube.com/watch?v=K3bW_I9bC2w
「DVD」
http://www.7netshopping.jp/dvd/detail/-/accd/1400127534/subno/1
………

話は変わり、急に目が見えなくなったと休養中の俳優の地井武男さんですが、心不全の疑いとのことです。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/illness_and_injury/?1329309394

「ちい散歩」という番組の中で、福島の桃を食べていたようで、某掲示板などでは、もしやと騒がれているようです。テレビ局の皆様、いい加減、「食べて応援」番組はやめませんか?
Posted by 横浜市民 at 2012年02月15日 23:13
いつも参考にさせてもらってます。私は瓦礫受入で話題の東京二十三区清掃一部事務組合(23区の清掃工場運営主体)にかつておりました。地図に明記はないですが、東洋で一二を争う規模の新江東清掃工場が植物園わきに、またスポーツセンターわきには有明清掃工場もあります。葛飾江東は汚染が高く、焼却灰も高汚染でした。湾岸周りには、中央、港工場もあり、集中してます。これから瓦礫も運ばれるでしょう。 ベラルーシ医者は一年後から白血病始まると指摘してます。またセシウムは心臓に溜まり突然死を引き起こすそうです。怖いです。
Posted by 都内在住 at 2012年02月16日 06:21
都内城東地区の知人初老男性が急死しました。
服薬しないで済む程度の糖尿病はありましたが
他に持病はなく、血圧はむしろ低い方でした。
それが最後の内科診察の時だけ130以上まで上がり
その翌月に入浴しかけた時に突然倒れ、帰らぬ人と
なられました。
面倒見が良く親戚や知人に頼まれると庭の木の剪定や
花壇作りなどやってあげる人でした。奥様に聞くと
これらの作業でマスクなどしたことはなかったそうです。
死因は急性心不全と書かれていたそうです。
親方の件といい、こんなに簡単に死ぬものかなあと思います。
Posted by 都民 at 2012年02月16日 17:00
院長先生、こんばんは。

この記事を阿修羅掲示板に転載したところ、
http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/212.html

続報で「吐血は認められなかった」という情報をコメントで頂戴しました。

が、その先「死因は虚血性心不全」の部分を調べたら、
チェルノブイリでも見られた傾向ではあるようです。
#上のリンク、コメント欄に書き込みました。

横浜市民さんがお書きになった地井武男さんの件といい、
関連が証明できないにしても、否定もできないだろうと思います。
Posted by 千早 at 2012年02月19日 01:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。